生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

学校内での盗難被害で警察が介入すべき問題と指導の境界線

2018.4.12

通常盗難被害に遭った場合は、すぐに警察へ連絡をすべきですが、それが学校内ともなるとちょっと事情も変わってくるようです。

学校で自転車の盗難被害に遭ったら警察へ届けるべき?校内で生徒が盗難した場合の学校の対応とは?

子供が盗難をした場合にすべき親の対応についてもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生の約7割が一人暮らしに不安?その不安の元とは

大学生になって一人暮らしを始める人は多いと思いますが、楽しみな反面、多くの学生があらゆることに不安に...

江戸時代の庶民はどんな暮らしをしていたの?江戸の暮らしとは

時代劇などでおなじみの江戸時代。ドラマでは見たことあっても実際の庶民の暮らしはどんなものだったのでし...

今どき中学校の先生はおしゃれがいい!シーン別おすすめの服装

中学校の先生って”先生っぽい”服装の人が多いと思いませんか? でも、今どきの中学校の先生はおし...

劣化したゴムの厄介なベタベタ!落とす方法を伝授!

ゴムってどうしてベタベタになるの…?そんな疑問を感じたことはありませんか? 劣化が一番の原因な...

飲み会が苦手な人必見!ゼミ飲みの断り方や乗り切り方

お酒好きや大勢でワイワイするのが好きな人は飲み会が好きでしょう。しかし、飲み会が苦手な人もいます。 ...

日本人のイメージは外国の人から見るとこんなイメージだった!

日本人というのは、外国人の方から見てどんなイメージを持たれているのでしょうか? 良いイメージが...

キャリーケースを機内持ち込みするなら何泊分?その目安とは

旅行する時に便利なキャリーケース。その大きさや素材にもいろいろな種類がありますよね。 飛行機に...

町内会の役員を拒否したい。こんな断り方もあります

お住まいの地域に町内会はありますか?また町内会に入っていますか? 地方や地域、町によって町内会...

3歳児と飛行機での長距離移動。基本はおもちゃとお菓子。

私には3歳児の娘がいます。飛行機に乗っての旅行も考えていますが一番の心配は、その飛行機で静かに乗って...

自転車の左側からの追い越しは基本禁止だが例外もある

自転車は安全のためにも、様々ルールに従って走行することが大切です。そこで気になるのが追い越しに関する...

専門学校に行きたいけど家計が苦しく、学費が払えない時の対処法

子供が専門学校に行きたいみたいだけど、入学金や授業料が高額で親としては頭を悩ますところ。学費が払えな...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

事務職の仕事に就きたい!未経験でも何歳まで応募が可能なのか

事務職の仕事に就きたいと考えた時、経験がなく未経験の場合何歳まで応募することができるのでしょうか? ...

免停後に点数が回復するのは?大切なのは過去3年の前歴と点数!

交通違反をしてしまって違反点数がアウトになってしまうと免停処分を受けることになります。 免停後...

キックボードの大人用は通勤時に便利!選び方のポイント

キックボードと言えば子供が乗る印象がありますが、大人用も販売しており通勤に便利だというウワサも。 ...

スポンサーリンク

学校で自転車の盗難被害に遭ったら警察へ届けるべき?

せっかく購入した自転車を学校や駅近くの駐輪場などで盗まれてしまうと、悲しい気持ちになり、ショックを受けてしまいますよね。

そんな盗難被害に遭ってしまった時には、警察に届けるべきか迷うことがあります。
でもそんな時には迷わず、盗難届を出しましょう。

しかし一度盗まれた自転車が早々に見つかることは少ないことが多く、しばらく経ってから、見つかるケースが大半です。

結局見つかるまで新しい自転車を購入するしか方法がないのが現状です。
しかしもし盗難にあってしまった時に、盗難届を出してないと困った事態に陥ることも出てきてしまうのです。

もし自転車に学校指定のシールや、盗難防止登録をしていたら、その情報から本人が見つけ出されます。しかし駅などの駐輪場で乗り捨てられていた場合、そこの駐輪場が料金が発生する場所だった際、盗難届を出していない場合、盗まれた上に駐車料金を請求されてしまう悪質なケースもあるのです。

きちんと盗難届を出していれば、延滞料を払わなくて済みますので、自転車の盗難被害に遭ったらきちんと警察へ届けは出すようにしましょう。

事例!学校で生徒が盗難をした場合は警察へ連絡することはない?

ある学校では誰でも出入りが自由にできる専用のパソコン教室があり、耐震工事の関係でパソコン教室は施錠されない状態でした。

しかしある日徒がパソコン教室のノートパソコンを盗もうとしているところに、教師が遭遇し事態は未遂で終わりました。

未遂で終わった場合には、学校側は警察へ連絡する必要はないのでしょうか?
学校側がとった方法やその後の措置とはどんなものだったのでしょうか?

経緯・対応・措置の状況をご紹介します。

  • 発見の経緯

放課後パソコンを盗み出そうとした生徒を教員が発見

  • 被害への対応

発見したその日にパソコンを盗み出そうとした生徒に、生活指導担当教員が個別指導を実施

  • 対応方法

パソコン教室の施錠と、設置してあるすべてのノートパソコンにワイヤーロックを導入し、盗難防止措置を行った。

なので未遂に終わった被害を警察へ連絡することはなかったようです。

学校内で盗難などの問題が多発したら警察介入は容認すべき?

教育現場で何か問題や大きなトラブルがあったり、または盗難などの問題が発生した場合には警察介入はすべき?すべきではない?そんな意見をアンケート調査を行ってみました。

教育現場で何か問題が起こった時警察の介入についてどう思う?

  • その状況によるが、警察の介入を容認 約76%
  • 警察の介入を進めていく方向で考える 約9%
  • 警察の介入は行うべきではない    約3%
  • 学校と地域と連携して対応する    約9%
  • わからない             約1%

このアンケート結果により、状況によっては警察が介入してもいいと思っている方が多く見られました。

こうした意見が多いのは、悲しい事件などが数多く報道されることもあり、何かあってからの対応では遅いと言う意見や危機感を感じている親御さんが多いことからなのです。

ある意見の中には、何をしてもたいしたことはないと思う子供には、悪いことをしたら罰を受けるのが社会と言う認識を理解させる為にも、警察の介入は免れないし、もしいじめがおきている場合、いじめっ子が守られるのはおかしいし、ことの重大さを気づかせることも必要だし、それも教育。と言った回答が数多くありました。

盗難被害に遭わないために学校側はどんな安全対策をしているの?

盗難被害や子供達を守る為に学校側は、どんな安全対策をしているのでしょうか?

学校側が行っていいる学校の安全対策についてご紹介します

  • 安全マニュアルを作成し、実際にそれに基づき訓練を行い、防御機器などを実際に使用し全職員がセキュリティシステムや緊急通報システムを使いこなす練習や訓練を行う。
  • 登下校時には教師が立って生徒を笑顔で迎え、見送る。
  • できる限り正門以外の門扉は施錠し、監視カメラなどで確認する来校者への徹底。
  • 職員による校内の定期的な巡回や休み時間などの子供達への様子の把握。
  • 危険な状況を回避する為の、知識や判断力を持たせることの指導を行う。
  • 異常事態が発生した際の訓練や、避難経路の確認と避難の練習を定期的に行う。
  • 人との関わり方やルールを守ることや命の大切さの徹底した指導。

など、このほかにもまだまだたくさんの安全対策方法があります。
学校だけではなく、家庭でも上記に併せて子供達へ指導してあげましょう。

子供が盗難で警察のお世話に…親としてできることは?

もし自分の子供が物を盗み警察のお世話になってしまったら、親はそんな時そのような対処をすれば良いのでしょうか・・・。

年齢が小さなうちは注意してもわからないし、大目に見てあげようと思う気持ちはわかりますが、こうしてしまうと今後お子さんの為にはなりません。

ダメなことはダメ!ときちんと躾をし、しかしその際に人格否定は絶対にしないでください。

まずは頭ごなしに叱るのではなく、具体的になぜダメなのかをきちんと教えることが必要です。

人の物や店の物を盗んでしまうと、お友達が困っている・お店のひとが困るといった具体的な例をつかってきちんと説をしてあげることが、親としてできることです。

このことを最初に教えないと、どうしていけないのかが判断することができず、その行為が次第にエスカレートしてしまう場合も考えられるのです。

また叱る際には、どうしてこんなこともわからないの?もう知らない!など、子供を突き放すような言い方や、さらには人格を否定するような言葉は口にしてはいけません、親の気を引こうとそういった盗みの行為をする心理も子供にはあるのです。

人の物を盗むことが良くないことは、ある程度の子供は気づいています。でもその心の中にある気持ちは、意外と寂しさだったりする場合があると言うことを、親御さんはしっかり認識しておきましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ