生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

身長が170cmの人の平均体重や理想体重やモデル体重について

2018.4.9

身長が170cmの人は何キロくらいが体重なベストなのでしょうか?

体重といっても理想体重とモデル体重、平均体重と美容体重などがあります。それぞれの計算式を紹介します。

身長が170cmといいますと、女性では高い方、男性では普通くらいというイメージが多いのではないでしょうか。
平均身長も見ていきましょう。また気になる体脂肪率とは?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

生理がこないのに検査薬は陰性!2週間生理がこないのは病気かも

生理がこないから妊娠検査薬で検査したけど結果は陰性!これってどうして? 2週間も生理が遅れてい...

アトピーには塩風呂がおすすめ!塩風呂効果と入浴方法

アトピーやアレルギーにお悩みの方は入浴剤を選ぶのも一苦労ですよね。 あまりケミカルなものは使い...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

顔をアップするのはやめて!?毛穴の正しい対処方法

気になる顔の毛穴・・・どうしたらキレイになるの? アップにすると、目立ってしまう毛穴を引き締め...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

化粧下地の基本的なやり方とキレイなベースメイクのポイント

きれいなベースメイクを目指すなら、やはり化粧下地の使用をおすすめします。 イマイチ下地の重要性...

エクステで編み込みしたあとの取り方が知りたい!

エクステは様々なヘアスタイルを気軽に楽しめる、オシャレ女子の必須アイテム。 でも、複雑な編み込...

157cmの体重は平均どのくらい?女子の理想体重について

157cmの女子は体重がどのくらいなら平均なのでしょうか?また、理想の体重はどのくらいなのでしょうか...

日焼け止めの効果に違いはある?日焼け止めについて

いろいろな種類がある日焼け止め・・・。 SPFとPA、効果の違いはどんなものなのでしょうか? ...

No Image

足の太さが左右で違う人の原因とその直し方を徹底解説!

鏡の前に立って自分の足の太さを見てみると「あれ?なんだか左右で太さが違う?」と感じたことはありません...

ジョギングを30分する効果!脂肪燃焼やダイエットの効果がある

元気で健康的な体を維持したい・蓄積された脂肪をどうにかしたいと思ったら、ジョギングを取り入れてみまし...

成長ホルモンの分泌には、ツボ刺激が効果的!

成長ホルモンの分泌を促すには、ツボを刺激するのが効果的です。 ツボは、耳や腰、足の裏などさまざ...

歯の矯正でなぜ抜歯が必要なの?4番目の歯を抜くには理由がある

歯の印象って大切ですよね!笑顔がキレイだし清潔感も感じられます。 最近は大人でも歯列矯正をする...

蕁麻疹が全身に出る!しかも夜だけ!その原因と対処法

毎晩夜になると全身に蕁麻疹が出て痒い・・・。痒みで眠れない、熟睡できないといったお悩み、一体どうすれ...

足のストレッチを寝ながらする方法をご紹介!

足のストレッチを寝ながら行うと、腰への負担も少なく、余計な力を入れる必要もありませんから、効果的に行...

スポンサーリンク

身長が170cmの人の標準体重は何キロ?

自分の体重が標準なのか肥満なのか痩せすぎなのか、体重だけではわかりませんよね。そんなときにBMIという数値を聞いたことありませんか?

この数値を計算することで自分の体重がやせ型、標準、肥満どこに当てはまるのかわかるのです。

計算方法は、体重÷身長m÷身長mです。簡単な計算方法ですが、気をつけてほしいのがcmではなくmだという事です。

mなので、もし身長が160㎝なのであれば1.6mになります。50キロの人であれば計算は50÷1.6÷1.6になり19.53になります。

数値が18.5未満の場合にはやせ型になります。18.5以上25未満の場合が普通体重で25以上が肥満になります。

自分の体重がどの位置に当てはまるのか計算してみましょう。

そして、標準体重というものもあります。病気にかかりにくく最も健康的でいられる体重といわれています。

標準体重の計算方法は、22×身長m×身長mです。

身長が160㎝の人であれば、56.3キロになりBMI的には22になります。

身長170cmはモデルになれる? 理想体重とモデル体重とは

自分の体型を気にしてダイエットしている方は、多くいるのではないでしょうか?

ダイエットをするときに気にするのが体重だと思います。減っていれば嬉しいですし、増えていればガッカリなんてこともあると思います。

しかし、そのダイエットをする上で自分が目指すべき体重をしっかり理解しているでしょうか?

ただ体重を減らせば理想の体型になれるわけはありません。あまり減らしすぎてガリガリの不健康な体にならないためにも、自分の目標とする体重をはっきりさせましょう。

理想の体重を考える時に指標になるのが、理想体重とモデル体重です。

理想体重は人が最も健康的に生きられるとされる体重になり、病気のリスクが低くなります。

そして、モデル体重というのがトップモデルの体重をもとに計算される体重になります。

モデルと言えば、スタイルがよくスレンダーで無駄がないような体型ですよね。

モデル体重になればこのように評価してもらえるので、評価してもらいたい場合に目指すべき体重になります。

健康的になる目的なのかモデルのような体型を目指すのかによっても、自分の理想の体重が違うので気をつけましょう。

身長が170cmの場合の平均体重と美容体重

平均体重を計算してみると思っているよりも、重かったと感じた人も多いと思います。日本人はやせ型の人が多くいます。なので、自分が平均よりも軽い方だとしても目立って細身だという事はあまりありません。

そこで気にしてほしいのが、美容体重です。美容体重というのはモデルなどのようにほっそりと引き締まっている体の体重になります。このような体型を目指している女性は多いと思うので、意識したいところですよね。

美容体重の計算方法は、身長m×身長m×18です。
例えば、身長が170㎝であれば、1.7×1.7×18で52.02キロというふうに計算することが出来ます。

美容体重は健康を維持しながらも、他人から見てほっそりと引き締まっていて美しく見てもらえる体重なのです。

この他にもモデル体重と言われるような体重の計算方法はありますが、痩せすぎると健康に影響があるかもしれません。

女性は体型を気にする人が多くダイエットをしている人も多いでしょう。ですが、やりすぎであまり痩せすぎてしまうと健康被害があるので気をつけてくださいね!

体重も大事だけれど体脂肪率も気になりますね

体型を気にする人は体重の他に体脂肪率を気にしている人も、多いのではないでしょうか?

体脂肪率は高すぎると肥満と言われ、生活習慣病などの病気のリスクが高まります。

しかし、だからと言って体脂肪率を低くすればいいというものではありません。

体脂肪率は平均を維持することが大切です。平均を維持していれば、健康的に生活することができ体型的にも気にならないでしょう。

体脂肪率というのは体重に対しての体脂肪の割合の事を指します。体重の何パーセントが体脂肪なのかが分かるものになります。

体脂肪は年齢や性別などでつき方が変わります。なので、年齢や性別によって理想の体脂肪率を計算する必要があるのです。

体脂肪率は、痩せ、標準-、標準+、軽肥満、肥満の5つに分ける事が出来ます。

標準-、+に入れば、健康的に過ごすことができます。

自分は大丈夫と思っていても、意外と軽肥満や肥満に該当する人が多いものです。

社会人になると運動する機会も減りますし、年齢によって代謝も落ちてくるので太りやすくなるものです。

軽肥満や肥満の位置に該当する場合には、標準に戻れるよう普段から意識していきましょう。

身長が170cm人の割合を男女別でみてみよう

身長が170㎝以上ある人は周りにどのくらいいるでしょうか?男性だと平均くらいで女性だと大きい方ですよね。どのくらいの割合の人がいるのかみて行きたいと思います。

ある調査によると20歳以上の平均身長は167.2㎝でした。そして年齢別にみて行くと170㎝以上の男性の割合は、20歳から24歳で約69%、25歳から29歳で約65%、30歳から34歳で約60%、35歳から39歳で約61%、40歳から44歳で約58%でした。

世界の平均は183.8㎝でした。一番高い国はオランダでヨーロッパを中心に180㎝以上の国が11か国あるのです。

女性の場合は、20歳以上の平均身長が153.9㎝でした。20歳から29歳だけに限定すると平均157.9㎝と少し高くなっています。

女性で170㎝以上になる割合は1から2%と言われているので、身長の高い女性はモデルやスポーツ選手などで活躍している人が多いのかもしれません。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ