生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

2018.4.8

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか?

車を運転している時によく見かける、バイクすり抜け!すり抜けの際に発生した交通事故と過失割合は?

車線変更した時に接触事故に・・・。バイクと車の場合の過失の割合について調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冷蔵庫に付いたシールのベタベタ!簡単は剥がし方をご紹介

冷蔵庫に貼ったシールの剥がし方、皆さんどうしていますか? 専用のシール剥がし溶剤を利用している...

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせないもの...

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!? このときにはどのように冷凍...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員はいつからボーナスを貰うことができるのでしょうか? 4月に入社をして、ほとんどの企業は...

ボールペンの汚れを消す!服や手に付いたときの対処法!

ボールペンの汚れが服についた場合、なかなか消すことができずガッカリしたことのある人もいるのではないで...

写真で笑顔を作るのが苦手!素敵な笑顔になる裏技とトレーニング

写真に写る時、自然な笑顔を作るのが苦手だという人もいますよね。いつも不自然な顔で写真に写ってしまった...

洗濯機のすすぎ機能にはそれぞれ意味があった!すすぎ洗いを調査

洗濯機には、ためすすぎや注水すすぎなどの機能があります。 それぞれの意味を理解して、使い分けて...

車のフロアマットの洗い方や掃除方法~キレイにするポイント

車の掃除というと、ボディが汚れた時の洗車や、車内の埃を拭いたりということは皆さんしていると思いますが...

黒い車に洗車傷をつけないようにするには?洗車のコツをお教えします

黒い車は洗車の傷さえも目立つ!? ピカピカの車を保つための洗車のコツは?洗車傷がついた時の対処...

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

料理を失敗したら捨てる?でも実際に捨てちゃう人は少数派!

私もつくり慣れた料理でも失敗する時がありますし、新しい料理に挑戦した時も大失敗する事が良くあります。...

車のサイドミラーの合わせ方!見え方や運転姿勢について

車を運転するときに見るサイドミラーやルームミラー。しっかり調整して見たい場所を見る事が出来ていますか...

一人暮らしの節約olの場合○○を抑えると効果的に節約できる

一人暮らしのolは趣味や遊びにお金を使っている感じがしますが、本当は頑張って節約しているんです。 ...

友達の自慢話にイライラしてしまう時の対処法と付き合い方

友達と話すといつも自慢ばかり、SNSを見ても自慢のオンパレードでイライラする!その気持ちよくわかりま...

スポンサーリンク

車線変更をした時に接触事故!バイクと後続の車の場合

バイクと車との接触事故。
気を付けたいのは車線変更時です。

車の前をバイクが走行していて、そのバイクが車線変更を行った際に、後続の車に追突されることがあります。
その過失割合はバイクが6割、車が4割となり、バイクの方が過失があると判断されます。

バイクは車体が小さく小回りが利くため、車に比べ車線変更を簡単に行えます。特に渋滞中などは、頻繁に進路変更を繰り返すバイクをよく見かけるものです。

また、突然後方から割り込んだバイクの発見に送れ、車がそのバイクをはねてしまうこともあります。
バイク側が悪いと主張したいものですが、残念ながら原則として、車側も過失割合4割を負担しなくてはなりません。

渋滞中の幹線道路では、この手の渋滞が起こりやすいので注意が必要です。

交差点の手前には、ゼブラゾーンと呼ばれる導流帯がありますが、これは、車両の流れをスムーズにするために設けられており、直進では走行できません。

バイクが車線変更をする際に、後続車がゼブラゾーンを直進してきて接触事故を起こしてしまった場合は、後続車の過失割合が高くなるのです。

バイクと後続の車との接触事故は多発しています。車線変更の際は安全確認を怠らないよう注意しましょう。

車線変更をして事故!自動車対バイクの過失割合

自動車とバイクの交通事故は多いですが、バイクの過失割合は基本的に車よりも少なくなります。
その理由は、四輪駆動の車に比べ、バイクは車体が小さく衝撃を受けやすいからです。自動車のドライバーよりも、事故によるダメージが大きいからなのです。
基本的にバイクの過失割合が自動車よりも少ないのは、バイクの方が弱い立場だからなのです。

対して自動車同士の事故。
どちらかが優先される道路でもなく、出会い頭での交通事故を起こした場合は、ほとんどのケースでは過失割合は五分五分になります。

それが自動車とバイクでの事故だと、「単車修正」と言ってバイクの過失割合が小さく修正され、自動車側に高い注意義務を課すべきだと判断されるため、自動車とバイクでは、過失割合が自動車の方が60%になるわけです。

自動車を運転する場合は、バイク相手に事故を起こしてしまうと、自分の方が過失割合が高くなる、「単車修正される」ということをよく覚えておく必要があります。

車線変更をして事故に・・・。バイクと自動車の時

自動車とバイクの事故パターンはいくつかあります。

車線変更でバイクが自動車を追い越しての事故

基本的な過失割合は、バイクが70%、自動車が30%となり、さらに言えば、追い越し禁止の場所での事故の場合だと、バイク側の過失が80%になります。

前方車が進路変更をした時に後続車と事故を起こしてしまった場合

(前方者が自動車の場合)自動車が80%、バイクが20%。
(前方者がバイクの場合)バイクが60%、自動車が40%になります。

基本的な過失割合について言えば、前方車が車の場合は、自動車とバイクが五分五分。前方車がバイクの場合だと、バイクが10%、自動車が90%と圧倒的に自動車の過失割合の方が高くなります。

当然ですが、停まっている車にバイクが追突した場合は、バイク側の過失割合は100%になります。

追い越しが禁止されている場所は各所にあります。
見通しが悪いところや舗装されていない道路などが多いですが、そういった追い越し禁止場所で追い越しをした場合は、過失割合が高くなるので追い越しはしないように注意してください。

バイクとトレーラーの車線変更した時の事故について

バイクとトラックではどうなるのでしょうか。
ある事故を例に過失割合についてみていきましょう。

片側2車線の高速道路。
バイクが左車線を直進中に、右車線にいたトラックが急に車線変更をしてきました。バイクはトラックの左前の車輪に接触し、右足を骨折する怪我を負いました。
事故当時の状況についてですが、渋滞中ではありましたが、左車線の方はわりとスムーズに流れていました。
バイクは右車線にウィンカーを出している車がなかったため安全だと思い直進したところ、トラックと横並びで走ったところで車線変更されて接触事故となったのです。

結論を言えば、この事故での過失割合は、過去の判例を元にトラックが70%、バイクが30%で決着がついたようです。
ウィンカーを出さずに車線変更をおこなったトラックに非があるとバイク側は主張したいものですが、その意見は残念ながら通らなかったようです。

そもそもがバイクとトラックなので、20:80又は10:90、急な進路変更でトラック側の過失が高いと主張が通れば、100ゼロでもいいのではと考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

バイクですり抜けしている時に事故を起こしてしまった

バイクですり抜けすることはよくあります。
車を運転していてヒヤっとした経験がある人も、多いのではないでしょか。

バイクすり抜けの際に起こった交通事故の場合、過失割合はそれぞれ状況によって異なります。

  • 車で直進中、右折レーンに入ろうとしたところ、バイクがすり抜けようと後ろからきて巻き込んでしまった場合。
    基本的にはバイクが20%、車が80%になりますが、車がウィンカーを出さずに右折レーンに入った場合は車側に100%過失があると判断されます。ウィンカーの点灯が遅れて接触した場合は、バイクが10%、自動車が90%と、いずれも自動車の方が過失割合は高くなります。

左折や右折をする場合は、遅くても曲がる3秒前にはウィンカーを点灯させる必要があると定められています。ご注意ください。

  • 自動車が直進中、左側のコンビニに立ち寄ろうと左にハンドルを切って入ろうとした際、後ろからバイクがすり抜けようとして巻き込んでしまった場合。
    基本となるのはバイクが10%、車が90%の過失割合。
    もし車が道路の左側に寄らず、さらに左折する際にウィンカーを点灯させない場合は全面的に車の方に過失があると判断され、過失割合も車が100%となります。
    ウィンカーの点灯が遅くても、バイクの過失割合は5%かゼロになります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ