生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車のワイパーは思った以上に劣化する?交換作業を解説!

2018.4.8

車のワイパーは、雨や雪をはじく以外にも泥はねやホコリを除去して視界をクリアに保つために必須なアイテムです。

ついつい見落としがちですが、タイヤのように定期的な交換が必要になるのです。

交換時には、ワイパーのサイズや取付形状に注意して新しいものを購入しましょう。交換自体は女性でも簡単にできるので、劣化具合をチェックして自分で交換してみませんか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

重曹の食用はどこの売り場で購入できる?重曹の特長も紹介!

お菓子作りをしたくて重曹を探しているけど・・・食用の重曹はどこの売り場にあるのでしょうか? どんな...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

トイレを快適空間に!消臭剤をおしゃれに変身させるワザ

雑誌やブログなどで紹介されているおしゃれなインテリア。参考にしている方も多いでしょう。 生活感...

ポロポロ・ネチャネチャになったポリウレタンの劣化補修について

ポリウレタンは劣化するの知っていますか?劣化してしまった製品は補修不可能なのでしょうか? 元通...

台所のシンクの掃除はスポンジでは効果がある?掃除の仕方のコツ

台所のシンクの掃除は毎日行っていますか?掃除をする時にはスポンジでしますか? どんな洗い方だと...

友達の自慢話にイライラしてしまう時の対処法と付き合い方

友達と話すといつも自慢ばかり、SNSを見ても自慢のオンパレードでイライラする!その気持ちよくわかりま...

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!? このときにはどのように冷凍...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

ボールペンのなかなか取れないインクの染みに!洗濯の裏技

ボールペンのインクが服に付いてしまった。そんな経験ありますよね。 お気に入りの服に限って、真っ白な...

No Image

ほうれん草の味噌汁を美味しく食べないならアク抜きは必要です

ほうれん草を味噌汁に入れる場合、アク抜きした方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。 そもそも...

スポンサーリンク

車のワイパー交換は長さとフック形状に注意しよう

ワイパーを交換する際には、次の点に気を付けよう

  • ワイパーの長さ
    ワイパーは、運転席と助手席、リアワイパーと2ヶ所または3ヶ所あります。
    そのワイパーの長さは、それぞれの場所によって長さが違うというのが一般的です。
    長さを確認しないままカーショップに行っても、たくさんの種類がありどれを選べばよいのかわからなくなります。
    事前に確認してからお店に行きましょう。
    ワイパーは400mmや475mmなどの表示で販売されているので、メジャーなどできちんと測り、ミリ単位まで正確に知ることが必要です。
    メジャーなどの測るものがないという場合には、車からワイパーを取り外し、取り外したものと同じものを探して購入するという方法もあります。
  • フック部分の確認
    ワイパーを取り付けるフックで一般的なのは、U字クリップと呼ばれるタイプです。
    年式の古い車の場合、ネジで固定するタイプのワイパーアームもあります。
    その場合には、別売りでU字フックのアダプターを取り付けるものが販売されています。

車のワイパー、こんな症状が出ていたら交換の時期

ワイパーにこんな症状が出ていたらそろそろ交換のタイミング

【ガラスの汚れをチェック】

  • 拭きムラがある
  • すじ状に線が残る
  • 水分がにじむ

ガラスの表面に汚れがあると、ワイパーの動きがスムーズにいかないことがあります。
ガラスの残っていたワックスが影響している場合もありますので、ガラス面をいつもきれいにしておくことが必要です。

【ワイパーの古さをチェック】

  • ワイパーブレードががたつく
  • ワイパーブレードが裂けている
  • ワイパーブレードがひび割れを起こしている
  • ワイパーブレードが変形している

古くなったゴムは固くなり、ワイパーを動かした時にガラス面に引っかかり動きがぎこちなくなることがあります。
これらの症状に該当する場合には、ワイパーの交換時期と考えて早めの交換をおすすめします。

また、ワイパーを交換する時には、リアワイパーも忘れずにチェックしておきましょう。

車のワイパーは思った以上に劣化します。定期的に交換を

ワイパーを使うのは、雨の日だけではありません。
ガラスが汚れた時には、視界を確保するためにウォッシャー液を出して、ワイパーが稼働しますよね。

ワイパーというのは、さまざまな液体がかかるのです。

ワイパーのゴムというのは、消耗品です。
理想は年に一度は交換した方が良いと言われます。

また、ワイパーを支えるワイパーアームにもさまざまな液体がかかります。
ワイパーアームは多くの場合、黒く塗装された状態になっています。
しかし、経年劣化により塗装の退職や汚れ、そして錆付きが起こることもあります。

錆が目立ってくると、車全体も古めかしく見えてしまうものです。
塗装の剥がれは放っておいても広がるばかりですので、専門業者にお願いするか、自分で塗装し直すか対策をしてみましょう。

実際に車のワイパー交換をしてみよう。エンジンとワイパーはOFFに!

エンジンを止め、ワイパーのスイッチがOFFになっている事を確認します。
ガラス面に付着している汚れや油膜などを取り除きます。
ガラスとボディにキズが付かないように、柔らかい布を敷いて作業しましょう。

まず、ワイパーアームを立てます。
ワイパーゴムが上に向くようにブレードを少し傾けます。
ストッパーを押しながら、ワイパーブレードをスライドさせ取り外します。

カバータイプの場合には、カバー部分を上げてから作業を行います。

ワイパーアームのU字フックにクリップをスライドさせて、カチッという音がなるまでしっかりと差し込みます。

取り付けが終わったら、数回ワイパーを作動させて、きちんと装着できているか確認しましょう。

ワイパーのゴムだけ交換すると経済的

ワイパーの交換はゴムだけを交換するという方法もあります。

その場合、ゴムの交換はブレードを車に取り付けたまま作業を行うことができます。
心配な方は取り外して行うことも可能です。

まずは、ゴムを引き抜きます。
ストッパーなどが付いていないか確認してみましょう。
ストッパーの位置は、ブレードのレールがはまっている場所にあり、レールの部分に小さなでっぱりがあります。
また、ないタイプもありますので確認してから行いましょう。

確認をしたら、ストッパー部分に気を付けながら少しずつ引き抜きます。
引き抜いたゴムには、成形用の金具が入っています。
これは、新しいゴムに装着してまた使う物なので、捨てずに取っておきます。
また、この金具でケガをしないように気を付けましょう。

新しいゴムに、この金具を組み込み、元通りにブレードにはめ込みます。
レールとブレードを合わせ最後にストッパーをはめ込みましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ