生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ポロポロ・ネチャネチャになったポリウレタンの劣化補修について

2018.4.7

ポリウレタンは劣化するの知っていますか?劣化してしまった製品は補修不可能なのでしょうか?

元通りにする事は難しくても、補修次第ではまた使用できるようになる事もあります。

もし捨ててしまうつもりなら、その前に補修方法をダメ元で試して見てもいいかもしれませんね。

また劣化補修をしてくれるクリーニング店もあるので、相談をしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

水中ならガラスがザクザク切れるし曲線を切ることも可能!

今巷で話題なのが、水中だとガラスが簡単にハサミを使ってザクザク切れるという話。 水中ならガラス...

灯油のホームタンクは水抜きが必要!そのやり方を徹底解説!

灯油ファンヒーターなどのホームタンク、本格的な冬を迎える前に水抜きをしないとファンヒーター本体が故障...

漢方薬の上手な飲み方…薬が苦手な子供へのおすすめの飲み方

子供に薬を飲ませようと思っても、なかなか飲んでくれない、とお困りのママはいませんか? 毎食後に...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

貧乏だから節約するって変!家計簿はつけただけでは意味がない

貧乏って何ですか?貧乏だから節約するの?それとも貧乏にならないために節約するの? 貧乏と節約を...

トイレの消臭をしたい!アンモニア臭を消す方法

掃除をしているのにトイレに入ると「アンモニア臭」が気になる事ありませんか? 気になるアンモニア...

洗濯機のすすぎ機能にはそれぞれ意味があった!すすぎ洗いを調査

洗濯機には、ためすすぎや注水すすぎなどの機能があります。 それぞれの意味を理解して、使い分けて...

友達と遊びに行く高校生の予算は?お金がない時にはコレ!

友達と遊びに行く時、高校生が遊びに使う予算はいくらぐらいなのでしょうか? 同年代のお子さんがい...

冷蔵庫に付いたシールのベタベタ!簡単は剥がし方をご紹介

冷蔵庫に貼ったシールの剥がし方、皆さんどうしていますか? 専用のシール剥がし溶剤を利用している...

一人暮らしなら低コスパ料理を作ろう!オススメ食材と簡単レシピ

一人暮らしだと何かとお金がかかってしまいますね。そこで一番節約しやすいのは食費ではないでしょうか。 ...

ステーキの焼き方の新常識!冷凍ステーキ肉は解凍せずに焼く

あなたはステーキの焼き方の新常識を知っていますか?今までは冷凍したステーキ肉は解凍してから焼くのが常...

一人家飲み派さん必見!家での一人飲みを楽しくする方法!

家飲みが好きという方が最近増えてきているんです! どうして増えてきているんでしょうか?家飲みの...

自転車の防犯登録番号を忘れたらこんな方法で調べよう!

買ったばかりの自転車が盗まれないように自転車の防犯登録をする人も多いかと思いますが、しかし自転車が盗...

しゃっくりを止める方法は耳に指を入れる!?その他もご紹介!

しゃっくりを止める方法というと、息を止めたり、水を飲んだりと様々な方法がありますよね。 ちなみ...

学生の一人暮らしで不安な事や、対策方法を紹介します

進学や就職で、一人暮らしを始めるという学生や社会人の方も多いでしょう。 一人暮らしは楽しみ?そ...

スポンサーリンク

ポリウレタンの劣化は補修可能?ポリウレタンはどんなものに使われている?

ポリウレタンという素材は1950年代ころから多くの工業製品に使われ、日用品などにも多く使われている身近なものです。

ストレッチ素材の生地やスニーカーなどクッション性のあるもの。バッグなど革製品ではポリウレタンによって作られた、合成皮革を代用しているものもあります。

撥水加工の施されたレインジャケットなどに「PUコーティング」という表記がある場合は、薄くポリウレタンの皮膜加工がされている場合が多いのです。

軽く、油や摩耗に強いという優れた性能がありますが、それは新品のうちだけです。

ポリウレタンは合成されたその瞬間から劣化し始め、保管された環境によっては数年で加水分解によって、ボロボロになってしまいます。

工業製品の素材としては非常に寿命が短いにも関わらず、これほど私たちの生活のあらゆるところに使われているのは不思議なくらいです。

長く使いたいものを選ぶ場合は、その素材にも注意する必要があるでしょう。

ポリウレタンが劣化したリュックの補修

  1. パーツは全て外す
    ベルトや金具のような、外せるパーツはとにかく外してしまいましょう。
  2. 洗い桶などにお湯をはる
    バケツや洗い桶、シンクなどリュックがゆとりを持って入れられるものに45℃程度のぬるま湯を溜めます。
  3. 重曹
    お湯に重曹を入れてしっかり溶かします。
  4. リュックを押し洗い
    重曹を溶かしたお湯にリュックを入れて洗います。このとき裏返して内部もしっかり洗いましょう。
    お湯が厚いときはトングや厚手のゴム手袋を使用します。
  5. つけおき
    そのまま丸1日放置します。
  6. コーティングをこすり落とす
    表面のポリウレタンコーティングが溶けてふやけているので、タワシなどでこすり落とします。
  7. すすぎから乾燥
    コーティングを除去したら、しっかりとすすいて脱水して干します。

ポリウレタンの劣化補修の仕上げ

ポリウレタンコーティングを除去すると、防水性・撥水性は失われます。

パッキングするか、新たに防水・撥水の加工を施します。

テントなどに使う市販の防水液も販売されていますが、もっと安上がりに仕上げる方法もあります。

ホームセンターなどで入手できるシリコンシーラントをラッカー薄め液を使って、10~20%ほどに薄めたものを、数回塗り重ねるという方法です。

このとき溶液が濃すぎたり、重ね塗りが厚すぎると生地がべた付く原因になりますので、加減してください。

シリコンシーラントには「変性シリコンシーラント」という別種のものがあり、こちらは撥水・耐水性に劣るので普通の「シリコンシーラント」を使いましょう。

一般的な撥水スプレーよりもしっかりとした加工ができるはずです。

また、アウトドア用品には手軽に使えるスプレータイプでも効果が協力なものもあります。

バックの内側のポリウレタンが劣化したら張り替えるという手も!

しばらくとっておいた輪ゴムを使おうとして、プチンと切れてしまったりすることありますよね。

合成皮革も時間の経過とともに劣化して、この輪ゴムのようにボロボロになってしまいます。

ベースが革のあればのあれば補修することができますが、劣化してしまった合成皮革はクリーニングしても表面がベタベタになってしまい補修ができません。

ある程度のブランドバッグでも、表面はなんともないのに内部がベトベトになってしまうこともあります。

お気に入りのバッグだったりすると、これはとてもショック。外側が無事なだけに捨てるのももったいない。

そんな場合には、服やバックの補修やリフォーム業者で張替えをお願いしてみましょう。
天然・合成皮革だとバック自体が重たくなることがあるので、布で張り替えることをおすすめします。

諦める前に、一度家の近くで補修できるお店がないか調べてみてはいかがでしょうか。

ポリウレタンの劣化補修は専門店でお願いできる場合もあります

◆合成皮革の修復

衣類、靴、鞄の内袋、帽子、ベルトなどで合成皮革の修復を行う専門店があります。

革カバンの外側にできた傷や全体の劣化では、革で作り替える作業となりかなり高額になってしまう可能性があありますが、内袋やバーツくらいなら修復・補修でさらに長く愛用できるものもあるでしょう。

◆修復が不可能な状態も

全体にポリウレタンが溶けたようにベトベトになっている状態だと、キレイに剥がすことができず、また「全体が劣化している」という状態では修復不可能な場合があります。

◆シボのある合成皮革も修復できない可能性が

本物の皮に似せて、細かい皺のようなシボ加工がされた合成皮革の場合にも修復できません。

合成皮革の修復を請け負う業者によっても、受け付ける条件はことなりますので、メールや電話などで品物の状態を詳細に説明しましょう。

直接持ち込んで相談や見積もりができる場合は、一度見てもらうと確実ですね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ