生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

精神障害者手帳の申請が通らない!申請に必要な条件と対象の疾患

2018.4.3

精神疾患で通院をしている時、精神障害の方の自立や坂井参加を促す目的で発行される精神障害者手帳。

申請をしても、申請条件を満たしていないと通らない可能性があります。では、申請に必要な条件とはいったい何になるのでしょうか。

今回は、精神障害者手帳の申請の条件や手帳が発行される目的についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

たこ焼きの生地のアレンジ方法やおすすめレシピをご紹介

たこ焼きの生地だけが余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにはこのようなアレンジ方法がおす...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか? では、余ったカ...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

部屋の湿度の平均は?湿度を上手にコントロールしよう!

部屋の湿度の平均ってどの位?適した湿度は私たちの健康にも大きく関係しているようです。 また湿度...

ガスコンロの火がつかない朝は大変だ!火がつかない原因を探る

朝は朝食やお弁当の準備に大忙し!当然ガスコンロをフル稼働して料理をしますが、突然火がつかないとなると...

電子レンジでご飯が固くなる理由はコレだ!美味しく温める方法

電子レンジでご飯を温めて少し冷め始めると固くなる経験をしたことはありませんか? 冷凍ご飯を電子...

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

お米を研ぐ時にお湯を使ってはいけない理由は沢山!対処法とは

お米を研ぐ時に、水は冷たいのでお湯を使いたいと思ったことはありませんか? ですがお米をお湯で研...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

車のフロアマットの洗い方や掃除方法~キレイにするポイント

車の掃除というと、ボディが汚れた時の洗車や、車内の埃を拭いたりということは皆さんしていると思いますが...

トイレを快適空間に!消臭剤をおしゃれに変身させるワザ

雑誌やブログなどで紹介されているおしゃれなインテリア。参考にしている方も多いでしょう。 生活感...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

簡単で美味しいスープレシピをご紹介!夜食としてもおすすめ

簡単で美味しいスープレシピを知っていると、いざというときに役立ちます! 夜食によし、朝によし、...

スポンサーリンク

精神障害者手帳の申請が通らない!医者の書き方でも違いが出る!

精神障害者保健福祉手帳の申請が通るかどうなのか。
明確な基準が曖昧という意見も多く、申請のための意見書を書く主治医次第というところも実際あります。

手帳の等級審査は本人に面接することなく医師にの意見書に基づいて行われます。
ということは、やはり主治医がかく意見書の内容によって、精神障害者手帳の申請が通るか通らないかが決まってしまうのかもしれません。

ただ通常は申請が通るように上手く書いてくれるようなので、通らないという話はほとんどありません。

精神障害者手帳の申請が通らないのはなぜ?申請条件について

申請条件でまず確認しておきたいのが、精神科の初診から6ヶ月経過していることです。
そして次に確認したいのが、手帳の級に該当するのかを担当医師に確認すること。

年金を受給していない方は医師の診断書が必要になるため、手帳の級に該当するのかどうか、診断書をかけるかどうかを医師に確認することが必要です。
診断書を書けないと申請しても通らない場合が多いため、診断書料を無駄にしないためにも、申請前に確認をしましょう。

精神障害者手帳の申請には条件がいくつかあります。何も用意せずに申請しても通ることはありませんので、医師の診断のもと、手帳の級が該当するのかを確認したうえで申請を行うようにしましょう。

精神障害者手帳は更新申請が必要!通らないこともある?!

精神障害者手帳には有効期限があります。
有効期限は2年間となっているため、続けて手帳を必要とする場合は、更新申請の手続きを忘れずに行うことが大切です。

主治医の診断書は一度提出すれば済むわけではありません。
再度診断書が必要となりますので、診断書の手配などの準備も含め、有効期限の3ヶ月前には準備をしておくと安心でしょう。

手続き期間は意外と長く、精神障害者手帳が交付されるまで、通常でも1ヶ月半、長いと4ヶ月かかることもあります。
診断書の内容によっては医師に照会が必要になるため、日数がかかってしまうのです。もし障害が手帳の交付に該当しないと判断されてしまったら、さらに専門審査が必要となるため、日数はさらに長くなってしまいます。

数ヶ月待たされることになりますので、有効期限を待たずに数か月前にはさまざまな準備を前もって行う様にしておきましょう。

精神障害者手帳が交付される目的

そもそも精神障害者保健福祉手帳は1995年10月に制定されたもので、持っている人が一定程度の精神障害がある状態であるということを認定するものです。
社会参加を積極的に行え、自立を促すことが目的であり、そのために様々な制度やサービスを利用しやすいようにしているものです。

身体障害者手帳や療育手帳などよりも比較的新しく作られたものですが、平成24年度末では69万人をこえるひとが交付を受けているのが現実です。

交付を受けている人が多いのにも関わらず、身体障害者手帳や療育手帳と比べると受けられ制度の条件が厳しいのが問題となっており、様々なサービスや制度が限られている場合もあることから、手帳を取得するべきかどうかで悩む人もいます。

とはいっても、手帳を取得することで助かることもありますし、割引や給付などが受けられるメリットもあります。
仕事を探す場合でも様々なは医療や支援を受ける事も出来ますので、手帳を取得するべきなのです。

 

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ