生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

子持ちで仕事することは周囲は迷惑?周りはこう感じている!

2017.12.19

子持ちでも仕事がしたい!と思う主婦が増えてきた時代になりました。

しかし周囲はそれをどう感じているのでしょうか?歓迎?それとも迷惑?

ここでは働くママの体験談を交えて、自宅でできる仕事をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

就活の面接で緊張してしまうのは何故?対処法をご紹介します

就活の面接って、誰しもが緊張するものですよね。内定が欲しいという思いが強いほど、どんどん緊張してしま...

会社のデスクトップとなる壁紙は何がいい?オススメを紹介

地味に自己アピールができるパソコンのデスクトップ!しかし、会社の壁紙を勝手に変えるのはよくない? ...

深夜で仕事を探すなら!少しでも楽にバイトをしたい人必見

効率良くお金を稼ぎたいと思うときには、時給の高い深夜の時間帯で働くのもおすすめです。 同じ仕事...

転職を成功させたい!面接での質問の返し方などをご紹介!

転職したい!そう思っている人はたくさんいます。 いざ面接の日にちが決まり、面接までに期間が少し...

パワーポイントで自己紹介!おもしろいインパクトを残そう

ビジネスシーンではパワーポイントで自己紹介をする場面もあります。 どうせならおもしろい人だと印...

トラックの運転手はどんな生活を送っているのか聞いてみました

トラックの運転手というと、長距離を運転しなければならないので大変!というイメージがありますよね? ...

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。 調律す...

絵師にイラストを依頼する方法とマナー。期日や価格は確実に!

「絵師」という言葉を耳にすることはありませんか?この「絵師」と言う言葉はプロ、アマ含めイラストレータ...

イラスト系の専門学校を卒業後、就職先について調べてみた

アニメやゲーム、ライトノベルの人気からイラスト専門学校を希望する若者が増加しています。 ただ、...

接客のバイトで辛い事とは?接客業の先輩に聞いた経験談

バイトの接客業で思いつくのは、主にコンビニや居酒屋など接客業が一般的です。 でも、接客業は土日...

うつ病から仕事復帰するために支援してもらえる施設とは

うつ病が原因で退職を余儀なくされた方も多いでしょう。体調も徐々によくなり、仕事へ復帰したくても襲って...

お中元シ―ズンのバイトはかなり大変!その実態を教えます!

短期間のバイトとして人気のお中元関連のバイトですが、経験者によるとかなり大変だと言います。 お...

NHKの受信料徴収員の服装や集金時間について紹介します

突然インターフォンが鳴り出てみると「NHKです。本日は受信契約の契約の件でお伺いしました。重要なお話...

上司の言葉遣いがきつい…。苦手な上司との付き合い方と対処法

上司のきつい言葉に心が折れそうな方はいませんか? 自分に非があるならまだしも、納得のいかないこ...

主婦も資格が取りたい!40代だからこそオススメの資格

40代主婦が仕事をはじめるとき、やはり資格があると仕事選びにも有利になります。 でも、40代か...

スポンサーリンク

子持ち女性が仕事をすることは、周りは迷惑だと感じるの?

以前ドラッグストアでフルタイムで働いていたことがありました。

同じ時間に働いている従業員は3人しかおらず、1人休むと遅番の店長が出勤してくる体制の勤務状況でした。

我が家の場合は近所に実家があったため、子供が熱を出して休む時は母に預け、早退をしなければならない時には一度帰宅し、また職場に戻るという方法で働かせてもらってました。

こちらの職場は理解があり、『帰っていいよ!大丈夫だから~』と言ってくれましたが逆の立場なら頻繁に休まれたり、早退が続けば自分自身迷惑だと感じるだろうと思っていたので、できるだけ休まないように努力してました。

特に慣れないことを始めると子供もその環境に微妙に反応するのか、なぜか体調を崩すといったこともあります。

迷惑と感じるかどうかはその職場にもよりますが、正直難しいですね。

子持ちでも仕事がしたい!迷惑をかけずにできる仕事はあるの?

子供が小さなうちはできるだけ子供のそばにいてほしいと、自分も周囲もそう思います。
しかし家計の状況により、働きたいと思うママだって多いはず。

ですが何時間も拘束される仕事では、非常に難しいですよね。
周りに迷惑をかけずにできる仕事なんてあるのでしょうか?

今の時代は自宅にパソコンがある家庭が多いですよね。
なので在宅ワークがオススメです。

在宅ワークの中でもオススメなのが、「クラウドソーシング」と言うお仕事です。

自分の時間を自由に使うことができ、効率的に働けて、お金を得ることができます。

そのクラウドソーシングの主な仕事内容は、経験不問で誰でも気軽に登録することができ、データー入力など発注されている仕事の内容を確認し、自分に合うものに応募して仕事をするということができるシステムです。

難しいコンピューターの知識も必要ありませんし、スキルがなくてもできる仕事です。

イメージとしては、自分の都合の良い時に日記やブログのような記事を書くという仕事なので、経験がなくても誰にも迷惑をかけずに気軽にできる仕事なんです。

子持ちで短時間の仕事をする時には、こんな言い訳は周囲は大迷惑

子供がいるとわかっていて短時間でも仕事をしてもらおうと、会社が求人案内を出すこともあります。しかし一緒に働くものとしての意見には、この体制に不満だし迷惑と感じるという意見も。

  • 短時間勤務を理解し受け入れ、体制をとるのにも関わらず、子どもがいることを理由に何かにつけて、『子どもがグズってなかなか出勤できませんでした』と言い訳をする女性がいる。(独身30代女性)
  • 遅刻の理由が子供なら、なぜ仕事をするのか意味がわからない。『もう帰る時間で時間がないから、この仕事やっておいて』と当たり前のように頼み、開き直るパートさん。なぜ一言「申し訳ありません、お願いします」と言えないのか不思議だし、頭にもくる。
    (独身20代女性)
  • 独身の男性上司に「家事・育児と仕事の両立は大変」といつも文句を言うパートさん、そんなに大変なら辞めればいいのに。(独身20代女性)

子育て中のママの仕事は応援してあげたいけど、こういった態度は一緒に働くものとしては正直大迷惑です!

時短勤務だからこそ、周囲に迷惑をかけずに仕事する姿勢を大切にしなければならないことをきちんと認識しましょう。

子育て理解者がいる会社だと思っていたのに、その体験談とは!

どうしても家計が苦しく働かなければならない状況で、子供を保育園に預けフルタイムで仕事をしていました。

私の両親や主人の両親、未婚の妹などに協力を得て今まで何かあっても対応できるようにし、なるべく会社を休まないようにしてきました。

しかし子どもが保育園でノロウィルスにかかり、嘔吐や下痢の症状がありこの時に限って主人を始め、預かってくれる人がおらず仕方なく2日休みをもらいました。

その後はこれ以上休むと迷惑がかかると思い、なんとか実家の母にお願いをしました。子供が完治するまでには、その後3~4日かかりました。

会社に出勤し一緒に働く3人の子育てをした良き理解者の方に、謝罪しようとしたところ「自分の負担が増えるので、もっと子どもを病気にかからせないように努力してほしい」と言われました。

小さな子どもがいいると病気になりやすいかは、よくわかってくれていると思い理解してくれてると思っていたので、正直とてもショックでした。
自分なりに周りに迷惑をかけないようにしてきたつもりでしたが、なんだか報われないような気分になり落ち込んだことがあります。

小さい子供がいると職場では風当り強いところが多いのが現実。

小さな子供がいて仕事をしている人を見ると、どうしてそんなに働かなければならないの?と自分も含めて周囲はそう感じるのが当たり前ですが、家庭によってはいろんな状況があるので、なんとも言えませんよね。

しかし子供を保育園に預けているから大丈夫と思っていても、現実は小さな子は風邪をひきやすく園で菌をもらってくることも考えられます。

なので突然休むとなると、職場に迷惑をかけてしまいます。

今は子育て中のママを支援する制度も少しづつ改善され、病児保育もあり、共働き家庭にとって働きやすい環境へと改善されてきているのは、嬉しいことですよね。

しかし、子供はいつどんな病気にかかるかわかりません。長引く風邪や伝染病などにかかってしまうと、一緒に働く仲間に迷惑をかけてしまうことになるので、まだまだ小さい子供がいるとフルタイムで働くには、風当り強いところが多いのが現実なのです。

子供が小さなうちは在宅ワークなどでスキルを磨き、子育てが一段落したらそれを武器にできるような仕事に就くのも一つの方法です。

まだまだ子育て中のママには、働くことが厳しい時代ではありますが働くママにとって優しい環境になることを願いたいものです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ