生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合の注意点をご紹介します

2017.12.18

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすのではないかと不安になるママもいるかと思います。

しかしどうしても帰省しなければならない時、どうしたらよいのでしょうか?

そんなあなたにお役立ち情報をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が勉強ができないと感じたら、まずは親の考え方を見直そう

子供がなんだか勉強が苦手のようで、できないみたい。一度はどんな親も抱える悩みなのではないでしょうか?...

近所の子供の友達付き合いやトラブルにならない為の対処法

子供が近所に友達がいない時には、どんな方法で友達を作ってあげますか? またトラブルにならない為...

子供が友達とゲームで遊ぶ時に注意すべきポイント!

ゲームで遊ぶ子供が多くなっていますが、親にとっては勉強してくれないなどの悩みもあるのではないでしょう...

高校の修学旅行にお小遣いはいくら必要?使い道や金額について

子供が高校の修学旅行に行くことになったら、お小遣いはいくら持たせるか親としては迷いますよね。 ...

幼稚園の年中さんが喜ぶ手作り工作を紹介!

幼稚園に通っている年中さんは、だいぶ手先も器用になり表現力も豊かになってくる頃ですよね。 我が...

保育園行きたくない!?怒られる原因と対処法

朝から子供が保育園に行きたくないとグズるのは、これから仕事に行くお母さんにとって大変困りますよね。 ...

幼稚園バスの1番のデメリットとは?バス利用に迷った時の最善策

子供を幼稚園に通わせるのに、バス通園か徒歩通園に悩むママも多いのではないでしょうか? そんな時...

小学生の算数で勉強する「時計」の単元って結構むずかしい!

小学生の算数で勉強する「時計」の単元。 この「時計」の勉強って、子供にとっては、つまづきやすいんで...

産後、上の子の保育園の送迎で困っているならこの方法!

産後、上の子の保育園の送迎ってどうしている? 産後の保育園の送迎で困っているママさんもいるので...

反抗期の娘が父親を嫌うのは順調に大人になっている証拠

反抗期を迎えた娘が、急に父親を避けるようになり親の方が戸惑ってしまうということはありませんか? ...

絵具は3色あれば充分?色の作り方と本当の「色の三原色」

子供のころから多くの人が使い慣れているであろう絵具色。実は3つの色があればほとんどの色は作れてしまう...

近所の子供がしつこい時の上手な対処方法について!

近所の子供が毎日毎日家に入れてとしつこく言ってきたり、しつこく質問してきたリ…。 どうしてこの...

七五三の着物をお宮参りに戻すには!上手に着物を活用しよう!

七五三で着用した着物をお宮参りに戻すことは出来るのでしょうか。また、お宮参りに着用した着物を七五三に...

離乳食は6ヶ月の頃からスタート!その時期がベストなワケ

おっぱいやミルクをたくさん飲んで日々大きくなる赤ちゃん!徐々におっぱいやミルク以外のものから栄養を摂...

離乳食は6ヶ月頃開始?離乳食を始めるのに良い時期について

赤ちゃんの離乳食の開始時期について悩んでいるママもいますよね!離乳食を開始するのに良い時期はいつなの...

スポンサーリンク

妊娠初期に車で長距離で移動する際にはこまめな休憩を!

妊娠初期の時期は、車の振動がお腹の赤ちゃんに与える影響が大きい為、長距離移動は避けた方がいいって耳にするけど本当?と思う人も多いのではないでしょうか?

よっぽど舗装されていないような山道を通るのであれば、危険ですが舗装されている一般道であればさほど問題はありません。

しかし妊娠中はいつもとは違い体調が不安定なこともありますので、細心の注意をはらうことも必要です。
同じ体勢でいると血流が悪くなることもありますし腰や背中も痛くなることもあるので、こまめに休憩をすることをおすすめします。1時間に1回は休憩し、身体をリラックスさせましょう。

またつわりがある時期でもあるので、匂いなどで酔うことも考えられます。大きなビニール袋にトイレットペーパーや新聞紙を入れておくことで急に吐き気がおきても安心できますし、処理もそのまま燃えるゴミとして捨てる事ができるので用意しておきましょう。

妊娠初期でも身体に異常がなければ長距離運転をしても良い?

妊娠初期は車の運転をしてもよいもの?と悩むマタニティママもいるのではないでしょうか?

振動などが影響する時期なので、車の運転は避けた方がいいと思う人もいるかと思いますが、もし体調に異常を感じるような場合にはちょっとの距離に車で行くのも絶対に辞めておきましょう。

頻繁に運転すると胎児に悪影響があるのではないかと思う事がありますよね。しかしそういったことはあまりないようなので、特に問題もなくお腹の赤ちゃんの経過が順調であれば運転するのは特に問題はないでしょう。

心配な時には、お医者さんに相談してみると良いかと思います。

ただし長時間や長距離の車の運転は、健康な人でも疲れる物です。妊娠している時にはとても疲れやすいのでできるだけ運転は、他の人にしてもらうようにしましょう。

妊娠初期に車で長距離移動をするのがいけない理由とは?

普段健康な時でも、車で長距離移動をするのは正直疲れてしまいますよね。
特に混雑時の大型連休の時には渋滞に巻き込まれる事もあり、イライラしてストレスになることも考えられます。

特に妊娠初期は気持ちも体も不安定ですので、運転したり長距離を運転するにも神経を使います。その為振動などの揺れで具合が悪くなることもありますので、長時間車に乗る時には、1時間おきに休憩をしリラックスした状態で車に乗ることをオススメします。

また妊娠中に実家に帰省するときなどには、万が一の時に備えて病院が近くにあるかも調べておくことをおすすめします。

長時間の距離車に乗る時には、余裕を持って休憩をたくさんとるなどの対策をするように心がけるようにしましょう。

妊娠中に車に乗る際に気をつけるべき注意点

妊娠中車を運転するのは、危険?と感じる人もいるかと思いますが実際に産まれるまで車に乗っていたけど大丈夫だった!と言う方も多いかと思います。

また、どうしても車がないと用事を足すことができない地域に住んでいる方もいるかと思います。

運転することにリスクはないのでしょうか?

妊娠中は通常の時と比べホルモンバランスが崩れています。しかしそんなことに気が付かず乗っていることもありますよね。

また、強い眠気を感じることもありますし、シートベルトでお腹が圧迫されてしまい長時間の運転で座りっぱなしでいると、お腹に影響があると言われているのです。

そう言ったこともあり妊娠中は出来るだけ車の運転を避けるべきなのか?と感じてしまいます。

まずはそういったことを踏まえ、お医者さんに相談をすることが一番ですが、どうしても車を運転する時は、体調が悪いときには絶対に乗らないようにし通勤で使う時には、別の方法を考えましょう。

また長時間座り続けることは体に大きな負担を与えることになりますので、同じ姿勢というのは大変危険です。こまめに休憩をとり水分補給も忘れずに。

妊娠中に帰省する場合は、飛行機か、新幹線どちらがいい?

妊娠安定期に入ったら実家に帰省する人も多いかと思いますが、その時に飛行機か、新幹線を利用しないと帰れない人もいますよね。

そんな時、どちらを選択すればよいか迷うところですがよく耳にする話では、妊娠中は飛行機に乗るのはNGで長距離の移動には列車がよいと聞きます。

飛行機は乗ると短い時間で目的に着く利点はありますが、降りたあと、広い空港内を歩かないといけないし、荷物が来る待ち時間も長い、新幹線は乗る時も降りる際も楽ですが、その分乗る時間は長いことがあります。

なので、もし迷うことがあれば自分が楽な方を選択するのが良いそうです。

飛行機に乗ったときの気圧の変化が赤ちゃんに影響するのでは?と感じる人もいると思いますが、心配はないようです。

ただ乗り物に長時間乗る時には、いずれにしても同じ姿勢で長時間座らない、こめな水分補給、席ではかかとを上げ下げする、トイレなどに立ち上がって体を動かすなど、自分なりに気をつけなければならないことを認識しておきましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ