生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

事務職の仕事に就きたい!未経験でも何歳まで応募が可能なのか

2017.9.10

事務職の仕事に就きたいと考えた時、経験がなく未経験の場合何歳まで応募することができるのでしょうか?

転職で年齢が高く未経験者でも応募はしても大丈夫?また企業が理想とする人材とは?

どんな仕事内容なの?など併せてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

女の会話は怖い!よく聞くととっても怖い女性の会話内容とは!

女の人が話してる会話内容を聞いて怖いと思ったことはありませんか? 女の人は噂話が大好き!みんな...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

キャリーケースを機内持ち込みするなら何泊分?その目安とは

旅行する時に便利なキャリーケース。その大きさや素材にもいろいろな種類がありますよね。 飛行機に...

保育園や幼稚園を休ませたい時、こんな理由でOK!

幼稚園や保育園を病気以外で休ませたい場合ありますよね。 そんな時、皆さん理由はどうしているので...

学校内での盗難被害で警察が介入すべき問題と指導の境界線

通常盗難被害に遭った場合は、すぐに警察へ連絡をすべきですが、それが学校内ともなるとちょっと事情も変わ...

メガネをすると目が小さい!そんな悩みを解消する似合うメガネ

コンタクトを付けいているときに比べると、メガネをしている時の方が目が小さい?感じることはありませんか...

結婚式に指輪をして出席する時のマナーは?正しい答えはコレ!

結婚式に出席する場合、アクセサリーを身に付けて出席するのが正しいマナーと言われています。 この...

カラオケにマイクを持ち込みたいと考えているカラオケ好きさん必見!

近年、一人カラオケ店が増えてきている中、myマイクを持ち込みしてカラオケを楽しんでいる人も多いですよ...

窓の防音対策アレコレ、簡単に出来る方法も教えちゃいます

窓の防音対策が騒音には一番効果的! どんな防音工事が出来るのか?自分で出来る防音方法などをご紹...

新郎挨拶は紙を見てもOKだがどうしても不安な時のみが正解!

結婚式の締めくくりとして行われるのが、新郎からの挨拶です。 結婚式に出席してくれたゲストへの感...

出産祝いを友人がくれないのはどうして!?その理由とは

子供を産んだのに友人が出産祝いをくれないとどう思いますか? 友達なのに祝ってくれないの!?と、...

ハワイへの飛行機に対する苦手意識は克服できます!

日本人が渡航する海外旅行先の中でも人気のハワイ。成田からの直行便で7時間前後ですが、飛行機が苦手な人...

オービスの光り方は昼間も夜も同じ!スピードの出し過ぎに注意!

高速道路等に設置されている「オービス」ですが、その光り方は昼間と夜間では違うというウワサがあるようで...

自転車は一時停止が必要!事故を起こさない為にもしっかり停車!

自転車に乗っている時に一時停止をしない人もいますよね。一時停止をしないと事故を起こすリスクが高くなっ...

物損事故だと保険料が上がる?保険料の仕組みを知っておこう!

物損事故で保険を利用すると保険料が結構上がるという話を最近耳にします。 実は等級制度が改正され...

スポンサーリンク

事務の仕事が未経験で応募するのは、何歳まで大丈夫?

事務の仕事も大きくわけると、一般事務、営業事務、経理事務などがあります。

私はそれまでに事務の仕事の経験はなく、簿記などの資格もありませんでした。たまたまパートをしていた会社で営業事務の方が出産で退職することになり、職場の上司に話したら、採用してくれることになりました。

その時の年齢は、35歳でした。その時の決め手は年齢が30代ということもあり職種経験は違うけれど他の会社で培ってきた能力や即戦力が、採用の決め手になったそうです。

一般事務、営業事務、経理事務での共通の仕事内容は、パソコンを使った仕事で経験がなくても本人が覚えようとする意志さえあれば資格がなくても、事務職の仕事はできます。その他にも電話応対や来客が来た時の、お茶出しや雑用もあります。

年齢的なことを言うと、40代後半でも事務の再就職は正直難しくハードルが高くなります。その理由にはどんなに優れている人材や有資格者でも、今現在そこで働いている女性より年齢が高かったり自分より優れている人だと仕事がやりにくくなるなどの理由から採用にならないこともあります。

事務職を希望するのであれば、なるべく若い年齢のうちに応募することをおすすめします。

企業が採用したいと考える、事務未経験者の年齢は何歳まで?

企業にもよりますが事務未経験者で採用したい人材の年齢は、その時に職場で実際に働いている年齢の人のことを考えて募集する企業が多いようです。

例えば20代前半の事務の子がおり、30代の子が結婚退職をすることになり募集をする時に子育てが一段落した40代と、まだまだ働ける20代後半~30代前半を比べた時、20代前半の事務の子の希望を優先することがあるのです。

何故かと言うと2人事務の場合には、その2人が仕事を組んでするわけなので採用する相手とうまくやってほしいと考えるのです。

同じような年齢、もしくは年上の人を扱うのは気を遣うため働きづらくなる・・・その子も辞めかねないなんてことになり、危険性を回避してしまうのが働くのです。ですがこれはあくまでも企業の希望であり、実際に面接をしたらやはりベテラン40代の方が良かったなんてこともあるのです。

もし自分は採用されるか自信がないと感じた時には、まず求人票の記載をよく見て見ましょう。記載事項に20代や30代の方活躍されています。新卒者歓迎と書いてある時は企業が用したいと考える年齢層だと認識することができますので、これから事務職に応募しようと考えている人は是非チェックしてみてください。

未経験の事務職への転職は何歳が有力?30代が最も採用される!

企業が採用を考える時に最も必要される人材が、30代と言われているのを知っていますか?その理由はどんなことがあるのでしょうか?

社会に出たばかりの経験の浅い20代は、まだ経験値がないことから採用されても「即戦力」になることは正直難しいようです。

しかし30代になると職種は違えど、経験値が積み上げられ社会に対応できる力強さが兼ねそろえられているのです。また同じ業種で転職してきた場合、教える手間が省けわからないことだけを説明すれば良いので、企業にとってこれほど教えるのが楽なことはりません。

特に即戦力を求めている企業に30代は最も嬉しい人材なのです!

事務の仕事には正確さ・責任感・対応力がとても重要でどんなことにも臨機応変に対応できなければなりません。そういったことからも経験豊富で落ち着きのある、30代以上の年齢の方を求めている企業もたくさんあるのです。

ですから年齢を気にして転職に不安がある場合には、今までに培ってきた能力や経験を武器にする強みを持っていることも大切なのです。

転職は何歳まで可能?40代になると再就職は厳しい?

転職を考えた時何歳までなら企業は採用してくれるのか?と考えたことはありませんか?

正直40代を過ぎると転職は難しくなります。これは先にも書いた記事にもありますが同じような年齢、もしくは年上の人を扱うのは気を遣うため働きづらくなる・・・と言ったことが考えられるのです。

もし転職をするならば、同じ職種のところがよいかもしれません。求人広告の掲載欄に「マネージャーや店長候補を募集」「経験者優遇」などが書いてあれば40代を過ぎてからの転職も良いかもしれませんが、但しあまりも転職回数が多かったり仕事をしている期間が短いなどであれば、採用にならない場合もあります。リスクも大きくなりますので注意しまししょう。

また子育てが落ち着く40代の場合は、以前勤めていた専門職への職場復帰を目指す時には、スキルがどのように変化しているのかも把握しておく必要があります。

事務職に求められる理想の人材は、○○○な人!

私が事務職に就くまでのイメージって机に座りッぱなしで、ゆっくり仕事ができるものと思っていました。(苦笑)

しかし実際に働いてみると業種にもよりますが、なんて仕事が多いのだろうと感じました。

  • 自分の仕事をしながら電話応対や来客の応対。
  • 営業マンや経理の人の仕事の補助。
  • その他もろもろの雑用。

そんなあらゆる仕事をこなさなければならない事務職に、求められる人材はどんな人なのでしょうか?

それはどんな事に対してでも臨機応変に対応することができ、またコミュニケーション能力が高い人が企業が求める理想の人材なのです。また年齢が20代後半から30代前半だとスキルも身についており、会社の戦力になってくれることに間違いないでしょう。

また事務職が未経験でも、パソコンのワードやエクセルの基本操作、ネットでの注文業務の仕組みを理解できるくらいの知識があれば採用されることもあります。

事務職は電話応対もしなければなりませんので、電話の応対がきちんとできる人だと他の企業からにこの会社の顔とも言われる事務の対応が良いと評判になることもありますので、会社がどのような流れで動いているかをきちんと把握しておくことも必要です。

こうしたことを踏まえ、事務職の仕事をするにあたり是非参考にしてみてください。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ