生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

インフルエンザに旦那が感染!隔離または避難で子供を守る

2017.9.10

旦那さんが会社からインフルエンザをうつされて帰ってきた!そんな時は、何とか子供への感染を防ぎたいですよね。

いつも通り普通に暮らすなんて心配です。
子供がインフルエンザにかからないためにお母さんはどのような手段をとりますか?

体験談や対処法を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体重が増えた!戻らないからと言って焦ってはいけない

体重が増えた!食事や運動に気をつけてもなかなか戻らない! 焦りますよね? ダイエット中ならなおの...

ヨーグルトで腸活!自家製ヨーグルトの健康効果

キレイな腸を目指すには発酵食品を積極的に摂りたいですよね。 発酵食品の代表のヨーグルト、買って...

朝、ヨーグルトを食べても下痢にならないためには

朝、ヨーグルトを食べると下痢になると感じている方はいらっしゃいますか? 便秘解消や、腸内環境の...

体が柔らかくなる食べ物についてをご紹介します!

普段体を動かすことが少ない方は体が硬くなってしまっていませんか? 体を柔らかくするためにはどう...

飛行機に乗るときの心得!トイレが近い人にお勧めのポイント

トイレが近い人は飛行機に乗るときにトイレに不安を覚えますよね。 普段からトイレが近い人が飛行機...

眼鏡をかけると視力って悪くなるの?その真相を解明!

”眼鏡を掛けると視力が悪くなる”というウワサを聞いたことはありませんか? そのウワサの真相はど...

前屈ストレッチで腰痛予防!?タオルを使って効果的に!

前屈をすると、太ももの裏やふくらはぎなど脚裏が、痛くなる人はいませんか? この脚裏が伸びるスト...

No Image

足の太さが左右で違う人の原因とその直し方を徹底解説!

鏡の前に立って自分の足の太さを見てみると「あれ?なんだか左右で太さが違う?」と感じたことはありません...

蕁麻疹になった場合、病院は何科へ行く?蕁麻疹の治療について

痒くて仕方のない蕁麻疹になった場合、病院は何科に行けば良いのでしょうか? 実は蕁麻疹というのは...

デジタルパーマを失敗した!やり直しをする場合の注意点!

きれいなカールを期待してデジタルパーマをかけたものの失敗した、思ったよりかかりが悪かった・・・。そん...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

40代の女性は嫉妬心が強い?嫉妬で認知症のリスクが高まる!

嫉妬深い40代女性は、将来認知症になるリスクが高くなるという研究結果があるそうです。 また、嫉...

朝のランニングはダイエットに最適!?さらに日焼け対策にも!

朝のランニングは晴れていると、清々しい気持ちになりますよね。 でも日焼けが心配・・・。そんな方...

トイレを我慢しすぎて限界!するとある病気が引き起こされるんです

尿意があるにも関わらず、トイレに行くのがめんどくさい、行く時間がなかなか取れない、長時間渋滞にはまっ...

100均マニキュアで大人可愛いセルフネイルに挑戦♪

最近はセルフネイルを楽しむ女性が増えています。 雑誌やネットでも可愛いネイルが紹介され、さまざ...

スポンサーリンク

インフルエンザにかかった旦那を置いて子供を実家へ避難させる!

去年の12月下旬の事です。旦那は大手有名企業に勤めており従業員数もとても多いです。
時期になると毎年会社で、インフルエンザが大流行します。
その拡大を抑えるためにも、会社でインフルエンザの予防接種を行っており毎年受けていますが、さっそく感染してしまいました。
私も子供たちも元気で、ちょうど冬休み期間に入るところだったので、うつらないようにと実家に帰ることにしました。
これからクリスマスやお正月がやって来るのにもしインフルエンザになって寝込むようなことになれば子供が可哀想だと思ったからです。

旦那は高熱でうなされているのにひどいかなと思いましたが、旦那は病院でもらってきた薬を飲めば大丈夫だから行っておいでと言ってくれましたし、実家も近いので昼間は実家の母に子どもを見てもらい、私は旦那の様子を見に家へ行きました。

幸い数日間うなされましたが無事回復し、私も子供もインフルエンザにかかることがなかったので安心して新しい年を迎えることができました。

インフルエンザを旦那が持ってきた・・・子供へ感染拡大の体験談

私の家族は、私と旦那と子供2人の4人家族です。
今年の春、我が家では私以外の3人がインフルエンザに感染しました。
始まりは旦那でした。何だか咳をしているなあくらいにしか思っていなかったのに翌日突然高熱を出しました。

歩くこともできないくらいフラフラな旦那を病院に連れていくとまさかのインフルエンザでギョッとしました。
4月だったので、もう流行していないと完全に油断しましたね。

子供に感染したら困る!と思い、急いで帰って旦那を2階の奥の部屋へ隔離。
慌てて家中を消毒して拭き掃除もしましたが、時すでに遅し。

幼稚園から帰ってきた下の娘が発熱し小児科へ行って検査すると、インフルエンザ陽性。そのまた翌日上の子が、吐いて発熱。またまた病院へ行くと陽性でした。

一気に3人が寝込んでしまい看病しなければいけないので、パート先に連絡しました。私自身もウイルスを持っていると思い事情を話してその週はお休みをもらう事となりました。

そして3人が無事回復し、次は私か?と思いましたがなんともありませんでした。
私はインフルエンザに生まれてから1度もかかったことがない強者なんです。

インフルエンザにかかった旦那はとにかく隔離!子供と距離を

旦那さんがインフルエンザに感染したら、とにかく部屋に隔離しましょう。
奥さんや子供と一緒に寝るわけにはいかないので、使っていない部屋や場所を開けて、なるべく家族との接触を避けるようにするのです。

我が家は一軒家ですが、子供がまだ小さいので旦那がインフルエンザになった時には子供部屋にする予定の使っていない部屋へ、布団や着替えを準備し隔離します。

食事や飲み物は部屋へ届けるようにして、トイレに降りてきたときには拭き掃除をしました。

パパを隔離していても子供たちにはマスクをつけさせ手洗いうがいは徹底させています。
ちょっと大げさかもしれませんが子供にうつさないために我が家ではいつもそうしています。
旦那はインフルエンザにかかりやすいんですよね。
毎年インフルエンザの予防接種をしているのに2年に1回くらいはインフルエンザになるんです。
これは体質なのでしょうか?

インフルエンザが旦那からうつってしまった妊婦はどうする?

誰にでも感染しやすいインフルエンザですが、もし旦那さんから妊婦の妻にインフルエンザがうつってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

妊娠中は免疫力が低下しているので実はかかりやすいです。
お腹の赤ちゃんに影響かがないのか心配になりますよね。

免疫力が低下している妊婦がインフルエンザに感染すると重症化するケースが少なくありません。

予防していても感染した可能性が高いと思ったら、産婦人科ではなく一般内科へ受診しましょう。産婦人科へ行ってしまうと、その他の妊婦さんにもうつしてしまう可能性があるからです。

一般内科へは妊娠していることを先に伝えておきましょう。
赤ちゃんへの影響が心配ですが、インフルエンザのウイルス自体が赤ちゃんへうつることはないです。

赤ちゃんへの影響が考えられるのは、熱や咳が心配です。
高熱が数日間続くと、羊水の温度も上がっていくため注意が必要ですしあまりひどい咳はおなかのハリの原因や切迫早産などのリスクにもつながります。

家族にインフルエンザを発症した人がいて、体調が悪くなったら自力で治そうとせず、きちんと病院へ行きましょう。

インフルエンザには、A型・B型・C型の種類がある

インフルエンザの検査をすると「A型」ですとか「B型」ですねとか言われるけれど、その違いを知っていますか?

それぞれに特徴があるのでご紹介します。

【A型】
季節になると、とにかく流行るのがA型です。
A型は、感染力がとっても強力で重症化するケースが多いので気をつけなければいけません。
幼児や高齢者、体力のない方は最悪亡くなってしまう事もあるんです・・・。

A型は感染途中で変化し他のウイルスと結びつきさらに強力なウイルスになります。
そのため、予防接種をしていてもA型に感染してしまう事があるのです。

体に潜んでいる期間は短く約1日~2日です。抗インフルエンザ薬は発症から48時間が勝負なので体調に変化を感じたらすぐに病院を受診しましょう。

【B型】
B型は症状が軽度で済む場合が多く、大流行とはなりにくいです。
しっかり予防をしていれば防げる可能性が高いものです。
大体感染が広がるのはA型が下火になる冬~春ころです。
春だからと油断せずに対策をしましょう。

【C型】
C型はまず聞いたことがありませんよね。
C型はかかっていても無症状な事が多いようです。感染しやすいのは4歳以下の小さな子供で通常の軽い風邪のような症状で済むようです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ