生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

50代の再就職にはこんな『資格』が有利!

2017.9.10

50代の再就職は、なかなか厳しいと言われます。

再就職を有利に進めるために、「資格」は強みになります。

資格を持っていない方も転職を考えるのであれば、資格取得を検討してみるのも良いでしょう。

転職に有利な資格や、独立開業が可能な資格などをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

町内会の役員を拒否したい。こんな断り方もあります

お住まいの地域に町内会はありますか?また町内会に入っていますか? 地方や地域、町によって町内会...

事務職の仕事に就きたい!未経験でも何歳まで応募が可能なのか

事務職の仕事に就きたいと考えた時、経験がなく未経験の場合何歳まで応募することができるのでしょうか? ...

出産祝いを友人がくれないのはどうして!?その理由とは

子供を産んだのに友人が出産祝いをくれないとどう思いますか? 友達なのに祝ってくれないの!?と、...

海外のホテルのシャワーの使い方に迷う?これで解決!

日本でも高級ホテルなどはシャワーブースとバスタブが分かれていたり、安価なホテルはユニットバスだったり...

公務員の共働き夫婦への影響!どっちが得?扶養手当について

公務員には扶養手当が支給されています。 もちろん、公務員同士の共働き夫婦、公務員と民間の共働き...

上の階の足音や騒音が気になるときに有効な対策について

上の階から聞こえてくる足音や騒音に悩んでいる人は多いと思いますが騒音対策はしていますか? 苦情...

銀行に就職すためには身辺調査があるってホント!?就活生必見!

銀行に就職するには、学生や家族の身辺調査がある…という話を耳にしたことはありませんか? 都市伝...

メガネをすると目が小さい!そんな悩みを解消する似合うメガネ

コンタクトを付けいているときに比べると、メガネをしている時の方が目が小さい?感じることはありませんか...

飲み会が苦手な人必見!ゼミ飲みの断り方や乗り切り方

お酒好きや大勢でワイワイするのが好きな人は飲み会が好きでしょう。しかし、飲み会が苦手な人もいます。 ...

転職の履歴書はコピーはダメですよ!こんな理由が!

履歴書って記入する箇所も多いし、転職のために何枚も書くのは面倒ですよね。 履歴書のコピーを送っ...

パソコンのある部屋が暑い!そんな場合の対処方法をご紹介します

パソコンを置いてある部屋が暑い!そんな時は注意が必要です。 パソコンは適正温度を超えた場所に置...

大学生の約7割が一人暮らしに不安?その不安の元とは

大学生になって一人暮らしを始める人は多いと思いますが、楽しみな反面、多くの学生があらゆることに不安に...

バイクが些細なことでエンスト!信号待ちでも止まるなら整備も

身軽に動けるバイクは、移動手段としてだけでなく好きな人にとっては非常にワクワクする乗り物。 し...

部屋の湿度が90%になる理由とは?理想の湿度は〇〇%です!

梅雨時期の部屋の中はじめじめしていますが、湿度が90%になることもあるといいます。 なぜ湿度が...

窓の防音対策アレコレ、簡単に出来る方法も教えちゃいます

窓の防音対策が騒音には一番効果的! どんな防音工事が出来るのか?自分で出来る防音方法などをご紹...

スポンサーリンク

50代の再就職には『資格』が有利

50代の再就職は、厳しいと言われます。しかし、50代はまだまだ働き盛りです。
前職を何らかの理由で失ったとしても、また新しい仕事を探す人がほとんどでしょう。

50代での再就職で、『資格』があるのとないのでは、かなり違います。
特に、今まで働いたことがないような職種にチャレンジしたい場合は、資格があると有利です。

50代で再就職を考えている方の中には、資格を何も持っていないという方も多くいると思いますが、できればこれを機に資格取得を目指すと言うのも良いでしょう。
年齢的に、もう資格を取るのは難しいと思われると思いますが、50代からでも取得可能な資格はたくさんあります。

例えば、「第二種電気工事士」「危険物取扱者」などは、再就職にも大変有利です。
これらの仕事は求人も多いので、再就職の強い味方になります。

50代からの資格取得は、再就職に有利に働くか見極める

「資格」は再就職のためだけではなく、自分自身のスキルアップのために資格を取る人が増えてきています。
女性に人気の資格は、インテリアコーディネーターフードコーディネーター、カウンセラー、WEBデザイナーなどが人気です。
資格を持っていると再就職に有利なこともありますが、必ずしも必要なものとは限りません。
再就職の選考では、今までの職務経験やスキルなどで評価されるので、資格を持っていても実務経験がないとあまり有利ではない場合もあります。

新たに資格取得を目指すならば、それを再就職に活かしたいのか、今の自分のスキルアップのためなのか見極めることが大切です。
資格取得にかかる費用や時間に対し、その資格は就職で有利に働くものなのかどうか考えてみて下さい。

せっかくの資格も求人数が多いものでないと意味がありません。
今、世の中で必要とされている資格を取得することが再就職を有利にします。

50代の再就職で有利な資格は?

仕事によっては、法律により必ず有資格者が必要な職種もあります。

バスやタクシーの会社や、不動産業などは、会社を存続するには、一定数の有資格者を各支店に配置しなければならないと定められています。

法律で決められている以上、有資格者を必ず配置しなくてはいけないことを考えると、このような資格を持っていることは、再就職においても有利なのです。

タクシーやバス会社では、「運行管理者」の資格、不動産業では「宅建」の資格などが、これに当たります。
他にも、50人以上の労働者がいる場合に必ず必要な「衛生管理者」の資格や、マンションの「管理業務主任者」なども有利です。

特殊な技術が必要な、電気、ボイラー、危険物などの資格も再就職や転職といった場合にも強いですね。

これらの資格を取るのは、とても難しいものと感じやすいですが、それほど難易度は高くなく、数ヶ月勉強すれば取得できる国家資格です。

50代の転職で企業が求めるのはこんな人材

50代での転職を考えた場合、企業ではどのような人材が求められるのでしょうか。

企業は、行動力を伴い、成果を出せる人。
つまり即戦力になる人材を求めています。
仕事をする上で、どんなに素晴らしい資格やノウハウを持っていても、成果が伴わないことには周りから評価はされません。

即戦力のある人材として認めてもらえるように、今までの実績もしっかりとアピールしましょう。

そして、もう一つ、企業に求められやすいもので「コミュニケーション能力」があります。
40代や50代などの年齢での転職は、どうしても過去に固執してしまい、なかなか周りの環境に馴染めないといった苦労もあるでしょう。
そのような場合でも、気持ちを切り替え、新しい職場の環境に馴染むことができる人、コミュニケーション能力の高い人が求められています。

独立開業が可能な資格や再就職に有利な資格

40代や50代からの独立開業を目指したいという方もいるでしょう。
独立開業な可能な資格として、次のようなものがあります。

・社会保険労務士
・行政書士
・税理士
・司法書士
・不動産鑑定士
・土地家屋調査士
・公認会計士
・中小企業診断士

他にも50代以上に人気の高い資格を紹介します。

英検・簿記・TOEIC・基本情報技術者・ 初級シスアド・危険物取扱者・建築士・ ボイラー技士・フォークリフト運転者・第二種電気工事士・ 気象予報士・土地家屋調査士・医療事務・ 作業療法士・ 理学療法士 ・ホームヘルパー・ インテリアコーディネーター・ ネイリスト・ メイクアップアーティスト・ エステティシャン・ 色彩検定・調理師・クリーニング師・ グリーンアドバイザー・フードコーディネーター・アロマテラピーなどがあります。

近年は介護業界の人手不足も慢性化しています。
介護業界では多くの人材を必要としているので、介護や福祉関連の資格も再就職に大変有利です。

介護業界にも、さまざま資格があります。

・介護福祉士
・社会福祉士
・介護支援専門員
・福祉住環境コーディネーター
・精神保健福祉士
・介護事務管理士
・看護助手
・調剤事務
・福祉用具専門相談員

勤務先は、老人ホームや介護老人保健施設、グループホームや医療機関、介護関連サービス事業者など、多くの企業があります。

介護関連の資格取得者は女性が多いのですが、男性もどんどんと増えてきています。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ