生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

2017.9.9

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。

でもこれってさびの原因にならないのか心配。という方も少なくないのでは!?

気になる塩や入浴剤が浴槽や風呂釜に与える影響や、注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしなら低コスパ料理を作ろう!オススメ食材と簡単レシピ

一人暮らしだと何かとお金がかかってしまいますね。そこで一番節約しやすいのは食費ではないでしょうか。 ...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

車のオイル交換の費用を抑える方法をお教えします!

車のオイル交換、費用が気になる所ですよね・・・。 そんなオイル交換の費用を最小限で抑えるテクを...

同居は家事の分担がキーポイント!?同居が上手くいくコツとは

同居が決まったら、まずはどんな事を話し合ったらいいの?家事の分担も同居には欠かせない問題です。 ...

ラムネはレモネード?お菓子のラムネを英語で言うとこうなる!

子供の頃、誰しも食べた記憶があるお菓子のラムネ。もちろん、ジュースのラムネを模して作られたお菓子なの...

車のテレビの電波良くする方法をご紹介します!

テレビが付いている車、最近よく見かけるようになりましたよね。子供が車に乗る時などはテレビが付いている...

オートマのマニュアルモードの使い方!こんな時に役に立つ!

オートマでもマニュアルモードが付いている車が増えてきていますが、その使い方についてはよく知らないとい...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

一人暮らしの部屋が実家に近い!?メリットとデメリット

実家の近くに一人暮らしする必要はあるのでしょうか? 学校や職場が近ければ実家から出る必要性を感...

車は現金で支払いすると得?メリット・デメリットを紹介します

車は現金で支払いをしたほうが安くなる?車を買うときに現金で買う場合とローンを組む場合では値引き自体に...

クリスマスを盛り上げよう!新婚でもできる料理や工夫について

新婚なら2人の家で初めて過ごすクリスマスですよね。 でも料理を作るのが苦手だったり、どのような...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

ガスコンロ【ビルトインタイプ】の掃除道具と掃除方法

ガスコンロがビルトインタイプの家庭が増えていますが、なんとなく掃除が大変そうなイメージはありませんか...

スポンサーリンク

塩を風呂に入れるとさびが付く?使用する為の注意点

美容のために最近お風呂に塩を入れたり、塩分を含んだ入浴剤が人気ですよね。そこで疑問!塩分はお風呂を傷めないのか?さびたりしないのか?

調べてみると、よほどの濃さでない限り浴槽がさびる事はないみたい。もともと水道水にも塩素は含まれていて、いつもの入浴で浴槽に被害がないなら大丈夫と考えていいようです。実際に100グラムと結構な量の塩をお風呂に入れたとします。でも塩分量は全体の0.05パーセントにしかならないんです。

しかし追い炊き機能などが付いている風呂釜が付いているタイプのお風呂なら、追い炊き部分にさびが出る可能性があります。なぜかと言うと浴槽部分はさびに強い材質が使われている事が多いですが、風呂釜部分はそれ程さびに強くない材質、銅が使われている事が多いからです。

また長時間、塩分を含んだお湯を浴槽にためておいたりするのもオススメできません。塩や塩分を含んだ入浴剤を使用したときは、入り終えたら速やかに浴槽内の水を流し、掃除をした後は配管にも塩分が残らないように十分に水で洗い流してください。

塩を利用する時、風呂をさびさせない為にはこんな事も!

追い炊き機能が付いているお風呂はバスソルトなどは使用できないのか?

もし利用する時は追い炊きなどの機能を使わない事が重要です。そうする事で塩分を含んだお湯が風呂釜の中を循環する事を避ける事が出来ます。また先述したように、お風呂に入り終えたらすぐに掃除をして塩分を洗い流す事も忘れないで下さい。

塩分以外にもアルカリ性や酸性が強い入浴剤、また腐食性がなくても硫化チタンが含まれている場合なども風呂釜を傷める危険性があります。

たまに使用する程度なら、すぐに風呂釜を傷めると言った事はないと思いますが、日常的に利用すると成分が沈殿したりして故障を招く原因の一つとなってしまう事もかんがえられます。自分のお風呂で使える入浴剤を探してくださいね。

塩の入った風呂はさび以外にも注意が必要だった

お風呂に塩を入れたり、塩分を含んだ入浴剤を使用して入浴する時は、追い炊き機能を使わない。という事が注意点でしたが、他にも入浴をする際の注意点がいくつかあります。

まずは塩分をお風呂に入れると発汗作用がある為、いつもより汗がたくさん出ます。入力する前に水分を心がけて取るようにしましょう。また塩分が肌にしみてピリピリとする場合は、入浴をやめましょう。肌の状態を見て入浴を考えて下さい。

もともとアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある場合は、かかりつけのお医者さんに相談してから使用してください。

入浴後は速やかに洗い流しましょう。

放って置いたり、追い炊き機能を利用してしまうと錆の原因や故障の原因になります。また泡が出る入浴剤も同様です。普段のお掃除にプラスして数か月に一度は風呂釜のお掃除もして、お風呂のメンテナンスを!

リラックス効果があったり、美容効果が期待できる入浴剤ですが使用に注意をして、入浴を楽しんでくださいね。

お風呂では塩以外も浴槽を傷める原因になる

一般的に販売されている大手メーカーの入浴剤は中性、アルカリ性、弱酸性と性質は異なりますが、浴槽や風呂釜を傷める事がないか試験を行っています。

お風呂の材質でよく利用されているホーロー、ステンレスやアルミ、銅などの材質で試験済みです。心配な場合は裏の注意書きをよく読んでから購入してください。

また注意が必要なのは硫黄が入っているかどうか、温泉で泉質に含まれる硫黄は浴槽や風呂釜を傷める危険があります。

その他には白濁タイプの入浴剤です。メーカーや機種によっては対応してない場合は使用が出来ません。ご自宅にあるお風呂の取扱説明書を確認するか、メーカーに直接確認する事をオススメします。

追い炊きが出来るタイプの浴槽では、循環部のフィルターに目詰まりが生じる場合がありますのでご注意を。

入浴剤でお風呂に起こるトラブルは?

  • 追い炊き部分の銅に錆が生じる。
  • 水道管に入浴剤の成分が沈殿し錆びる。
  • 追い炊きのフィルターに汚れや入浴剤が付着して、使用が出来なくなる。
  • 浴槽に色が付着する
  • 浴槽に入浴剤のニオイが付き、取れなくなる
  • 浴槽の光沢が無くなる。
  • 浴槽に入浴剤が付着してざらつく。

などなど、お風呂の材質やお掃除のお手入れなどによってはこのような状態になる事もあります。

入浴剤を使用したい場合は、自分の家のお風呂に使えるかどうかを確認する事が重要。パッケージの裏には必ず注意事項として使用できない場合が表記されています。

また自宅のお風呂が特殊な場合は、お風呂の取扱説明書を確認したりする事も必要です。浴槽や風呂釜にダメージを与えると、修理費に結構な金額がかかりますよ~。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ