生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

長男の嫁が直面する義理親と同居問題でも同居しないで新築購入

2017.9.9

長男は親と同居というイメージが根強いですが、長男が家を新築する時は親との同居開始の合図になるのでしょうか?

実際に、長男の夫が新築の家を購入した方のエピソードを聞いてみましょう。

長男の嫁にとっては義理の親との同居は避けたいと思っているかもしれませんが、親と同居するメリットについてもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

LINEだけの友達なんていらない!完全削除でスッキリするかも

なんとなくその場のノリでLINE交換してしまうことありますよね。大して仲良くもないのに、LINEの友...

年賀状の返事が友達からこないのはどうして?の疑問解決!

年賀状を友達に出したのに、待っていても返事がこない・・・。ちょっと寂しい気持ちになってしまうのはわか...

幼稚園の役員決めはトラブルに発展しやすい!?その原因とは

子供が幼稚園に通っているママにとって避けては通れないのが役員決めです。 率先して役員を引き受け...

部活を辞めるときは挨拶やタイミングをきちんとすれば大丈夫

部活を辞めると決断してから、なかなか他の部員や先輩に伝えられずに悩んでしまうこともありますよね。 ...

会社の先輩で既婚者の男性から食事に誘われた時の対処方法

会社の先輩で既婚者の男性から食事に誘われたら、どうしますか? 自分は何とも思っていなくても、相...

No Image

未読スルーする友達の心理!LINEが未読スルーの原因と対処法

友達にLINEを送った時、メッセージが未読のままで既読がつかないと、イライラしたり不安になったりしま...

友達との喧嘩。理由はさておき、自分の非も認め素直に謝ろう

友達との喧嘩。 どんな理由でも、どちらかが100%悪い喧嘩はありません。 意見の相違というこ...

社会人は友達と疎遠になるもの?それは人それぞれです

社会人になると仕事が忙しく、学生時代のように毎日友達と会う事はなくなりますよね。 疎遠になって...

同居ストレス!義父に感じるストレスにはこんなことが!

嫁と姑の確執や同居問題は、多かれ少なかれいつの時代もどの家庭にもありますね。 嫁と姑問題は良く...

友達に会いたくない時の言い訳で使えるものは?断る時のポイント

友達と会う約束をしていても本当は会いたくないと思っている時、上手い言い訳で会う約束をキャンセルできな...

法事を欠席する際のご仏前はどうすればいい?香典に関するマナー

法事の案内がきたけれど都合がつかず欠席しなければならない時、香典のご仏前はどうしたらいい? 送...

義母と同居したらあれこれ言われてイライラ!そんな時の解決策

義母と同居してみるとあれこれ口出しされてイライラ! 同居してしまった以上、すぐに同居解消するの...

妬みと嫉妬。心理学的な違いとその裏にある悪意について

妬みと嫉妬は心理学的には違います。 妬まれて嫌がらせを受けたり、嫉妬により追い詰められたりと、...

親が過保護!社会人になったら親の過保護を受け入れないこと

親が過保護でいつまでも干渉してくるという人もいますよね。社会人になっても過保護な親から離れることがで...

大学の友達と気が合わない!そんな時の対処法をご紹介!

大学にいる友達と気が合わない・・・。そんなことで悩んでいる人も多いのでは? 高校までとは違いク...

スポンサーリンク

長男が家を新築すると同居が当たり前?そんなことはありません!

「私の夫は長男で、夫は家を買うのが夢だったのですが、最近その夢が叶い新築を購入しました。新しい家は夫の実家の近くですが、現実的に家を買う話しが出てからも今も一度も義理親と同居する話は一切出ていません。なお、私は同居しても問題ないと思っているし、新しい家は部屋数に余裕があるので義理親と同居する事も可能です。

しかし、義理親は子供の世話にはなりたくないという考えの人たちで、夫も同居について一切考えていないようです。更に夫は実家が遺産相続出来たら売ると言っているくらいなので、とりあえず直近で同居する事はなさそうです。

「夫は長男で、結婚する時に家を購入しましたが、夫の親とは一緒に暮らしていません。家を買った時は新婚だったので義理の親も遠慮してくれたのか、買った家が小さめだったからか、同居するという話にはなりませんでした。

ただ、購入した家は夫の実家の隣なので、気軽に行き来できる状況ではあります。お姑さんがよくおかずや野菜など色々おすそ分けをしてくれます。隣なので在宅中かどうかはすぐにわかると思いますが、夫の親はいきなり訪ねてくることはなく、ちゃんと事前に連絡をしてくれるので助かります。

新築は無理でも長男なら親と同居で家が手に入る!?

マイホームを持つことを夢見ている人もいるでしょう。新築で家を購入すると、多くの人はローンを組んで何年何十年と払い続けなければいけません。夢のマイホームと引き換えに、ローン返済が大変で余裕がなくなってしまう人も多いのですが、夫が長男で夫の実家が持ち家なら夫の実家で同居するのも1つの方法です。

また、長男だと将来的に年老いた親と同居するケースが多く、自分たちが賃貸暮らしで実家が持ち家の場合、夫の実家で同居を始めることもあるでしょう。

夫の実家で夫の親と暮らすなんて大変そうと思うかもしれませんが、経済的に大きなメリットがあります。

  • 家賃がかからない(ローンなしで家が手に入る)
  • 夫婦で住むより生活費が抑えられる
  • 固定資産税も払わなくていい

結婚生活でお金は大きな問題となります。生活が厳しいと細かいことを言いたくなくても言わざるを得なくて些細な事でも喧嘩しやすくなります。しかし、親と同居であれば夫婦二人で住むよりも経済的に安定した生活が遅れるでしょう。そして、その家はいずれあなた方夫婦の物になる可能性があります。

新築の家で義理親と同居するなら長男の嫁として注意するポイント

・介護が必要になった時の事も話し合う

まだ義理の親も若くて元気なうちに介護の話を持ち出しにくいかもしれませんが、これはとても大切な問題です。一般的に長男の嫁や同居している嫁は介護にかかる負担の比重が重くなりがちです。長男の嫁で同居しているなら、介護はあなたの役目になると思ってあらかじめ話し合っておくといいでしょう。

自分で介護するのか、自分だけでは大変になったらどうするのか、介護施設に入ってもらうのかなど、考えられる状況に応じてどういう対応にするのか話し合い、施設を利用することも想定して貯金しましょう。

・ご近所付き合いも大切にする

昔と比べてご近所との関係が希薄になってきていますが、親世代はまだご近所付き合いを大切と考えている人も多いです。

あなたとしてはあまりご近所付き合いしたくないかもしれませんが、ご近所付き合いをしない事で義理の親や近所から悪い印象を持たれかねません。ご近所付き合いをしていれば、何かあった時に助け合えるでしょう。最低でも挨拶くらいはしっかりすることをおすすめします。

同居は宿命!?長男の嫁だから損していると感じる瞬間

長男の嫁に「長男の嫁だからこそ損している」と思う瞬間はあるか聞いてみました。

・同居の話が持ち上がった時

「夫の親の家の近くに夫の兄弟が住んでいても、遠く離れて暮らす私たちに会うたびに同居の話をしてくる」

長男が家を継ぐという考えが根付いている親世代にとって、今住んでいる場所はあまり関係なく、長男なら同居するのが当たり前だと思っている様です。あまりしつこいようなら夫からびしっと言ってもらえるようにお願いしてみましょう。

・ご祝儀などは他の兄弟よりも高額設定

「義理の弟妹の結婚祝いや出産祝いは、貰った額より高額かこっちは貰ってなくてもあげなければいけない」

弟や妹がいる場合は、兄としてのメンツを保つためにもしっかり払わなければいけない事も多いようです。各家族が集まった時に食事に行ったりしたときに支払いをすることもあるでしょう。○○家の長男として、けちけちしていると思われないように親戚へのご祝儀の金額なども気を使うところです。

・人が集まるときに休んでいる暇がない

「お盆や年末年始など親戚が集まってくるようなときは、他の兄弟の嫁は呼ばれないのに、私だけ早く来て手伝うように言われる」

長男の嫁だとしても、同じ嫁なのに他の兄弟の嫁と差をつけて自分だけ働かなければいけないのは納得が行かないですよね。あまりにも大変なら他の兄弟の嫁にもあなたから声を掛けてみてはいかがでしょうか。

相続税を減らすために義理親と同居するのは微妙!?

相続税という観点で見ると、価値の高い土地に実家がある場合は、親と実家で同居するメリットは大きいです。しかし、相続税の事だけで親と同居しようとするのは、もう一度考えた方が良いかもしれません。

親と同居をすると、将来的に介護の問題が出てくるでしょう。さらに、嫁姑問題や、それぞれの出来上がっていた家族のペースが同居で乱れることになって上手くいかないケースもあります。せっかく相続税の事を見越して同居しても、関係が悪化してしまうと予想外の展開が待っているかもしれません。

実際に合ったケースとして、同居していた長男夫婦ではなく次男に家を相続させるように遺言を残した人もいました。

更に、実家が唯一の財産というケースだと、家を兄弟で分ける事は出来ません。実家を長男が相続したら、他の兄弟が親の財産を相続出来ないことになり、財産をどうやって分けるのか考えなければいけません。

相続税増税と小規模宅地の特例を活用するには、財産の相続の仕方を親が元気なうちにみんなで考える必要があるでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 人間関係のコツ