生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

2017.12.15

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。

でも上手く膨らまない時も・・・。そんな時に考えられる理由は?

パンの発酵が上手く進んでいないと膨らみが小さくなってしまいますよ。

発酵を進ませる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新築のフローリングを白にする時のメリット・デメリット

新築の場合、フローリングを白っぽくするか、ダークな感じにするのか迷ってしまいますよね~。 失敗...

ステーキの焼き方の新常識!冷凍ステーキ肉は解凍せずに焼く

あなたはステーキの焼き方の新常識を知っていますか?今までは冷凍したステーキ肉は解凍してから焼くのが常...

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

気持ちをリラックスさせる効果的な方法を紹介!

緊張やストレスから今すぐ脱出したい!そんな時ありますよね? 何をすれば、その時の緊張が和らぐの...

ボールペンのなかなか取れないインクの染みに!洗濯の裏技

ボールペンのインクが服に付いてしまった。そんな経験ありますよね。 お気に入りの服に限って、真っ白な...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

領収書の保管はいつまで?家庭での保管方法をご紹介!

領収書などの書類の保管どうしていますか?会社なら期限が明確に決められていますが、家庭となると困ってし...

採血される時に1回で終えるコツ!受ける側も気を付けたいこと

病院や健康診断の時にされることが多い採血。 採血を受ける側の血管が細かったり、針を入れると血管...

メガネのフレームが色落ちする原因や対処法をご紹介します

メガネのフレームが色落ちしてしまうことがありますよね。 どうして色落ちしてしまうのでしょうか?...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

重曹の食用はどこの売り場で購入できる?重曹の特長も紹介!

お菓子作りをしたくて重曹を探しているけど・・・食用の重曹はどこの売り場にあるのでしょうか? どんな...

車のオイル交換の費用を抑える方法をお教えします!

車のオイル交換、費用が気になる所ですよね・・・。 そんなオイル交換の費用を最小限で抑えるテクを...

スポンサーリンク

パンの発酵が上手くいかない!膨らまない時の対処法

パンは発酵が重要!美味しいフワフワのパンは適度な発酵があるからこそです。

発酵が上手くいっているかどうかは、30分程度の発酵で確認する事ができます。

30分たっても全く膨らんでいない、大きさが変わっていない場合は発酵が進んでいない証拠です。発酵温度を調節してみて下さい。

温度の設定を5度位高くすると発酵が進み膨らんでくるかもしれません。

または棚の上など、パンの置いている場所を暖かい場所に移動すると発酵が進む場合もあります。空気は温まると上に昇っていくので、その温度差を利用するのです。

低い場所よりも高い場所の方が暖かいですよ。

材料を間違いなく分量通りに入れているのであれば、発酵場所を暖かい場所に変えたり時間を長くする事で発酵が進むはずです。

それでもパンの膨らみが悪い場合は、パンのこね方に問題があるのかもしれません。

パンの発酵で膨らまない時は温度が関係している

パンの発酵は温度が大きく関係をしてきます。

それは発酵時の温度だけではなく、こねる時も重要です。

室内の温度が低かったり、自分の手が冷たいと感じる時は水をぬるま湯にかえてパンをこねるといいですよ。

またこね方にもポイントがあります。こねる時間が短かったり、こね方が足りないと発酵が上手くいかない場合もあります。

硬すぎず柔らかすぎず丁度良い生地の硬さがあります。それがわかるようになるとパンが上手く膨らむようになるでしょう。

また自宅で作る場合は発酵器がないので、オーブンの発酵機能を利用したり、暖かい場所に置いて発酵を促します。

発泡スチロールの箱に40度位のお湯を入れたボウルとパンの生地を入れたボウルを一緒に入れて発酵させたり、ストーブの前に置いておくという手もあります。

ポイントは暖かい所に置く事ですよ、寒い場所は発酵が進まないのでパンが膨らみにくくなります。

焼いた時パンが膨らまないのは、発酵のし過ぎが原因?

発酵の目安は大体、パンが二倍に膨らんだらOK!次の工程に進みます。

またフィンガーテストを行って、発酵具合を見極める方法も。

この場合、膨らんだパンに人差し指をゆっくりと押し入れます。抜いた時に指の形は残っているようなら発酵を終了してください。

抜いた指の形がすぐにパンに押し戻されて戻ってしまうような場合は、発酵が不十分だという事。もう少し発酵時間を延ばしてください。

指を入れたら風船の空気を抜いた時のように、パン全体がしぼんでしまったら・・・。

発酵しすぎの証拠です。

その後にパンを焼いてもイースト菌の臭いが強くなってしまったり、味に違いも出てきますし、この場合もやっぱりパンが上手く膨らみません。

発酵しないのもパンが膨らみませんが、発酵のし過ぎもパンが膨らまない原因の1つですよ。

こんな場合もパンの発酵が上手くいきません

発酵が上手くいかない時、こね方や発酵の温度などの他にも小麦粉に原因がある場合も。
小麦粉に含まれているタンパク質の量がパンの膨らみに関係している時、含量が100グラムあたり10グラム程度だと上手く膨らみません。

強力粉はタンパク質含量が100グラム当たり12グラム以上の物を使うようにしましょう。

またどうしてもタンパク質の含まれている量が少ない強力粉を使う場合は、自分のレシピよりも強力粉に書いてあるパッケージのレシピを参考にして作ってみると上手くいきますよ。

その他にもレシピ通りに材料をキチンと正確に計量する事も大切です。特にイーストの量は1グラムの違いでも膨らみ方が変わってきます。注意をして下さいね。

水はどんな水を使用していますか?

水道水よりも買った来た水の方がおいしいパンが作れるのでは?とアルカリイオン水を使用してしまった場合、水が発酵を抑えている事が考えられます。

水は分量をキチンと守って、水道水を使ってくださいね。

パンの材料を塩とイースト菌を一緒にしていませんか?

パンを膨らませるイースト菌は塩と一緒にしてはNGです。

これは塩に殺菌作用がある事が原因で、発酵が上手くいかなくなってしまうんです。

私が習ったパンの先生は小麦粉の上には塩と砂糖を真逆の位置に入れて、砂糖の方にイースト菌を入れるようにと言っていました。

イースト菌が上手く作用する状況を作る事も大切なんですよね~。

同じく冷たい水や冷たい場所はイースト菌が働きずらい状況に!冬場はぬるま湯を利用する、また熱い時期は発酵が進みやすくなってしまう為、逆に冷たい水を利用するなどの工夫も必要です。

また古いイースト菌を使うと発酵が進まない場合もあります。常に新しいものを使うように心がけるといいですよ。

パンを作るのには意外といろいろなコツやポイントがあります。

どうしてもうまくいかない時は、パン教室にいってプロのパン作りを参考にするといいですよ。

自分流との違いに気が付くはずです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ