生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

保育園のパートの育休について!育休するときに気をつける事

2017.11.20

保育園でパートで働いている方もいらっしゃいますよね?

保育園のパート勤務でも育休はとれるのでしょうか?また育休をとるときに気をつけることはあるのでしょうか?

育休をとったあとにまたパートとして働くことはできるのでしょうか?そんな保育園のパートの育休の制度などについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体や心が弱い新入社員にはどうする!?適切な対応とは

体や心が弱い新入社員がいますが、そんな時にはどう対応することが良いのでしょうか? 仕事によりス...

女性の職業で華やかなのは?華やかな職業まとめ!

女性が華やかで輝くことのできる職業はたくさんあります。そして、現に輝いて仕事をしている人を見ると憧れ...

上司の言葉遣いがきつい…。苦手な上司との付き合い方と対処法

上司のきつい言葉に心が折れそうな方はいませんか? 自分に非があるならまだしも、納得のいかないこ...

受付の仕事は楽しいの?経験者の体験談をご紹介します

綺麗でにこやかなイメージの強い受付嬢。そんな受付の仕事に憧れる女性も多いことかと思います。 受...

サラリーマンの仕事内容は?メリットについても紹介します!

サラリーマンの仕事内容・・・職種はたくさんあるようです。 では、サラリーマンの平均年収はどれく...

接客のバイトで辛い事とは?接客業の先輩に聞いた経験談

バイトの接客業で思いつくのは、主にコンビニや居酒屋など接客業が一般的です。 でも、接客業は土日...

会社のデスクトップとなる壁紙は何がいい?オススメを紹介

地味に自己アピールができるパソコンのデスクトップ!しかし、会社の壁紙を勝手に変えるのはよくない? ...

45歳で再就職を検討している。 就職に有利な資格

45歳で再就職をするのはとても難しい事になります。でも40代だから有利な資格もあります。 その...

お中元シ―ズンのバイトはかなり大変!その実態を教えます!

短期間のバイトとして人気のお中元関連のバイトですが、経験者によるとかなり大変だと言います。 お...

就活の特技や趣味、ピアノも立派なアピールになります!

就活の時の、趣味や特技、何を書けば有利なのか悩む方も多いでしょう。 楽器演奏が趣味という方も多...

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。 深夜だと防犯上の心配...

ピアノの調律師さんにお茶を出すのはいつ?対応の仕方

ピアノの調律師さんにお茶は出したほうがいい?出すタイミングとは? ピアノの調律をするときには、...

スーツにバッジや社章を付ける場合の付け方と位置

スーツや制服に社章やバッジをつける時に、どこに付けたらいいのか困ったことはありませんか? サラ...

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。 調律す...

スポンサーリンク

保育園のパートでも育休はとれる?

保育園などのパート勤務であっても育休というものは取れるのでしょうか?

育児休業法によると正社員であっても非正規社員であっても、条件を満たしている場合は育休を取れるように定められています。

この条件が気になる所ですよね。育休を取ることが出来ない場合はどんな時なのでしょうか?

今どんな契約で仕事をしていますか?契約の期間が決まっている場合は育児休暇を取ることはできません。

ですが、契約期間が決まっていないのであれば、育児休暇を取る権利があり会社も拒否することができません。

ただ注意が必要なのが、働き始めて1年未満の場合や、週に2日以下しか働いていないような場合は対象外になります。

就業規則をよく確認して育児休暇を取ることが出来るのか確認してみましょう。

保育園のパートが育休を取るときに気をつける事!

保育園などのパートで育休を取るときにはどのような事に注意すればいいのでしょうか?

労働基準法によって産休を取ることができるようになっていますが、いきなり申請されては会社も困ります。

妊娠が発覚したら、早めに出産の予定日やそれに伴って産休や育休を取るという事を伝えましょう。

また妊婦検診についても申請すれば休みをもらうことが出来ます。検診であいた時間の給料については会社によって異なるので確認してくださいね。

産後の休業については法律で取れることが決まっていますが、産前の休業や育児休業については申請する必要があります。

産前の休業は申請をすれば出産予定日の6週間前から取ることが出来ます。

育児休暇は申請の期間が休業を始める日から1か月前までと決まっています。なので産休と続けて取る場合は産休中に申請が必要です。

申請を忘れてしまったとしても1ヶ月後からの取得になってしまうので忘れないように十分注意しましょう!

育休後に保育園で働けるか心配…。パートでも働けます!

保育士として働いている場合妊娠したら、産休、育休をとってまた仕事に復帰するのは可能なのでしょうか?

クラスの担任を持っているときに妊娠が発覚したらとても迷惑をかけるのではないか?また、育休後に仕事と育児の両立が出来るのだろうか?など悩むこともあると思います。

ですが、理解してくれる施設は大変多くあります。また産後の復帰に不安を感じる場合はパートに移行し、短時間で働きながら両立できるのか様子を見るなどの方法もあります。

また、自分の働いている施設に自分の子供を通わせることが出来るような施設も多くあります。

女性が多く働いている場所なので、産休や育休に理解のあることが多いです。実際に育休を開けて働いているような先輩がいる施設では理解されやすいですし、困った時に話もしやすいものです。

理解のある施設ですと色々な方法を考えてくれると思うので産休、育休後も復帰し働くことはできますよ!

パートなどで育休をとると保育園を退園させられる?

育休を取ると保育園を退園させられるって聞いたことありますか?

下の子供を妊娠しお母さんが育児休暇を取ると上の子が退園させられることもあるのです。

0歳児、1歳児、2歳児のクラスの保育について簡単に考えられているのが大きな問題だと思います。

この学年のクラスには下の子供を妊娠するタイミングにあることも多く、毎月のように誰かが退園し、入園してくるという事があります。

仲良くなった子供が退園になってしまい、また新しい子供入園してくる…。新しく入園してきた子供はすぐに保育園になれるわけもなく、毎日のように泣くと思います。

その泣き声に在園している子供がどれだけ不安に感じるでしょうか?クラスの中が不安定で友達と一緒に育つ、集団生活というものがなくなっていると思います。

こんな環境の中では安心した良い環境での生活とは言えないのではないでしょうか?

1歳、2歳の子供は自我が育つ発達にとても重要な時期です。そんな大切な時期にこのような環境で育つのは良いこととはおもえません。

ただ問題なく生活できればいいという事ではなく子供の内面の成長に大きく影響があるという事をしっかり知っておく必要があるのではないでしょうか。

会社によってパートでも育休がとれるかが変わる

育休を取ることは法律上可能ですが、パートだと取りにくいということも良くあります。

会社に迷惑をかけるから、産後に子供を預けることが出来ないからなどという理由で退職をしてしまうことも多いと思います。

会社の制度がきちんとされていなくて育休を取ることができなくてもまた再雇用することを約束してくれる会社もあります。

出産後も会社と関りを持っていけるかは会社の理解度や自分の仕事のできなどにもよるのだと思います。

  • 妊娠が分かり育休を取ることは出来たけど会社の圧力に負けて退職した
  • 育休をとることは出来たけど、保育園の空きがなく退職することになった
  • 育休を取ることは出来なかったけど、会社に必ず戻してくれるという約束をし、一度退職出産後に再度復帰させてもらった

など会社によっていろいろなようです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ