生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

新聞の勧誘が悪質!上手な断り方や撃退法について!

2017.11.20

新聞の勧誘ってしつこいし悪質だったりしますよね。ぐいぐい来られると本当に困ってしまうものです。

そんな時にどのように対応したらいいのかと困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

新聞の悪質な勧誘にあった時の対処の仕方などをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

住民票のコピー、写し、原本は別物?その違いをご紹介します

何かの手続きをする際に、住民票が必要になることがありますよね。 その際に「住民票の原本」「住民...

しゃっくりを止める方法は耳に指を入れる!?その他もご紹介!

しゃっくりを止める方法というと、息を止めたり、水を飲んだりと様々な方法がありますよね。 ちなみ...

料理の盛り付けを勉強したい人必見!簡単にできる盛り付けのコツ

料理で大切なのはもちろん味ですが、それと同じくらい大切なのが「盛り付け」です。 盛り付けが良い...

運転が怖い!教習が嫌な時は苦手ポイントを克服してチャレンジを

車の免許を取るためには教習所に通う必要があります。でも、運転が怖い・教官が怖いなどの理由で、教習所に...

車のキーレスを紛失してしまったときの対処方法や必要費用

車の電子キーを紛失してしまったときには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、もう一度ゆっくり...

味噌汁の美味しい作り方を紹介!簡単に一人分が作れるのは味噌玉

味噌は体にいい食べ物なので、出来れば味噌汁は毎日食べたいものですね。 味噌汁を作ろうと思っても...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

フロントガラスの傷を磨き、直したい…その方法を紹介!

フロントガラスに傷が・・・ワイパーで傷がついたり、車の雪を落とす時に傷がついてしまった事はありません...

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。 買...

手取り20万円の給料で生活費を上手にやりくりするには!?

給料の手取りが20万円という一人暮らしの方は、十分余裕がある生活ができますね。 しかし、家庭を...

足のサイズを小さく見せる為に!今日から出来ることをご紹介

足のサイズが大きい人というのは、なんとか小さく見せたいと思いますよね。 足のサイズを小さく見せ...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!? このときにはどのように冷凍...

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員はいつからボーナスを貰うことができるのでしょうか? 4月に入社をして、ほとんどの企業は...

スポンサーリンク

新聞の悪質な勧誘は居留守が一番?

新聞の勧誘が来た時にどのように対応していますか?体験談をご紹介します。

隣の家の人が玄関先で大きな声で話しているのが聞こえたので、様子をうかがっていると新聞の勧誘を断っているようでした。

ある新聞会社の勧誘だったので、隣の奥さんは、うちは○○球団のファンだからオタクの新聞はとれない!っと言って断っていました。

そして次にうちのチャイムが鳴りました。今のやり取りを知っていたので、居留守を使いました。どんな場合でも居留守が一番トラブルになりにくいです。

知らずに開けてしまうこともありますよね。そんな時のために新聞会社によって断り方を用意しています。困らずに断ることが出来るのでしっかり考えて置くといいですよ。

新聞の勧誘に来る人は何件も回っているので、居留守や断られる事に慣れていると思います。相手の事はあまり深く考えないようにし、居留守をつかうなりの方法で帰すのが一番だと思っています。

新聞などの悪質な勧誘に遭わないために出来る事!

新聞の勧誘などしつこい勧誘って本当に困りますよね。どんな悪質な勧誘があるのでしょうか?

多くあるトラブルが、「勧誘に来た人が怖くて契約してしまった。」「しつこすぎて契約してしまった」です。

また契約するときに嘘をつかれるなんてことも…。「無料だから」「後でやめていいから」「金品をあげるから」などと新聞が入りだしてから騙されていたと気づくこともあります。

このようなトラブルに合わないために気をつける事は、玄関をすぐに開けない事です!

どんな勧誘でもそうですが、玄関をいきなり全開にするのはやめましょう。

まずはインターホンでよく確認することが大切です。ドアの覗き穴などからもしっかり確認しましょう。

そして、取るつもりのない新聞などの勧誘でしたらドアは開けずインターホンで断りましょう。

ドアを開ける場合はいきなり鍵を外してドアを開けるのではなく、チェーンをかけて開けるようにしましょう。

断ってもドアに足を挟んだり、暴言を吐くようでしたら迷わずに警察に連絡をしましょう。

悪質な新聞の勧誘はやめて!勧誘するなら勉強してきて!

新聞の勧誘の人はちゃんと勧誘するために勉強などしているのでしょうか?

ただ新聞取りませんか?ってきますよね。「今ならこれつけます。」とか、「これあげるんで」とか言ったりしますけど、営業ってそうではないと思うんです。

なんのために新聞を取りませんかと言っているのか、新聞を取ったことによるメリットをもっと説明するべきではないでしょうか?

今の時代インターネットでもニュースを見ることができます。それでも新聞をとる意味は何なのでしょうか?

それをしっかりと説明し、納得させるように営業するべきだと思います。

こんな話もあります。「ニュースはネットで見るので新聞はいりません」と断ったら、「インターネットのニュースなんて嘘だらけですよ」と勧誘の人が言いました。

ですが、そのネットニュースはその新聞会社のネットニュースだと答えたら、勧誘の人は何も言えずに帰ったそうです。

このように答えることもできないものを売り込むのはやめてほしいものです。勧誘に来るならしっかり勉強してからにしてください!

新聞の悪質な勧誘で契約してしまった時は?

悪質な勧誘が来て本当に困ってしまう事もあると思います。勧誘の人が怖くて断りきれない…。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

このような時にはとりあえず、3か月だけ契約をしましょう。そして帰った後、その日のうちにクーリングオフしてしまいましょう。

クーリングオフは契約から一定期間の間、消費者の都合で契約を無条件で解約できるというものです。特定商取引法と言うもので定められているので、契約しても一方的に解約することが出来るのです。

クーリングオフの方法は、契約をした会社に電話をかけ事情を説明し、クーリングオフで解約したいと伝えましょう。

良心的な会社ならこれで解約することが出来ますが、悪質な場合は口約束は証拠にならないと考えますので、解約にならない事もあります。

そのような事もあるので必ず書面で残すことが大切です。すぐに解約できればいいのですが、大きな問題に発展してしまった時には、すぐに国民生活センターの相談窓口に相談しましょう!

悪質な新聞の勧誘の断り方について!

新聞の勧誘をどのように断るのが一番いいのでしょうか?

相手が切り返せないように取れない理由を嘘でも良いので言うのがいいのが一番です。

勧誘に来る人はこのように断ってくるだろうなということをある程度想定してきます。なので、よくあることを言っても切り返してくる可能性があります。

なので、マニュアルにはないような突拍子もないことを言うのもおすすめです。「遺言で新聞は取ったらだめだと言われています」などは確認のしようもないですし、なんて切り返したらいいのか困ると思います。

どんな断り方をするにしても、契約しませんという意思をしっかりと見せることが重要ですよ!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ