生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

新聞の勧誘が悪質!上手な断り方や撃退法について!

2017.11.20

新聞の勧誘ってしつこいし悪質だったりしますよね。ぐいぐい来られると本当に困ってしまうものです。

そんな時にどのように対応したらいいのかと困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

新聞の悪質な勧誘にあった時の対処の仕方などをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

重曹の食用はどこの売り場で購入できる?重曹の特長も紹介!

お菓子作りをしたくて重曹を探しているけど・・・食用の重曹はどこの売り場にあるのでしょうか? どんな...

黒い車に洗車傷をつけないようにするには?洗車のコツをお教えします

黒い車は洗車の傷さえも目立つ!? ピカピカの車を保つための洗車のコツは?洗車傷がついた時の対処...

箸のマナー、 箸を持つのはいただきますの後か先か

よくお箸を手に挟み、「いただきます」をしている光景を見かけますよね。 一見礼儀正しいようにみえ...

車のテレビの電波良くする方法をご紹介します!

テレビが付いている車、最近よく見かけるようになりましたよね。子供が車に乗る時などはテレビが付いている...

オリジナルの服が作れる!プリントは家庭用アイロンでOK!

自分が考えたデザインで実際にTシャツなどの服が作れたら楽しいですよね。 それを簡単に実現できる...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

夫の小遣いが8万!多いのか少ないのかは年収次第・・・

夫には毎月お小遣いを渡しています、という家庭は多いといいます。 みんなはどのくらいもらっている...

ガスコンロの火がつかない朝は大変だ!火がつかない原因を探る

朝は朝食やお弁当の準備に大忙し!当然ガスコンロをフル稼働して料理をしますが、突然火がつかないとなると...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

源泉徴収票には退職日が記載されているので嘘がバレます!

転職回数が多い人や無職の期間が長い人は職歴を誤魔化したいと思うこともあるでしょう。 履歴書に職...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

ベランダにいる赤いダニを退治しよう!駆除方法について!

よくベランダに発生する赤い小さい虫って小さいけどたくさんいるし気持ち悪いですよね。 この赤い虫...

水草が枯れる原因はナゼ?正しく対処し、魚が住みやすい環境を

水草は水槽内をキレイに見せてくれる役目をしてくれる他、光合成で酸素を出してくれたなど、無くてはならな...

スポンサーリンク

新聞の悪質な勧誘は居留守が一番?

新聞の勧誘が来た時にどのように対応していますか?体験談をご紹介します。

隣の家の人が玄関先で大きな声で話しているのが聞こえたので、様子をうかがっていると新聞の勧誘を断っているようでした。

ある新聞会社の勧誘だったので、隣の奥さんは、うちは○○球団のファンだからオタクの新聞はとれない!っと言って断っていました。

そして次にうちのチャイムが鳴りました。今のやり取りを知っていたので、居留守を使いました。どんな場合でも居留守が一番トラブルになりにくいです。

知らずに開けてしまうこともありますよね。そんな時のために新聞会社によって断り方を用意しています。困らずに断ることが出来るのでしっかり考えて置くといいですよ。

新聞の勧誘に来る人は何件も回っているので、居留守や断られる事に慣れていると思います。相手の事はあまり深く考えないようにし、居留守をつかうなりの方法で帰すのが一番だと思っています。

新聞などの悪質な勧誘に遭わないために出来る事!

新聞の勧誘などしつこい勧誘って本当に困りますよね。どんな悪質な勧誘があるのでしょうか?

多くあるトラブルが、「勧誘に来た人が怖くて契約してしまった。」「しつこすぎて契約してしまった」です。

また契約するときに嘘をつかれるなんてことも…。「無料だから」「後でやめていいから」「金品をあげるから」などと新聞が入りだしてから騙されていたと気づくこともあります。

このようなトラブルに合わないために気をつける事は、玄関をすぐに開けない事です!

どんな勧誘でもそうですが、玄関をいきなり全開にするのはやめましょう。

まずはインターホンでよく確認することが大切です。ドアの覗き穴などからもしっかり確認しましょう。

そして、取るつもりのない新聞などの勧誘でしたらドアは開けずインターホンで断りましょう。

ドアを開ける場合はいきなり鍵を外してドアを開けるのではなく、チェーンをかけて開けるようにしましょう。

断ってもドアに足を挟んだり、暴言を吐くようでしたら迷わずに警察に連絡をしましょう。

悪質な新聞の勧誘はやめて!勧誘するなら勉強してきて!

新聞の勧誘の人はちゃんと勧誘するために勉強などしているのでしょうか?

ただ新聞取りませんか?ってきますよね。「今ならこれつけます。」とか、「これあげるんで」とか言ったりしますけど、営業ってそうではないと思うんです。

なんのために新聞を取りませんかと言っているのか、新聞を取ったことによるメリットをもっと説明するべきではないでしょうか?

今の時代インターネットでもニュースを見ることができます。それでも新聞をとる意味は何なのでしょうか?

それをしっかりと説明し、納得させるように営業するべきだと思います。

こんな話もあります。「ニュースはネットで見るので新聞はいりません」と断ったら、「インターネットのニュースなんて嘘だらけですよ」と勧誘の人が言いました。

ですが、そのネットニュースはその新聞会社のネットニュースだと答えたら、勧誘の人は何も言えずに帰ったそうです。

このように答えることもできないものを売り込むのはやめてほしいものです。勧誘に来るならしっかり勉強してからにしてください!

新聞の悪質な勧誘で契約してしまった時は?

悪質な勧誘が来て本当に困ってしまう事もあると思います。勧誘の人が怖くて断りきれない…。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

このような時にはとりあえず、3か月だけ契約をしましょう。そして帰った後、その日のうちにクーリングオフしてしまいましょう。

クーリングオフは契約から一定期間の間、消費者の都合で契約を無条件で解約できるというものです。特定商取引法と言うもので定められているので、契約しても一方的に解約することが出来るのです。

クーリングオフの方法は、契約をした会社に電話をかけ事情を説明し、クーリングオフで解約したいと伝えましょう。

良心的な会社ならこれで解約することが出来ますが、悪質な場合は口約束は証拠にならないと考えますので、解約にならない事もあります。

そのような事もあるので必ず書面で残すことが大切です。すぐに解約できればいいのですが、大きな問題に発展してしまった時には、すぐに国民生活センターの相談窓口に相談しましょう!

悪質な新聞の勧誘の断り方について!

新聞の勧誘をどのように断るのが一番いいのでしょうか?

相手が切り返せないように取れない理由を嘘でも良いので言うのがいいのが一番です。

勧誘に来る人はこのように断ってくるだろうなということをある程度想定してきます。なので、よくあることを言っても切り返してくる可能性があります。

なので、マニュアルにはないような突拍子もないことを言うのもおすすめです。「遺言で新聞は取ったらだめだと言われています」などは確認のしようもないですし、なんて切り返したらいいのか困ると思います。

どんな断り方をするにしても、契約しませんという意思をしっかりと見せることが重要ですよ!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ