生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

料理を失敗したら捨てる?でも実際に捨てちゃう人は少数派!

2017.11.20

私もつくり慣れた料理でも失敗する時がありますし、新しい料理に挑戦した時も大失敗する事が良くあります。

それを失敗したから捨てるのか?というと、私の場合はとりあえず捨てずに何とかして食卓に出します。

やっぱり食材がもったいなく感じてしまうんですよね。

そこで、できるだけ捨てずに食べる救済方法など失敗料理のお話をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

クッキーを食べるなら手作りでカロリー控えめレシピ

クッキーはバターが香り、サクサクと美味しくて、よく口にすることが多いお菓子だと思います。 しか...

オリジナルの服が作れる!プリントは家庭用アイロンでOK!

自分が考えたデザインで実際にTシャツなどの服が作れたら楽しいですよね。 それを簡単に実現できる...

車のサイドミラーの合わせ方!見え方や運転姿勢について

車を運転するときに見るサイドミラーやルームミラー。しっかり調整して見たい場所を見る事が出来ていますか...

車のフロントなどの雪かきはどうやる?傷つけたくない方必見です

雪が車に積もると、車の雪下ろしが必要ですよね。 フロントの雪かきは、氷を無理に取ろうとすると傷...

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。 でもこれってさびの原因にならないのか...

電子レンジでご飯が固くなる理由はコレだ!美味しく温める方法

電子レンジでご飯を温めて少し冷め始めると固くなる経験をしたことはありませんか? 冷凍ご飯を電子...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

靴の革を簡単に柔らかくする事ができる方法をご紹介します

靴の革って硬い場合ありますよね・・・。そんな時自然に柔らかくなるまで待っていませんか? 実は簡...

エンジンの寿命は走行距離で決まる?車の寿命を延ばす方法

車は走行距離が何キロになったらエンジンの寿命となるのでしょうか?よく聞くのが走行距離が10万キロを超...

ステーキの焼き方の新常識!冷凍ステーキ肉は解凍せずに焼く

あなたはステーキの焼き方の新常識を知っていますか?今までは冷凍したステーキ肉は解凍してから焼くのが常...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

部屋のカビの消臭方法は○○を使うと解決!

部屋のカビ対策はこまめに換気することが大切です。カビの予防策はマメな掃除になります。 部屋の嫌...

雨で洗車をする意味とメリットや運転を快適にするには

雨が降っていると洗車をするのも面倒になってしまいませんか? では、雨の日の洗車って意味があるの...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

スポンサーリンク

せっかく作った料理が失敗!捨てる前に一度試したい方法!

料理がしょっぱすぎ!となった場合

味見をして、塩辛くなりすぎてしまう事は良くありますよね。そんな時は炒め物の場合は、水を足して煮物風に切り替えましょう。また、味を分散させるために食材を追加投入すると良いです。

料理の味付けが薄くて物足りない時

この間、ドリアを作ったときにホワイトソースに味をつける事を忘れてしまい、一口食べてあれ?薄い?となりました。

その時は塩を足すだけで劇的に美味しくなりました。

またチャーハンを作った時も味が薄くなりました。その時は味の素を振りかけてみるととても美味しかったです。

味が濃い時は薄めて伸ばす、味が薄い時には調味料を足すなどで、料理を失敗したとしても何とか食べられる状態まで持っていきましょう。

料理を失敗してもなんとか捨てる事を回避したい!

シンプルな野菜炒めを失敗して塩辛くなりすぎてしまった時はどうする?

そんな時は、野菜と水を足して少し煮込み、片栗粉を流してあんかけにしてしまいます。作る量を増やせば自然と味も分散され、塩辛さも薄まります。

余ったっていいじゃない、冷蔵庫へ入れておけば次の日も食べる事ができますから。

作ったスープがしょっぱくなりすぎた時はどうする?

こんな時、ついつい水を入れて伸ばしたくなりますよね。
まあ、それも多少なら良いですが足しすぎるとコクも失われてしまいます。

ですからおすすめなのは、水分を増やすのではなく材料を増やすという方法です。

例えばミルクベースのポタージュの場合は、牛乳を足すよりも薄くスライスして煮込んだ玉ねぎを加えてあげると栄養もコクも失われることがなく相性が良いのでお勧めです。

またシンプルなオニオンスープなら、材料を追加してミネストローネに変更します。
小さくカットしたキャベツやニンジン、マカロニなどを追加してケチャップやトマトジュースでトマト味に切り替えるのも良いでしょう。

料理を失敗しても捨てるのはいや!もったいない精神を発動しよう

料理が上手な人って本当に尊敬します。料理ってセンスが必要ですよね?
味も大事ですが料理のセンスがある人は盛り付けとか、献立を考えるのも上手ですよね。

私が失敗しないで作れる料理と言えばしゃぶしゃぶくらいです。
なので失敗する事がすごくたくさんあります。

その中でも焦げすぎた場合には捨てる事があります。焦げついた味や匂いは何をしてもカバーする事が出来ないんですよね。

焦げついていない時には、何とか奮闘します。前にクリームコロッケを失敗したことがあります。
レシピにはしっかり冷やせば成型できると書いてありましたが、私の場合冷やしてもとろとろのままで全然形にならなく悔しい思いをしました。

そのまま捨てようかとも思いましたが、もったいないという思いが強く茹でたマカロニを足して伸ばしてグラタンに変更しました。

クリームコロッケの形にはならなかったけれど味は問題なかった事が唯一の救いです。

こだわり?おうちゃく?料理で起きた失敗体験とは

こだわりのカレーライスを作ろうとして失敗

カレーってその家の味と言いますか、個性が出るのもですよね?
カレーの肉は決まっていて隠し味には何を入れるとか、こだわりがあると思います。
私も自分ならではのカレーにしようと思い、ベースにスープなどを使って上手くいったと思い食べてみると、やたら塩辛い時がありました。

量を増やして伸ばそうと思ってももうカレーのルーはないし、辛いまま食べるかスープカレーのような状態になるか迫られた時がありました。

こだわりすぎて失敗する事、意外と多いんですよね。

思っていた料理と違う・・・となることもある

前お店で食べたトマトスープのパスタが美味しくて再現しようと挑戦したけどなんか違う。思った味にならなくてがっかりする事があります。旦那は十分美味しいよと言っていたけれど自分の中では納得できませんでした。

面倒くさがりの私が原因で失敗

ホワイトソースにとろみが足りなくて、そのまま小麦粉を足したら溶け込まずにダマになって味も食感も台無しになったことがあります。料理は手順を守るべきものだと実感しました。

料理の失敗を救ってくれる最強アイテムはマヨネーズだった?

マヨネーズって何にでも合うものなんです!
前に塩辛くなりすぎて、食べれないなとあきらめてたカレーに、試しに掛けてみました。
するとあら不思議、すごくまろやかになって塩辛かったカレーが美味しく食べる事が出来ました。

また焼きそばも同じく、塩コショウがドバっと出てしまい辛くなってしまいましたがマヨネーズで中和され間食できたことも。

料理で失敗した!と思う時は焦げてしまった時やしょっぱくなりすぎてしまった時に思いませんか?

味が薄い分には足せば何とかなるので、あまり失敗した!とは感じないものです。
マヨネーズは相性が良い料理が多いので、味付けが濃くなりすぎてしまった時には大活躍する調味料の一つなのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ