生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

婦人科の内診ってどんなもの?未経験者に伝えたい内診の必要性!

2017.9.8

婦人科の内診をしたことがない!未経験だという方に向けた情報をご紹介していきます!

婦人科の内診とはどんなもの?どんな時に婦人科に行くの?婦人科に行った事がない人はわからない事だらけですよね!

しかし、内診ってとっても大事!大事な理由や必要性内診でどんな事が解かるのかをご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ランニングで毎日10km走ると、あなたの体はこんなに変わる!

健康のため、ダイエットのため、ランニングを始めたいと思っていませんか? ランニングの習慣がある...

エクステで編み込みしたあとの取り方が知りたい!

エクステは様々なヘアスタイルを気軽に楽しめる、オシャレ女子の必須アイテム。 でも、複雑な編み込...

dv加害者の職業の関係性、dvを起こす人の特徴とは

dvは身体的に受ける暴力だけではありません。そしてごく一部で起きていると思われがちですがごく普通の家...

朝体重が減らない原因!睡眠や水分が不足すると減らない可能性が

朝は一番体重が減っているものですが、起きた時に体重を測っても減っていないこともあります。ダイエット中...

コーヒーアレルギーでくしゃみが止まらない?徹底解説!

アレルギーというと卵や小麦粉、そばなどが有名ですが、コーヒーがアレルギーの原因になるということがわか...

男性フェロモンに匂いはあるの?女性が惹かれる匂いとは

よく聞く「フェロモン」、聞いたことはあるけど、実際どんなものなのか説明できる人は少ないのではないでし...

成長ホルモンの分泌には、ツボ刺激が効果的!

成長ホルモンの分泌を促すには、ツボを刺激するのが効果的です。 ツボは、耳や腰、足の裏などさまざ...

ジョギングを30分する効果!脂肪燃焼やダイエットの効果がある

元気で健康的な体を維持したい・蓄積された脂肪をどうにかしたいと思ったら、ジョギングを取り入れてみまし...

今さら聞けないワックスやスプレーの違いをお教えします!

ワックスやスプレーは今はスタイリングに欠かせないものになりましたよね。でも使い方や特徴の違いって意外...

運動の効果は体だけではなく精神にもよい影響を与えます!

あなたが運動をするのは、どんな効果を求めたり期待したりしますか?健康のため?ダイエットのため?ストレ...

風邪をひいても病院に行かないで治す!自宅での安静が重要!

大人になると風邪をひいても症状によって病院へは行かない、という人多いですよね。 早く風邪を治し...

生理がこないのに検査薬は陰性!2週間生理がこないのは病気かも

生理がこないから妊娠検査薬で検査したけど結果は陰性!これってどうして? 2週間も生理が遅れてい...

体重が増えた!戻らないからと言って焦ってはいけない

体重が増えた!食事や運動に気をつけてもなかなか戻らない! 焦りますよね? ダイエット中ならなおの...

ヨーグルトで腸活!自家製ヨーグルトの健康効果

キレイな腸を目指すには発酵食品を積極的に摂りたいですよね。 発酵食品の代表のヨーグルト、買って...

色白や色黒は遺伝するのでしょうか・・・肌対策はお早めに!

色白さんは色黒さんが羨ましい?色黒さんは色白さんが羨ましい? 肌の色は遺伝なの?努力次第で白く...

スポンサーリンク

婦人科の内診が未経験!内診ってどんなもの?

産婦人科で内診をした事のある人はわかりますが、あまり好きな人はいない事でしょう。

内診に初めて行くという方はドキドキものですよね!どんな人でも婦人科は緊張してしまうところ。
経験者の話を聞くと、痛かったことや血が出たという話は聞いたことはありませんか?

そんなことを聞くとますます婦人科に行きたくない!しかし、検診はとっても大事!

数分間だけ我慢し、検査をしっかりしてもらいましょう。その検診で大きな病気を見つけることが出来たり、病気を取り除くことができます。

子宮頸がんは自覚症状が出た時は癌が進行していることが多いので、本当に定期的な検診は必要になってきます。
子宮頸がんの発症年齢は20代~30代にかけて。

働き盛りの良い年齢の時に…と思いますが、子宮頸がんを予防するためには、検診が必要不可欠なのです。

婦人科の内診が未経験の人に!内診が大事な理由とは?

婦人科の内診は「嫌!」という人が多いです。
痛みを感じるという声は結構聞きます。中には内診で出血をしてしまうというものも。

しかし、それは仕方のないことなんです。
内診が必要な事には理由があって、婦人科にかかっているのだから少しは我慢しないといけないのです。

婦人科の内診は検査内容によって膣内に器具を入れることがあります。
それは粘膜の細胞を検査するために粘膜を少し採取する必要がある為です。
この検査で膣の状態やおりものの状態、子宮内の様子や他の臓器との関係などを調べることができます。

そして、妊娠すると内診はとても必要な診察です。
最近だと、若い女性の性感染症が増えています。クラミジア感染症は自覚症状が無いです。体の構造上、女性は男性に比べて性感染症にかかりやすいです。

おりもののニオイや色に異変を感じる・痒みや痛みがある場合はすぐに婦人科で診てもらいましょう。

そして、性交渉を一度でも経験があれば、年に1回は検査を受けましょう。

婦人科未経験!内診を初めて受ける人は、病院選びも大事!

ただでさえ緊張してしまう婦人科の内診。内診未経験の人は、待合室で自分の番が来るのを緊張しながら待っているという方はたくさんいます。

もちろん病院側もそんなことはわかっています。
だから少しで気持ちが楽になる様に工夫している病院はたくさんあるんですよ!

病院内で流れるBGMはリラックス効果のある音楽を流している。待合室のソファはゆったり座れる大きなソファを置いている。病院内に置いている雑誌は豊富に取り揃え、常に最新な状態である。
大画面のテレビを置いているので、どの待合室のどの位置に座っていてもテレビを鑑賞できる。

患者さんがリラックスできるようにと、配慮してくれている病院はたくさんあるので、そういった面から病院選びをしてみるのもいいかもしれませんね!

人に聞いたり、病院のホームページをご覧になるといいかもしれません。
内診はとっても嫌だけど、この病院の雰囲気が好きで婦人科にかかるならこの病院!という口コミがたくさん見つかるはずです。

初めての内診…。女性の医師じゃないと”ダメ”という人もいる!

婦人科の先生は男性の医師だけではありません。最近だと女性の医師もどんどん増えてきているのです。
婦人科にくる患者さんはもちろん女性の患者さんです。
女性の医師だからこそ、わかってくれるものがありますよね!

しかし、女性の体をわかっている女性医師だからこそ、診察が少々荒い、雑、痛いなどデメリットも聞きます。
しかし男性じゃないから、抵抗感や、羞恥心は少し和らぐというメリットもあります。

患者さんの中には、女性の医師じゃないとダメ!という方も中にはいます。
そういう人は、婦人科にかかる時に女性の医師が病院にいるのか確認してから病院に行くことをおススメします。

そして、婦人科にかかると内診は必ずある!という気持ちでいてください。
しかし、経口避妊薬を処方する時は10数年前まで内診は必ず必要だったのですが、今は法律が変わって経口避妊薬を処方する時の内診は「任意」になりました。

全ての婦人科で任意ということではないので、経口避妊薬の処方に関して、内診があるのかないのかは、病院に確認をとってみてください。

女性なら知っておこう!産科と婦人科と産婦人科の違い!

婦人科とは?
女性の生殖器の病気や検査、不妊治療や生理不順の原因など、女性の体のトラブルを調べる医療機関。

産科とは?
妊娠、出産、産後の経過など子供の出産に関する事を扱っている医療機関。

産婦人科とは?
産科と婦人科を両方を診療する医療機関の事です。

病院は、産科だけの所があったり、婦人科だけの所があったりします。

どちらを診断すればいいのかわからないという時は希望の病院に電話をして、症状を伝えて診察出来るのか聞くのが一番いい方法なのだと思います。

今回は婦人科の内診についてご紹介してきました!内診が初めてという未経験者はやっぱり緊張してしまいます。

でも恥ずかしいのは最初だけ!
診察してる先生はたくさんの女性を診断してきたのだから、いちいち覚えているわけがありません!

毎回の内診で痛みは感じてしまうかもしれませんが、羞恥心は2回3回内診をしてしまえば正直、慣れてしまいます。
内診をする時は、深呼吸してリラックスしましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ