生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

箸のマナー、 箸を持つのはいただきますの後か先か

2017.11.20

よくお箸を手に挟み、「いただきます」をしている光景を見かけますよね。

一見礼儀正しいようにみえますが、じつはこれマナー違反だって知っていますか?

「いただきます」の正しいマナーや、正しい箸の持ち方、使い方なども併せて紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

車のコーティング前には脱脂するのがおすすめです!

車にいろいろな油分が付いてしまったままコーティングすると、うまく定着しないと言われています。 ...

ベランダにいる赤いダニを退治しよう!駆除方法について!

よくベランダに発生する赤い小さい虫って小さいけどたくさんいるし気持ち悪いですよね。 この赤い虫...

バイクの速度が出ない!?そんな時は自分でも点検してみよう

バイクの速度に変化を感じる。今までよりも速度が出ない!? そんな時に考えられる原因を考えてみま...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

ガスコンロの掃除はやっぱり分解掃除が一番綺麗になる!

ガスコンロで色々な調理をしますよね。コンロで色々な物を調理していると、油やソーススープなどが飛び散っ...

車のキーレスを紛失してしまったときの対処方法や必要費用

車の電子キーを紛失してしまったときには、どうしたらいいのでしょうか? まずは、もう一度ゆっくり...

煮物を冷凍してお弁当に使おう!注意するポイントを教えます

時間のない朝のお弁当作りって大変ですよね。ゆっくりメニューを考えてなんて余裕もありません。 そ...

簡単で美味しいスープレシピをご紹介!夜食としてもおすすめ

簡単で美味しいスープレシピを知っていると、いざというときに役立ちます! 夜食によし、朝によし、...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

ガトーショコラは濃厚しっとりが定番!ガトーショコラについて

子供も大人もみんな大好きガトーショコラ!ガトーショコラとはフランス語で”チョコレートケーキ”の事を指...

精神障害者手帳の申請が通らない!申請に必要な条件と対象の疾患

精神疾患で通院をしている時、精神障害の方の自立や坂井参加を促す目的で発行される精神障害者手帳。 ...

大学の退学理由や書き方など退学届の手続きの仕方はコレ

大学を退学するときに退学届というものを出した方が、社会人になったときののためにも良いそうです。 ...

スポンサーリンク

間違えていない?いただきますの時の正しい箸のマナーとは!

みなさんはちゃんと食事の時に「いただきます」「ごちそうさま」を言っていますか?
日本では食事の前と後に、手をあわせて挨拶をする習慣がありますね。

西洋では、「アーメン」と言いながらキリストにむかって祈りをささげているのと同じことになります。

住んでいる地域はまったく違っても同じような習慣はあるのですね。
「おかげ様で、今日も食事をとることが出来ます。ありがとうございます」という感謝の気持ちを表しています。

「いただきます」をする時に、箸を手にはさんだまま両手を合わせていませんか?
よく見かけるこのしぐさ、実はこれはマナー違反なんです。

この使い方は、仏教の中で仏様に献上するときの箸の使い方なんだそうです。縁起が悪いとされていますので気を付けましょう。
箸はおいたまま両手を合わせるのが正しいマナーです。

箸を持つマナーはいただきますをしてから

色んなマナーがありますが和食をいただく際のマナーで基本になっているのが、日本を代表する懐石料理です。
懐石料理には、いただく側はもちろん提供する側にも厳しいマナーがあるって知っていましたか?
懐石料理には箸置きがありません。なくてもお膳に乗せてきますのでお膳に直で置いています。
この場合は先に箸を持たずに、いただきますをしてからお箸をとるのがマナーとなっています。

人が集まって会食をする修行僧などは、袋に入れた自分の食器を持参してみんなで使う卓の上に置きます。箸置きが無いかぎり、箸を置く場所はない状態です。
なので、手に挟んだままいただきますをします。

現在の一般家庭では、箸たてから箸をとりいただきますをするのでテーブルに置きたくないときは手に持ったままでもいいとされています。
ですが外食などで箸置きに箸がのせてある場合には、手に持つことはマナー違反になってしまいます。

正しい箸の使い方やマナーを紹介します。いただきますの後にとるのは?

みなさんは箸を正しく使えていますか?料理教室をされている先生にお話を聞いてみました。

まずは、正しい箸の持ち方を紹介します。
2本ある箸のうち手前の1本はほぼ動かしません。もう一本の箸を親指が当たっているところを軸として人差し指・中指を使って上手に動かします。
こうした正しい持ち方をすることで、小さなものから大きなものまで器用に挟むことが出来ます。

お料理教室でいつも言っていることなんですが、「いただきます」を言った後はお箸を取っていませんか?またはお箸を持ったまま言っていませんか?
「いただきます」のあとに最初にとるのは器なんですよ。
右利きの人なら左の手で器を持ち、お箸を取ります。箸の先は左中指に挟み込むようにしてからお箸を持ち直してください。戻す時はお箸を先においてくださいね。

家庭での場面をみてみましょう。大皿に盛られた料理が出ると思いますが、その際は取る用の箸と各自の取り皿を用意して下さい。
大事な子供たちはやがて社会へと出ていきます。その時に恥をかかないように家庭でもしっかりとしたマナーを身に着けておきたいものです。

割り箸にもマナーがあるって知っていますか?

お箸のとり方や持ち方のマナーはみなさん知っていると思いますが、割りばしの使い方にもマナーがあるのをご存知ですか?
高級料理店などでは割りばしが登場することはほとんどありませんが、食堂や定食屋さんなどちょっとしたお店なら割りばしが提供されることが多いですよね。
割りばしは色んなシーンで使うことも多いので、マナーを知っておくといいでしょう。

大事なのは、割りばしを割る場所と向きなんです。
割る場所は膝の上で、向きは上下に向けて割ります。よく左右に引っ張て割る人を見かけますがマナー違反なんですよ。
割ったあと、割りばしについているササクレのような木の屑が気になってこすり合わせる人もいますよね。
一見きれい好きのようにもみえますが、あれもやってはいけません。気になるようでしたら手で取ってください。

知っていますか?お箸のマナー

お箸のマナーを詳しくみてみましょう。

突き箸・刺し箸

出てきた料理に箸を付き刺して食べるのはマナー違反です。
箸でつかみにくい時によく見る光景ですが、見た目も美しくありませんね。

返し箸・逆さ箸

大皿料理をとる時に、箸を反対にして持っているほうで料理をとるのはマナー違反です。持っていたところで料理をとるのも衛生的によくありません。
「取り箸」を用意しましょう。「取り箸」がないからといって「直箸」もマナー違反になります。
家庭の中でなら許される範囲かもしれませんが、同席している人に不快感を与えてしまいますので、「取り箸」をお願いしましょう。

仏箸(ほとけばし)・立て箸

亡くなった方の枕元に、茶碗によそわれたご飯にお箸が立てられています。
縁起がよくないとされていますのでやめましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ