生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

小学生の算数で勉強する「時計」の単元って結構むずかしい!

2017.9.13

小学生の算数で勉強する「時計」の単元。
この「時計」の勉強って、子供にとっては、つまづきやすいんですよね。

1年生でさらっと触れますが、本格的に勉強として時計を始めるのは、2年生になってからです。

2年生で時間の仕組みを理解できないと、3年生で学習する午前と午後をまたいだ時間の計算で、つまづきが出るかもしれません。

時計は「生活習慣」で「時刻」を意識できるように声掛けしてあげてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校生の勉強方法に親が口出しはNG?子どもとの接し方について

高校生になると、親が勉強に口出しをしてもいいのか気になるところ・・・。 将来のことを考えると口...

離乳食期のミルクの減らし方は?離乳食期で迷った時のガイド!

離乳食が始まったらミルクの減らし方に、てこずってしまうお母さんはたくさんいます。 離乳食が足り...

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出・抱っこ紐なしでの外出は危険かも

赤ちゃんが生後1ヶ月くらいになるとママと一緒に外出できるようになります。それまではずっとお家の中で過...

子ども会の夏祭りのイベントはこうしよう!ヒントが盛沢山!

子ども会での夏祭りやイベントを楽しみにしている子供達は大勢いるでしょう。 楽しいゲームや景品な...

幼稚園バスの1番のデメリットとは?バス利用に迷った時の最善策

子供を幼稚園に通わせるのに、バス通園か徒歩通園に悩むママも多いのではないでしょうか? そんな時...

自転車のブレーキ調整は大切!特に子供は自分で判断できない

定期的に子供の自転車の点検やブレーキ調整はしていますか? 大人は自転車に乗ってブレーキをかける...

子供の性別の判明に関するをご紹介!マタニティママさん必見!

子供の性別を知りたい!というママさんパパさんは多いと思います! そして最近では超音波検査の精度...

幼稚園の年中さんが喜ぶ手作り工作を紹介!

幼稚園に通っている年中さんは、だいぶ手先も器用になり表現力も豊かになってくる頃ですよね。 我が...

離乳食を朝食に出しても食べない時のアドバイス!

離乳食が始まるとママもいろいろな悩みが出ます。時期に合わせた食材や調理法。 大人とは別メニュー...

子供に習わせたい音楽教室!男女別人気のある習い事

お子様に習い事をさせたいと思った時に、親もいろいろと悩みますよね。 まわりのお友達の口コミを聞...

高校の修学旅行にお小遣いはいくら必要?使い道や金額について

子供が高校の修学旅行に行くことになったら、お小遣いはいくら持たせるか親としては迷いますよね。 ...

生後4ヶ月の赤ちゃん・睡眠時間が少ない時の原因と対処法

赤ちゃんが誕生してすくすくと成長していたのに、生後4ヶ月頃になるとなかなか寝ずに睡眠時間が少ないので...

人と犬との暮らし。子供が受けるプラスの影響と犬との接し方

人と犬は大昔から生活を共にして生きてきた歴史があります。 その優しさと、人の気持ちを察する能力...

子供が友達とゲームで遊ぶ時に注意すべきポイント!

ゲームで遊ぶ子供が多くなっていますが、親にとっては勉強してくれないなどの悩みもあるのではないでしょう...

保育園の先生と合わない…そんな時にあなたができること!

人間関係ってそううまくはいかないもの。子供の保育園の先生との相性がイマイチ、と感じるママも多いのでは...

スポンサーリンク

小学生の算数で勉強する「時計」子供にとっては難しいんです

小学校の2年生で、時計の勉強を詳しくしますよね。

「時計」と言っても、短針は「時」を表し、長針は「分」を表す「時刻」の勉強から、「9時20分から30分進むと何時何分になりますか?」の「時間」の計算まで色々あります。

また「1時間は60分」「1分は60秒」の解釈も子供にとっては難しいようです。

私も、子供と一緒に時計の勉強をしている時に「1なのに60ってどう言うこと?」と聞かれ答えられず、説明できなくて苦しい思いをしました。

まず始めは、生活の中で教えることが一番だと思います。
例えば朝起きるのは「6時」
長い針が「12」短い針が「6」をさしたら「6時」と言うところから始めましょう。

時計を読めるようになってから、理屈を教える方がすんなりと覚えられるでしょう。

時計の勉強は、生活の中で積み重ねることが、一番の勉強になると思います。

インテリアを気にせずに、リビングに大きめのアナログ時計を掛け「時間」を意識しながら生活するようにしましょう。

小学生の算数で勉強する「時計」は実際に時計を使って勉強しよう!

時計の教材もありますが、アナログ式の目覚まし時計を回しながら勉強すると、イメージしやすいと思います。

子供は時間を意識しながら生活したりしません。

ですから、「あと15分でお出掛けするから、準備してね」なんて声を掛けても無駄なんですよね。

そもそも、15分がどの位なのかをわかっていないのですから。
時間の感覚が目に見えて流れるようなものだといいのですが、そうではないので時計で計るんですよね。
その当りが意識できればまた、時間の勉強への取り組み方も変わってくるかもしれません。

まずは「時刻」がわからなければ「時間」を理解することは難しいでしょう。

2年生で「時間」について、完璧に理解していないと、3年生に進級した時に勉強する24時間単位での計算や、時間同士の足し算引き算の勉強で、引っ掛かることになってしまいます。

小学生の算数で行う時計の勉強は生活の中で意識するように声掛けをしてあげて

長針が「1」をさしているのに「1分」ではなく「5分」だということをまず理解させなければいけません。
「12」なのに「60」で「00」ですものね。

時刻においてこの解釈ができるようになると、時計の学習がスムーズに進むようになります。

また、長い針が一周すると、「1時間進む」ということを理解していますか?長い針が時計を一周すると、1時間進む。その時に短い針が少しづつ移動して次の時間へ到達しますよね。

私たち大人はそんなことを意識しませんが、子供にとっては不思議なことで理解するのに少し、時間がかかるようです。

長い針が1メモリ進むと、1分。その1メモリが60メモリ進むと、12の位置まで長い針が戻って1時間経過するということになります。
子供にとって「1時間たつのはわかるけど、どうして60なの?」という疑問がぬぐい切れないようです。

「ホントだね~。でも、みんなの決まり事だから「60分は1時間」って覚えてね」と言うしかありませんでした。

教科書と、時計の教材をくるくる回しながら勉強しつつ、生活の中で「時刻」と「時間」を意識できるように声掛けしてあげましょう。

また、「6時にご飯食べるけど、あと何分で6時になるか教えて!」と言ってみたりしましょう。
いつも、「早く!早く!時間ない!時間ない!」と言っているお母さんが僕に時間を教えてって言ってる!とうれしくなるかもしれませんよ。

子供の行動と、時間のかかわりを意識させよう

とにかく、時計の読み方を覚えてもらわなくては話になりません。

普段の生活に結び付けながら「時計」「時間」を意識できるように声掛けしましょう。

例えば朝、学校へ行く時間は決まっていますか?

用意ができたら登校するのではなく「7時30分に玄関を出て25分間歩いたら7時55分に学校に到着する」という感じで、自分の行動と時間を結びつけるように伝えてみましょう。

また、ゲームをする時間も「1時間」と決めているとします。
「ゲームは1時間だけだよ」ではなく「4時から5時までの1時間だよ」や「4時から4時30分の30分間と7時から7時30分までの30分間、合計で1時間だよ」などと伝えるようにするとよいでしょう。

時間の勉強にはアプリが役立ちます!

プリントや問題集をたくさん解くという「反復練習」は勉強の基本中の基本です。
時計の勉強に関しても同じです。

時計の勉強を子供に教えるのって、とっても難しいと感じませんか?
自分でも勉強してきたはずですが、大人になってしまったので「60分で1時間」であることに疑問を持ったりしません。
だって「60分は1時間」なのですから。
自分で、理屈ではなく「そうだから」と思っていることを人に教えるのって本当に難しいですよね?

時計の勉強に限らず子供に勉強を教える時に、教え方がわからずに「どうしても!」なんて言ってキレたこと何回もあります。そんなダメな母親ですから、どんな手でも借りて子供に勉強を教えます。

時計の勉強を教える時は、教科書やプリント、学校で実施したテストなどを用いて勉強をしましたが「アプリ」の力も借りました。

無料で時計の学習ができるアプリがたくさんあります。

家にタブレット端末がある方は是非利用してみてください!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ