生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

反抗期の娘が父親を嫌うのは順調に大人になっている証拠

2017.9.21

反抗期を迎えた娘が、急に父親を避けるようになり親の方が戸惑ってしまうということはありませんか?

親への反発心は、成長過程でとても大切なことです。

父親は寂しい気持ちもあると思いますが、順調に大人になっている証拠です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の性別の判明に関するをご紹介!マタニティママさん必見!

子供の性別を知りたい!というママさんパパさんは多いと思います! そして最近では超音波検査の精度...

シングルマザーの子供にはこんな性格の特徴が見られる!

日本でもシングルマザーが増えていると言いますが、その子供の性格に特徴はあるのでしょうか? 父親...

2歳児の保育園での遊びについて調べてみました

保育園ではいったいどんな遊びをしているのでしょうか? 2歳児の場合は?どんな遊びが人気なの? ...

離乳食を朝食に出しても食べない時のアドバイス!

離乳食が始まるとママもいろいろな悩みが出ます。時期に合わせた食材や調理法。 大人とは別メニュー...

近所の子供の友達付き合いやトラブルにならない為の対処法

子供が近所に友達がいない時には、どんな方法で友達を作ってあげますか? またトラブルにならない為...

文字の練習を始めたい!幼児が文字を練習するために必要な事

文字の練習を始めたい幼児は、どういったことに気を付けて練習を進めるとよいのでしょうか? 子供が...

兄弟や姉妹の間で起こる差別!?その理由とは

兄弟や姉妹の間で親によって差別を受けたことがある、もしくはそう感じた経験はありませんか? では...

幼稚園の年中さんが喜ぶ手作り工作を紹介!

幼稚園に通っている年中さんは、だいぶ手先も器用になり表現力も豊かになってくる頃ですよね。 我が...

離乳食期のミルクの減らし方は?離乳食期で迷った時のガイド!

離乳食が始まったらミルクの減らし方に、てこずってしまうお母さんはたくさんいます。 離乳食が足り...

保育園の先生と合わない…そんな時にあなたができること!

人間関係ってそううまくはいかないもの。子供の保育園の先生との相性がイマイチ、と感じるママも多いのでは...

赤ちゃんの皮膚が黒い・・・。肌の色は赤ちゃんの個性!

うちの子は生まれた時から他の子に比べると皮膚が黒い感じがしました。 女の子は皮膚は白い方がいいのに...

保育園行きたくない!?怒られる原因と対処法

朝から子供が保育園に行きたくないとグズるのは、これから仕事に行くお母さんにとって大変困りますよね。 ...

40代の主婦の皆さんにオススメしたい資格はこれ!

40代の主婦みなさん!子育ても落ち着き、時間もあるので再就職や何か資格をとるのにはいいチャンスですよ...

7ヶ月の赤ちゃんの服のサイズや発育についてご紹介!

赤ちゃんを育てている方は成長の速さに驚いているのではないでしょうか? ついこの間まで新生児用の...

アスペルガー症候群と子供が診断されたときに出来る対処法

自分のお子さんが「アスペルガー症候群」と診断されたら、この先どうしたらよいか悩んでしまうことでしょう...

スポンサーリンク

反抗期を迎えた娘、父親に対しての意識の変化

女の子の反抗期の場合、特に父親に対して反発心を強く持ちます。

  • 父親と一緒に出掛けるのを嫌がる
  • 父親から話しかけられても仏頂面
  • 自分と父親の衣服を一緒に洗濯するのを嫌がる

小さな頃は「大きくなったらパパと結婚する!」と言っていたのは、遠い昔です。

可愛かった娘が、そんなに自分を嫌がることにショックを受ける方も多いでしょうが、これは、特別なことではないのです。女の子が子供から大人に成長する上で必要な変化です。

子供の一番近くにいる異性は父親です。その父親に対して、嫌悪感を抱いたり、反発するのは女の子の思春期の特徴なのです。

親から見ると、今までとは性格が変わり、急に自分は嫌われたのではないかと悲観的になると思いますが、無理に接触を多くしようとせずに適度な距離感を保って接することが必要です。

娘に訪れた反抗期、父親に嫌悪感を持つのはよくあること

反抗期を迎えると、親も大変ですが、反抗期が来るというのは悪いことなのでしょうか?

反抗期と言うと、表向きは親に反抗ばかりして扱いが難しくなるという印象ですが、その裏には「自我の芽生え」や「親からの独立」があります。

これは、発達状況として順調に発達している証拠、成長過程において大切な通過点なのです。この自我の芽生えこそ、女の子が父親に持つ嫌悪感の理由です。

自我の芽生えは、ませている女の子ほど早く訪れると言います。

愛媛大が100名を対象に、反抗期についてのデータを発表しました。100名のうち、「反抗期があった」と回答したのは60名で、男子が24名、女子が36名でした。

反抗期が訪れる時期には、個人差がありますが、この調査では、中学時代という人が50%で一番多く、次いで中学生から高校にかけて、という人が20%で2位でした。

反抗期の娘、父親との関係に悩むことも

娘と父親が衝突することもあるでしょう。母親から日常的に言われる注意よりも、父親からガツンと言われる一言は子供にとって、傷つくことがあるかもしれません。

この時、母親が取るべき態度は、父親と子供の関係が悪くならないように、間を取り持つことです。フォロー役に徹しましょう。

父親が子供を叱っているときには、黙って聞いて、口を挟むのはおすすめしません。そして、その話が終わってからが母親の仕事です。

子供が落ち込んでいたら、「さっきお父さんちょっと言い過ぎたって言っていたよ」と伝えたり、父親に対しては、「あの子、とても反省してるみたい」と、二人の関係を修復できるように心掛けてみましょう。

反抗期を迎えた子供と親は、今までよりも少し距離を置いて子供と付き合うことが必要です。

大きな問題が起きた時には、親に相談してくると思うので、その時に対処できるようにどっしりと構えていて下さい。親は子供を放任するのではなく、見守るという姿勢が大切です。

父親の存在は恋愛にも影響!?

≪父親は男性を見る目に影響する!?≫

娘は、一番身近である異性の父親は理想の男性像にも影響を与えます。結婚相手を考える時に、父親の存在はまったく影響がない、とは言い切れないのです。

娘が選ぶ男性は、父親も認める信頼できるステキな男性を選んで欲しいものです。今後の恋愛にも自分の影が影響すると思えば、親の振る舞いも変わってくると思います。

娘にステキな男性像を見せる、と意識すると娘との接し方も変わってくるでしょう。

≪娘と父親の関係には実は母親も関わっていた≫

父親と母親が仲が良い家庭の娘は、父親を魅力的な人間に感じているという報告があります。

また、母親が普段父親に対して、どう思っているかというのにも子供は敏感です。娘と父親の関係には、実は母親の意見も反映されているのです。

≪娘を子供扱いしない≫

子供が冷たい態度になり、寂しい父親が娘に対し必要以上に詮索したり、子ども扱いすると、子供は余計に親を避けるようになります。反抗期の子供というのは、「子供扱い」されるのを極端に嫌います。

女の子の反抗期、傷ついているお父さんへ

子供に反抗期が訪れると、「反抗期は成長している証拠」と頭ではわかっていても、日々反抗的な態度を取られると、親が疲れてしまうのも現実です。

反抗期の女の子にありがちな「お父さんの洗濯物と一緒に洗わないで」というものや「お父さん臭い!」という言葉、実際傷ついているお父さんは多いようです。

父親に対して、顕著に表れる「独立心」や「自我の芽生え」は、その裏側に父親が好きということが関係しているとも言います。

小さな頃は「パパと結婚する~!」と言う女の子は多いですが、半分は父親として好きで、半分は男性として好きというのが含まれているそうです。

しかし、成長していくと、パパとは結婚できないという現実がわかるようになり、父親を異性として見ないために、父親を嫌いになるのです。

これは本能的な行動であり、女の子の防衛反応でもあるのです。「お父さん臭い」と言われのは、本能によるものと諦めることも必要でしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ