生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

酒を飲み過ぎた…記憶がない…そんな失敗を繰返すのは危険です!

2017.9.12

酒による失敗は武勇伝のように語られますが、あまり褒められたことではないですよね。

お酒を飲んで記憶をなくしてしまうのは「失敗」ととらえられますが、現実はそんなに甘くはありません。

お酒を飲んで記憶をなくすことを繰返していると本当に「健忘症」になってしまう可能性が出てきますし、「アルコール依存症」になってしまう可能性も出てきます。

お酒を飲むとどうして記憶をなくしてしまうのでしょうか?

その仕組みと、記憶をなくさないお酒の飲み方をまとめました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

正月の嫁の過ごし方は?夫の実家帰省する時の注意点とは

正月は嫁にとって一大イベント!夫の実家に帰るのに気が重い・・・。なんて方もいらっしゃるのでは!? ...

結婚式に参加するのが一人でも大丈夫!結婚式を楽しむ方法

結婚式に参加するのが自分一人だと分かったら、参加する?しない? 結婚式は共通の友達とワイワイ楽...

絶縁し友達がいる。連絡をしなくなって数年。モヤモヤの正体とは

絶縁している友達をふと思い出してしまいます。 もう交流はないのです。 いろいろと、いやな思いをさ...

男性の視線が怖い?それは好意的な視線かもしれない

男性の視線を感じる事ってありますよね?それをあなたは怖いと感じますか? その視線はあなたに好意を寄...

家族が不仲の原因って?家庭が安心できる場所であるためには

家族が不仲の原因としてあげられるのが、両親が不仲であるというのがあります。 仲の良くない両親が...

親が過保護!社会人になったら親の過保護を受け入れないこと

親が過保護でいつまでも干渉してくるという人もいますよね。社会人になっても過保護な親から離れることがで...

親がストレス!大学生なのにまだ子ども扱いかよ!

親の存在がストレス! そう感じている大学生は多く、実に7割も居るんです。 大学生って中途半端...

理性と感情のバランス。バランスを保つために気をつけることとは

理性と感情のバランスを上手に保ち、知的で優雅な雰囲気を醸し出す人間に憧れます。 何事にも怒りと...

仕事が覚えられないのは○○障害?大人の発達障害について

仕事を覚えられないと悩んでいませんか?仕事を覚えてくれないと悩んでいませんか? もしかしたら大...

同居ストレス!義父に感じるストレスにはこんなことが!

嫁と姑の確執や同居問題は、多かれ少なかれいつの時代もどの家庭にもありますね。 嫁と姑問題は良く...

クールとドライな性格との違いは?また上手な接し方とは

クールでドライな性格とはどんな人?ドライな人は物事にあまり固執しない傾向です。 また自分の喜怒哀楽...

バイトの先輩がウザい時、どのようにするべきかについて

バイトの先輩が、正直ウザい! アルバイトと言っても、立派に社会のために働く一員です。 世の中...

友達との喧嘩。理由はさておき、自分の非も認め素直に謝ろう

友達との喧嘩。 どんな理由でも、どちらかが100%悪い喧嘩はありません。 意見の相違というこ...

友達を切る方法とは?物理的に接触回数を減らすことが一番

友達といても楽しくない、いつも何かと利用される、マウンティングが多いなど、友達関係に疲れてしまうこと...

友達と遊びたくない時に使える言い訳と断る時の注意点

友達に誘われたけど一緒に遊びたくないな…。そんな時ありますよね。どんな理由をつけて断ろうかと悩んでし...

スポンサーリンク

酒で記憶が…失敗ではなく野獣化している自分が暴れてるんですよ!

おいしいお酒、楽しいお酒!調子よく飲み進めた結果…飲んでた時の記憶が???そう!お酒を飲んで記憶をなくしたことがあるという人は、結構いるみたいですね。

お酒って、飲むと陽気な気持ちになったり、ハイになってテンションが高くなるイメージですが、実は神経の働きを鎮静化させる役割があるそうです。アルコールは精神作用に働きかける薬物の一種だそうで、『ダウナー(downer)系』の作用に分類されるそうです。

でも、酔っ払いってウルサイですよね?とても「鎮静化」とは結び付かないイメージですが、どうしてなのでしょうか?

それはアルコールが、大脳皮質の働きを鎮めるからだそうです。大脳皮質の働きが鎮まると、「理性」が抑えられるそうです。ですから、普段理性によって制御されていた、様々な感情や本能がむき出しになってしまうそうなんです!そう考えると怖いですね。

しらふの時には色々と考えながら行動しているけれど、アルコールにより、本能のままに活動してしまうから、記憶に残らないということなのでしょうか?

本能むき出しの自分だなんて恐ろしいですよね!「お酒を飲むと変わるよね」ではなく「お酒を飲むと本性を表す」という方が合っているのかもしれません。

お酒を呑む。記憶がなくなるくらい呑む。失敗なんて可愛い言葉では済まされない…

理性が働かなくなるから、お酒を飲み進めることも、止めることができなくなってしまうのでしょうか?

きっと、飲んでいる最中は「もうこのくらいでやめておいた方がいいよね?」と大脳は判断しているはずです。ですがアルコールにより、その理性的で常識的な判断は、鈍くなっていますから、お行儀よく「今日はもう、このくらいで飲むのをやめておこう」なんて言うことを聞くわけがありません。

アルコール自体に栄養はありません。ですから、必ず摂取する必要はなく、アルコールを摂らなくても生きてはいけます。身体にとってはどちらかと言えば「毒」のイメージのアルコールですが、心にとっては栄養素がいっぱい詰まっている気がしませんか?

ですが、記憶をなくしてしまうまで飲んでしまうのはやはり過剰摂取なのでしょう。

お酒で記憶がなくなるのは脳がアルコールでマヒしてしまうから。失敗ではなく記憶障害

お酒を飲み過ぎ、記憶がないという状態は、軽い記憶障害だそうです。アルコールにより、大脳皮質の働きが弱くなる話をしましたが、アルコールによる脳への影響はそれだけではないようです。

アルコールで「海馬」が萎縮するそうです。海馬は記憶を司る働きがあります。ですから、アルコールが原因で海馬が委縮し続け、軽い記憶障害を繰り返していると物覚えが悪くなってしまうのだとか。

軽いとはいえ記憶障害ですから、昨日の飲み会のことを覚えていない…ということを何度も何度も繰り返すのはいいことではないようですね。

アルコールで脳がマヒするなんて…冷静に考えると怖いですよね。「酒でも飲んで忘れたい!」アルコールには本当にそういった作用があるんですね。

血中アルコール濃度を急激に高めないように気を付けよう!

わかっていても、飲み過ぎてしまうんですよね。飲み方によっては、アルコールによる失敗を、防ぐことができるかもしれません。

  • アルコールを飲みながら水も一緒に摂取しよう!
  • 気休めかもしれないが肝臓によいサプリメントやドリンクを飲む前に飲もう!
  • たんぱく質を豊富に含む食材をつまみとして食べる。
  • 空腹時にアルコールを摂取しない。

血液のアルコール濃度が一気に上昇すると酔いが回ってしまいます。水で割っているお酒を飲む場合でも、水を摂取するようにしましょう。

アルコールが好きな人はいわゆる「カラ酒」をしがちですが、これも注意です。肝臓の働きを助けるためにたんぱく質を摂りながらお酒を飲むとよいそうです。

「ビールに枝豆」は理にかなっている組み合わせなんですね。ですが、つまみがウマいと酒が進むんですよね…楽しんでいると感じているうちに、お開きにすることが、一番なのかもしれませんね。

お酒は味わう程度にたしなみましょう

覚えていないけど…

  • 上司に説教していた。
  • 部下を執拗に口説いていた。
  • 隣のテーブルにまで乱入していた。
  • お金を支払った領収証はあるけれど、行った記憶がない。
  • 大声を出しながら歩いていたので周りが静かにさせるように必死だったようだが記憶にない。
  • 吐いたらしい…でも覚えていない…

お酒で記憶をなくすのは「失敗談」としてよく聞く話ですが、良い事ではなさそうですね。お酒を飲んで記憶をなくした経験をすると「次からは気を付けよう」と心に決めるけど、アルコールを一口すするともう、そんな決意はどこかへ行ってしまうんですよね。

理性が、理性が…ですが、アルコールで記憶をなくしてしまうのは、アルコール成分が脳に影響を与えているからだと知ったら、少しは変われるのでしょうか?

愛される呑兵衛でいるためにも「アルコールを摂取するためのつまみ」ではなく「食事を美味しくいただくためのアルコール」とするように心掛けましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 人間関係のコツ