生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

高校の勉強がつらい理由とは?その壁は乗り越えられます!

2017.11.14

高校に入学すると、勉強がつらいと感じる高校生が多くなるようです。

確かに中学の勉強とは異なりますが、それ以外の原因は何なのでしょうか?なんとか乗り切る方法はないのでしょうか?

高校の勉強がつらいと感じる理由とその対処法について教えます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供に朝勉強を勧めてみよう!脳がクリアな朝に勉強する意味とは

子供に朝、勉強する習慣を、身に付けさせてみませんか?時間の使い方を少し変えてみただけで、勉強の効果が...

大学のテスト勉強のやり方は?テスト対策に強い味方を紹介!

大学のテスト勉強はどのような対策をしたらいいのか困っている学生さんはいませんか? そんな人には...

古典が苦手なあなたにおすすめなのが音読。その効果とは?

古い時代につくられた書物の古典。現代の感覚で読もうとすると何だかよくわかりませんよね? 古典を...

大学の勉強はどんなところが難しい?その対処法について

大学に入れた事で、まずは一安心しますがその先に心配になるのが勉強です。 高校と違い授業の内容が難し...

高校を留年してしまう条件について紹介します

高校は義務教育ではないため中学違いと留年することがあります。 高校では進級や卒業するためには条...

就職に有利な資格が知りたい!理系学生が取得すべき資格とは

就職を有利に運ぶために今や常識ともなっているのが資格取得です。理系学生が取得しておくべき資格もありま...

模試の偏差値UP!数学の苦手意識を克服する勉強法

模試の数学が不得意で、どんなに勉強しても良くならなくて悩んでいる受験生はいませんか? 自分は数学が...

意見文のテーマは何が良い?書きやすいテーマの選び方とは

中学生にもなると、宿題として意見文の提出を求められることもあるでしょう。 でも、まずテーマ選び...

原稿用紙の書き方!かぎかっこの使い方をご紹介します!

読書感想文などを書くときに、原稿用紙を使う場合が多いですよね。この原稿用紙の書き方に細かいルールがあ...

友達と一緒に勉強するのに最適な場所は●●●です!

テストが近くなると、「一緒に勉強しよう」と友達と話したりすることもあるでしょう。 ファーストフ...

二浪は就職で不利になる?コンプレックスを抱かないことが重要

二浪して志望大学に合格したものの、いざ就職活動を始める際に浪人経験が不利になるのでは・・・と心配にな...

指定校推薦の面接時間は実際、どのくらいで終わるのかを調査!

合格率99.9%とも言われている指定校推薦。選抜された生徒は、面接や小論文などの試験を行って合否を判...

天才の本当の能力は、努力を楽しむことができるチカラ

天才とは、持って生まれた能力だから凡人なんかどうしたって歯が立たない!そんなふうに考えたことありませ...

大学のレポートを手書きする理由や注意点について

大学のレポートを作成するときに手書きで書くように指定される事もあります。手書きにすることによるメリッ...

高校の部活を引退!大学受験に向けて上手な切り替え方法はコレ!

一生懸命部活に取り組んで高校生活を過ごしてきたという人も、時期が来れば引退をしなくてはなりません。 ...

スポンサーリンク

高校の勉強がつらいと感じた場合の対処法!

高校に入って勉強がつらいと感じるのは、苦手な教科の勉強がうまくいかなくなるからかもしれません。

そんな時には、自分の得意な教科から勉強するようにしましょう。そこで勢いをつけてから、苦手な教科の勉強をするようにしましょう。

苦手だと思うあまり、得意な教科を後回しにして苦手が教科から先に勉強しようと思っていませんか?それを逆にするのです。

そして、苦手な教科については基礎の勉強から見直すようにしましょう。問題を解くことができる基本的な力があることがわかれば、自信がつきます。

テスト前になるとさらに勉強がつらくなり、不安になってしまうこともあるでしょう。そんな時には、テストが終わってからのことを考えましょう。テストが終わったら何をしようかなど楽しいことを考えるだけでも前向きな気持ちになれます。

受験が近付いて不安な時も同じです。志望する大学のことや大学に入ってからやりたいことなどを考えて、受験勉強を乗り切るようにしましょう。

受験勉強がつらい高校生・・・でもその経験が人間を成長させます!

受験勉強は自分との闘いです。つらいと感じている自分に「つらくない!」と言っても、つらいことに変わりはないでしょう。

受験勉強なんてしないで、友達と遊びたい。ゆっくり眠りたい。テレビも我慢しないで見たい・・・。皆受験生はこう思っているでしょう。

しかし、このつらい経験をすることによって、人間は成長することができます。

思いっきり遊びたいのを我慢して、毎日何時間も勉強する・・・。これは志望する大学に合格するためです。

受験勉強は結果がすべてです。志望する大学に合格することが目標です。

しかし、それだけではありません。自分のやりたいことを我慢してつらい勉強をしてきたことは、必ずその後に人生に生かされます。つらい経験をしてきた人とそうじゃない人とは違います。

つらい経験が強い人間にさせる・・・。そう思って頑張りましょう。

つらい勉強!そんな高校生がやる気を出すために必要なこと

勉強することがつらいと感じる場合にやる気を出すためには、まず勉強する時間を決めることが大切です。

高校などの学校には、必ず時間割があります。勉強を習慣化させるためには、時間が決まっていた方が良いのです。

そして勉強する時間が決められていると、その時間になるとスイッチが入ったように勉強モードに入れます。

自分なりの時間割を作ってみましょう。「朝5時から7時までは勉強する。」などと決めましょう。これで勉強の効率を上げることができます。

ただし、疲れている状態で勉強しても効率は良くなりません。

授業が終わって部活、それから夕食を食べて夜遅くまで眠たくても無理に勉強する・・・。こんな状態ならせっかく勉強しても頭に入ってきません。

疲れている状態で勉強をしても、効率は上がりません。頭がすっきりしている状態で勉強することが大切です。

高校の英語の勉強がつらい場合の大切なポイント!

受験のための英語の勉強に欠かせないのは「単語力」と「文法力」になるでしょう。

試験では必ず長文が出ますが、単語の意味がわからないと文章を理解することはできません。そして文法を知らないと、複雑な長い文章を分解して解くことはできないのです。

「単語力」と「文法力」はすぐに身につくわけではありません。毎日コツコツと勉強して、少しずつ身についてくるものです。

地道な勉強はつらいものです。しかし、誘惑に負けて勉強しないでいると、後でもっと後悔することになります。

英語の勉強をしても、すぐに成績に現れることはないでしょう。勉強し始めて時間がたってから、少しずつ以前よりも理解できるようになったと実感できるようになり、そこから成績に結びついてくると考えていた方が良いでしょう。

それでも、長文問題を解いているとわからない単語が出てくる場合もあります。そんな時には、前後の文脈から単語の意味を判断するしかありません。そのためにも、長文問題を数多く解くようにしましょう。

受験勉強がつらい時、志望大学についてもう一度考え直してみませんか?

人間は「何かを得たい。」という欲求が強ければ、より頑張ることができ、頑張ることが苦にならない生き物とされています。

例えば、子供に「漢字のテストで〇点以上とれたらおこずかいあげるよ。」と言うと、頑張って勉強しておこずかいをもらおうとします。

大人だって「漢字を1つ覚えるごとに1,000円あげるよ。」と言われたら、どんなに忙しくても覚えようとするのではないでしょうか?

勉強のモチベーションを上げるためには、その原動力となるものが必要となります。受験生の場合は「第一志望の大学に合格したい。」というのがモチベーションなのではないでしょうか?

しかし、大学に合格したらどんなことが得られるのかがわかっていないので、モチベーションが上がらないのです。

つらい受験勉強を乗り切るためには「原動力」が必要です。「自分はなぜこの大学に行きたいのか。」「大学に行ってどんなことを得たいのか。」を明確にしてから、もう一度勉強に取り組んでみましょう。

得たいものが見つかると、勉強するのがつらいと感じることは減るでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 勉強のコツ