生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

刑務所へ面会に行くには?面会時間や規則などが知りたい!

2017.9.4

刑務所での面会は、いつでも誰でもできるものなの?

実は、刑務所にも面会に関する規則があるため、面会することができないこともありあます。

面会できる人や時間、差し入れなど、刑務所での面会に関する気になる情報をまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

原子と分子。知っているようで知らない!違いを考えよう

「原子」や「分子」という単語はよく耳にしていても、その違いをきちんと理解しているでしょうか? ...

カラオケの採点にある「しゃくり」で高得点を目指す!

カラオケで採点機能を使って歌ったことはありますか? 気合を入れて熱唱しても点数が低いと悲しくな...

マンションで地震がきても安心なのは何階かについて

マンションに住んでいる方や、これからマンションに住もうと考えている方は地震が来た時の事を考えることあ...

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか? 今の時代は色々な食べ物があり、コンビニ...

黒色の車のボディーに傷をつけないよう洗車する方法をご紹介!

黒色の車ってカッコいいですよね!でも、汚れやキズが目立ちにくいのも黒色の車です。今回は、黒色の車を、...

氷を異常に食べるのは欲求不満があるから?氷食症の原因を探る

ジュースなどの氷を最後に食べることはありますか?実はそれ、欲求不満の表れかもしれません。 「氷...

イギリスへ食べ物は持ち込み禁止!?持ち込める食べ物もあります

イギリスへ旅行や留学などで訪れる時は、持ち込み禁止の食べ物について調べておくことも大切です。 ...

バリ島で両替するのはいくらがいい?気になるお金の事情について

バリ島は人気の観光地ですね。色んな体験をしたいですね。 バリ島の通貨はインドネシアルピアですが、ど...

古い通帳どうするの?なんとなく処分できない繰越済通帳について

古い通帳、みんなどうしてるの? もし、必要だったら困るからと取ってあるけど、今まで一度も必要に...

車のシガーソケットコンセントでドライヤーは使えるのか!

車のシガーソケットのコンセントを使って、今は携帯の充電ができる時代となりとても便利ですよね。 ...

カラオケが上手いと点数低い!点数が低い理由と高得点を出す方法

カラオケが上手い人って羨ましいですよね!歌を聞いていると心に響いて感動してしまうこともあります。でも...

体重が増減!たったの1日で!増減は○○です。体重計測の方法

朝と夜に体重計に乗ると、たった1日の中で体重が増減していることはありますね。 ダイエット中の方は、...

男・身長165cm!男の価値は身長じゃないっ!

最近の日本人は男女とも平均身長が高くなってきています。 好きな女の子が自分より背が高い…と、告...

韓国と日本の習慣や文化の違いはこんなことろにもありました!

お隣の国「韓国」は、日本と比べると、どのような習慣や文化の違いがあるのでしょうか。 ドラマなど...

性格が変わるきっかけを知りたい!変えたい自分となりたい自分

性格って変えられないって言うけど、そんなことありません。 変わるきっかけがあれば、変えることは不可...

スポンサーリンク

刑務所での面会は「優遇措置」などの規則によって違ってくる

面会の回数は、受刑者の「優遇措置」によって制限が異なります。

優遇が無い方及び優遇が4、5類は月2回までの面会。3類は月3回、2類は月5回、一番優遇が良い1類は月7回と優遇が上がるほど、面会できる回数が増えます。

面会時間は1回につき15~30分なのですが、その日の面会に来られている方の込み具合によって時間が調整されます。遠方から面会しに来られた方は、多少は考慮してくれるようです。

面会時には原則、刑務官が立会いをして会話の記録をします。話の内容によってはその場で制止されることもありますが、他愛のない話ならば会話を止められることはありません。

受刑者には「優遇措置」の他に、「制限区分」というものも設けられています。この制限区分があがると、面会時に刑務官の立会いが無くなります。1種の区分になると面会室も変わり、アクリル板の仕切りが無い場所で向かい合って面会することもできるようになります。

刑務所で面会できる人は規則によって制限されています

刑務所にいる受刑者に面会できるのは、親族または内縁関係(戸籍が別であっても、事実上の婚姻関係と認められる)の者であれば可能です。また、次のような方も面会が可能です。

1. 法律上や業務上の処理を行うために、面接を要する者

収監されていると諸々の手続きができなくなるため、弁護士などが代理で行うことがあります。婚姻や子どもの親権に関する手続きや経営する会社の重要な方針決定などの相談をする必要があると認められた場合は、親族以外の面会も可能になります。

2. 面会することにより、受刑者の更生に有効性があると認められる者

受刑者の更生保護の担当の方や保釈後に雇用してくれる企業の職員は面会が可能です。継続して雇用関係を結んでいる場合も、企業の担当者との面会を認められます。

3. その他、面会が必要な事情があって、施設管理者が面会を認めた場合

面会することにより受刑者の更生に支障が出るおそれがなく、刑事施設の規律と秩序を脅かさないことが認められた方も面会できる場合があります。

刑務所の面会規則を詳しく知りたい!差し入れは可能?

受刑者との面会は、平日の午前9時~午後4時まで(正午から午後1時までは昼休み)というところがほとんどです。刑務所によっては若干面会時間が前後するところもありますので、事前に確認するといいでしょう。

面会時間は30分以上設けることが原則なのですが、面会に来られる方が集中することもあります。「面会の申出の状況、面会の場所として指定する室の数その他の事情に照らしてやむを得ないと認めるとき」 は時間を短縮することができるため、実際には15分~30分という場合が多いです。

受刑者には、面会の他に差し入れをすることもできます。施設側の運営管理上、物や数量に細かい制限が行われています。例えば、衣類に付いているひもやベルトなどは他の用途として使用する危険があるため、差し入れが制限されます。制限されていない物であれば、食品や服、日用品、本などの物を差し入れが可能です。

刑務所にいる人との手紙のやりとりはダメなの?

手紙のやりとりについては、「刑事刑事被収容者処遇法」の中にある「第126条(発受を許す信書)」によって定められています。

例えば受刑者と手紙のやり取りをする場合に外国語で行う場合、翻訳が必要な場合はその費用を受刑者が負担しなければなりません。その費用を負担できない場合は該当者との手紙のやりとりを許可されません。

その他、受刑者が懲罰を受けている場合や反則行為を認められた場合も、その間は手紙のやり取りを禁止されます。これら以外の場合は、手紙のやりとりについて原則制限はありません。

受刑者が手紙のやり取りをする時は、『この方と手紙を交わします』という内容の「外部交通許可申請」を行います。この外部交通許可申請を行っていない場合も、受刑者は手紙は受け取ることはできます。

親族はもちろん、長い間疎遠だった友人や知人などから手紙が届き、その後に「外部交通許可申請」を提出しても、手紙のやりとりは可能なのです。

面会などに関わる規則や制度について

刑務所にいる受刑者には、「制限区分」「優遇措置」を設けられています。それについて少し詳しくご説明いたします。

「制限区分」とは、受刑者を4段階に分け、その区分によって生活する設備や作業させる内容などを変更する制度です。この区分が上がることで、施設内における生活の制限が緩和されていきます。

社会に適応する力ややり直そうという気持ちに応じて、刑務所内でのルールや制限を調整します。そうすることで受刑者自身が自分をコントロールする力や自立する力を養います。

「優遇措置」も、刑務所内での態度などに応じて5段階に分け、その区分によって面会や手紙の回数の制限を緩和したり、嗜好品(お菓子など)を自費購入できるようになります。

これは受刑期間中にさまざまな努力をすることで、「努力をすると良いことがある」という希望を養い更生の意欲を促進させることを目的として設けられた制度です。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ