生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

スーツのスカートの履き方や選び方ポイントをご紹介します

2017.11.13

就職活動をする際、まずはスーツ選びから始めますよね。

スーツのスカートの履き方に悩む方もいるかもしれませんが、とにかく自分の体に合ったサイズのものを選ぶのが一番です!

スーツスカートの履き方や選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

就活の面接で緊張してしまうのは何故?対処法をご紹介します

就活の面接って、誰しもが緊張するものですよね。内定が欲しいという思いが強いほど、どんどん緊張してしま...

サラリーマンの仕事内容は?メリットについても紹介します!

サラリーマンの仕事内容・・・職種はたくさんあるようです。 では、サラリーマンの平均年収はどれく...

新入社員は電話で失敗がつきもの!知っておきたい電話のポイント

新入社員のうちは、誰しもが電話でいろいろな失敗をするものです。 相手の顔も見えない電話というの...

イラスト系の専門学校を卒業後、就職先について調べてみた

アニメやゲーム、ライトノベルの人気からイラスト専門学校を希望する若者が増加しています。 ただ、...

転職を成功させたい!面接での質問の返し方などをご紹介!

転職したい!そう思っている人はたくさんいます。 いざ面接の日にちが決まり、面接までに期間が少し...

パワーポイントで自己紹介!おもしろいインパクトを残そう

ビジネスシーンではパワーポイントで自己紹介をする場面もあります。 どうせならおもしろい人だと印...

受付の仕事は楽しいの?経験者の体験談をご紹介します

綺麗でにこやかなイメージの強い受付嬢。そんな受付の仕事に憧れる女性も多いことかと思います。 受...

NHKの受信料徴収員の服装や集金時間について紹介します

突然インターフォンが鳴り出てみると「NHKです。本日は受信契約の契約の件でお伺いしました。重要なお話...

45歳で再就職を検討している。 就職に有利な資格

45歳で再就職をするのはとても難しい事になります。でも40代だから有利な資格もあります。 その...

スーパーでのアルバイト!レジ以外にもたくさんの仕事が存在する

いつも何気なく利用しているスーパーにはたくさんの部門があり一番お客さんの目につくのはレジの仕事ですが...

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。 調律す...

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

採用担当者との電話は受け答え次第で印象が大きく変わる!

就職活動中はマナーや印象を良くする方法など分からない事も多く、電話の受け答えもその一つではないでしょ...

面接で緊張しすぎて話せない・・・そんな事態にならないために

就活などの面接で緊張しない人なんて存在しないでしょう。でも、緊張してミスすることだけは避けたいですよ...

ハロワの求人が年齢不問になった背景と現実

ハロワの求人を見ると、「年齢不問」の文字。年齢不問なら、40歳でもOKだよね?とは限りません。 ...

スポンサーリンク

スーツスカートの履き方やサイズ選びについて

スーツは自分に合ったサイズのものを着ないと、なんだかだらしない印象になってしまいます。お店に行けばセミオーダーやお直しも簡単にすることが出来ますので、スーツを選ぶ際には店員さんに相談しながら、自分に一番合ったサイズのものを選んでください。

サイズに迷ってしまった場合については、小さめの方を買うことをおすすめします。

よくお直しするのが、袖丈とパンツ丈です。袖に関しては、シャツを着た時にシャツがスーツの袖から1.2~1.5cmほど出るのが最もバランスが良く美しいと言われています。中にシャツを着ないという場合でも、スーツの袖丈は同じです。ここでも必ず店員さんに相談してくださいね。

パンツ丈については、靴のヒール半分くらいが隠れる長さが丁度いいです。ワイドタイプのパンツであれば気持ち長めで、ストレートタイプであれば気持ち短めで良いでしょう。

しかし、靴を脱いで上がる事の方が多いといった場合には、踏まない長さに短くしたり、それ以前にクロップドを選んだ方が良いかもしれません。

スーツスカートの履き方で気を付けること

スカートを履く時には座った時、丈は膝上10cm以内に

就活をするにあたってスーツ選びをするかと思いますが、その際はスカートの丈の長さに気を付けてください。裾幅が広すぎなかったり、スリットが深くないスカートを選ぶのはもちろんのこと、座った時の丈の長さに注意しなくてはいけません。お店でスーツを試着する際には立って全身鏡を見る事かと思いますが、座った状態もチェックしておいた方が良いでしょう。

腰回りのサイズがキツイと、座ったときにスカート丈がグッと上がってしまう可能性があります。そのため、座った状態でもウエストに余裕があって、裾が膝上10cm以内に収まるものを選ぶようにしましょう。

パンツの場合はきつすぎず、緩すぎず

パンツスーツを選ぶ際、あまりタイト過ぎるものやサイズの大きいものは避けるべきです。こちらもスカートを選ぶ際と同じように、座った時にウエストやヒップなどがきつくないサイズを選ぶようにしましょう。そして、しゃがんだ時には腰から下着が見えないかどうかも確認しておいた方が良いかもしれません。

スカートよりもパンツスーツ!選び方や履き方とは

  • 生地にもこだわってみよう!

就職活動中は立ったり座ったり、移動も多かったりで意外と激しい動きをします。パンツスーツの場合は特に、スカートよりも面積が多いこともあってシワが目立ちやすいのです。
その為、パンツスーツを選ぶ際にはシワがつきにくい加工がされているものや、柔らかい素材のものを選ぶと良いかもしれません。しかし、光沢がある素材は変に目立ってしまう可能性があるのでやめておいた方が良いかもしれませんね。

  • 下半身のラインはしっかり確認を

パンツスーツを履きこなせていない人というのは、下半身のラインにパンツが合っていないことが多いです。お尻がブカブカだったり、太ももの部分がパツパツだったり・・・。パンツスーツを選ぶ際には、きちんと自分の体型に合ったものを選ぶようにしてください。なかなか見つからないという場合には、オーダーメイドで作ってもらうと自分にぴったりのスーツが手に入ります。

スーツスカートもジャストサイズを選びましょう!

動きやすさという点で考えると少し大きめのスーツを選びたくなってしまうかもしれませんが、就活においては印象が重要になります。面接などの大事な場面で悪い印象を与えない為にも、スーツは自分に合ったサイズのものを選んでください。

その為には、まずはお店で自分の体の採寸をしてもらう必要があります。肩幅や手の長さ、丈の長さなどです。自分の肩幅よりも大きなスーツを着てしまうとだらしなく見えてしまいますし、逆に小さなものだとシワが出来てしまうのです。

予算に余裕があるということであれば、オーダーメイドでお願いしてみるのもおすすめです。サイズだけではなく、自分の好きな生地やデザインも選ぶことができるので、本当にあなたの理想通りのスーツが出来あがるのです。

オーダーメイドというだけで高いという印象を持つかと思いますが、なかなか自分に合ったスーツに出会えない場合を考えると、かえってお得という考え方も出来ます。

就職活動なんかは、人生を左右するビッグイベントです。自分に合ったスーツを着て、バシッと決めたいところです。

デザインスカートのスーツもおすすめです

就活の際、スーツでなくても「ジャケット×ワンピース」といったような組み合わせOKな企業もあります。しかしそれは一般的では無いので、ご注意を。

面接へ行く際、基本はやはりスーツです。就職活動の面接においては、スーツを着て行かないだけで悪い印象を持たれる可能性だってあります。少しくらいオシャレしたいなんて思うかもしれませんが、就職活動の場においては我慢してください。

スーツの色は基本的には、黒や紺、グレーなどのダークカラーとなります。ベージュはギリギリセーフで、白はNGと言った感じでしょうか。

先ほどオシャレは我慢と言いましたが、転職活動する際などには多少デザインが入ったスーツはおすすめです。スカートがプリーツになっているようなスーツは、こなれ感も出て良いでしょう。

最近だと通販などでも様々なスーツが売られています。急遽面接になったという場合でも、注文すればすぐに届くのでありがたいですよね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ