生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

面接で緊張しすぎて話せない・・・そんな事態にならないために

2017.9.3

就活などの面接で緊張しない人なんて存在しないでしょう。でも、緊張してミスすることだけは避けたいですよね。

緊張しすぎて話せないなんて事態にならないためには、どうしたらいいのでしょうか?

面接で少しでも緊張しないための対策法を教えます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

NHKの受信料徴収員の服装や集金時間について紹介します

突然インターフォンが鳴り出てみると「NHKです。本日は受信契約の契約の件でお伺いしました。重要なお話...

採用担当者との電話は受け答え次第で印象が大きく変わる!

就職活動中はマナーや印象を良くする方法など分からない事も多く、電話の受け答えもその一つではないでしょ...

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。 調律す...

POSレジは誰でも操作できる?その使い方をご紹介します

キャッシュレジスターとは違い、POSレジはネットワークに繋がっている為、即座にデータ集計や管理などを...

上司に相談するタイミングとは?相談のタイミングや聞き方

上司に仕事上の相談や退職の意思を伝える時には、タイミングや聞き方、切り出し方などをどうしたらいいのか...

うつ病から仕事復帰するために支援してもらえる施設とは

うつ病が原因で退職を余儀なくされた方も多いでしょう。体調も徐々によくなり、仕事へ復帰したくても襲って...

45歳で再就職を検討している。 就職に有利な資格

45歳で再就職をするのはとても難しい事になります。でも40代だから有利な資格もあります。 その...

深夜バイトは女性でも出来る?始める前に知っておいて欲しいこと

深夜バイトは時給が高い為、女性でもやってみたいと思う方がいると思います。 深夜だと防犯上の心配...

就活の面接で緊張してしまうのは何故?対処法をご紹介します

就活の面接って、誰しもが緊張するものですよね。内定が欲しいという思いが強いほど、どんどん緊張してしま...

パートが扶養内で働くことが出来る金額について

パートで働きに出ようと考えている方も多くいるのではないでしょうか? そんな時に気になるのが扶養...

上司の言葉遣いがきつい…。苦手な上司との付き合い方と対処法

上司のきつい言葉に心が折れそうな方はいませんか? 自分に非があるならまだしも、納得のいかないこ...

会社の先輩が嫌い!対処方法と克服法をご紹介

会社では学生時代と違って付き合う人間関係を選ぶことは出来ません。どんなに嫌いな先輩が居ようが一緒に仕...

新入社員は電話で失敗がつきもの!知っておきたい電話のポイント

新入社員のうちは、誰しもが電話でいろいろな失敗をするものです。 相手の顔も見えない電話というの...

保育園のパートの育休について!育休するときに気をつける事

保育園でパートで働いている方もいらっしゃいますよね? 保育園のパート勤務でも育休はとれるのでし...

トラック運転手の食生活の実態!トイレ休憩もままならない現実

トラック運転手と一言でいっても様々ですが、特に長距離トラックに乗っている運転手は、その食生活が問題と...

スポンサーリンク

面接で緊張して話せない・・・その緊張を味方にしよう!

バイトや就職の面接で緊張しない人はほとんどいないでしょう。緊張が始まると、まず緊張している自分を自覚します。そして「緊張している・・・どうしよう、話せない」となり、内容が飛んでしまうという事態になります。

そうならないためには、「緊張は味方である」と考えるようにしましょう。緊張は、人間が危機的状況の中でもパフォーマンスを9引き出すための機能だと言われています。そのため、適度な緊張は、プラスに働くこともあるのです。

自分が緊張していることがわかっても、「緊張している・・・でも、話をしてみよう」とあまり意識しないようにしましょう。緊張が味方していると考えるのです。

例えば「〇〇〇について考えないように」と言われると、余計に〇〇〇のことを考えてしまっていませんか?「緊張しないようにしよう」と思うと、かえって緊張してしまいます。

「緊張は敵ではない、味方だ」と信じることで、力を貸してくれるでしょう。

緊張して話せない・・・そんな人は面接前にこんな対策をしよう!

就活の面接で緊張して話せない・・・そんな人はどうやったら緊張せず面接を受けることができるのでしょうか?

面接で緊張するのは、面接官がどんな質問をしてくるのかわからないからです。事前に聞かれることがわかっていれば、緊張しなくなると思いませんか?

そのためには、質問を想定して自分の答えを用意しておきましょう。そうすれば、緊張も少なくなるでしょう。でも、いざ実際の面接になると答えが出てこなくなってしまうもの。頭の中が真っ白になってしまいますよね。

受験者が緊張するのは当たり前、そう面接官も思っています。できるだけいつもの自分を面接の場で出せるように、練習を重ねておくことが大切です。

では口下手な人はどうしたらいいのでしょうか?口下手な人は、沈黙する時間が長くなることもあるでしょう。その時間を何とかしなくてはいけません。少しでも考えをまとめて、上手に話せなくても言いたいことを伝えるように努力しましょう。

一生懸命に話すことによって、面接官に好印象を持たれる可能性もあります。最後まであきらめないようにしましょう。

面接で緊張して話せない人はこんなタイプの人が多い!

実は、面接で緊張して話せない人のタイプは決まっています。まず「心配性の人」。面接でちゃんと話せるかどうか不安になり、なおさら緊張することになります。面接官が自分をどう見ているかなど、心配ばかりしてして話せなくなるのです。

そして「考えすぎな人」も当てはまります。うまく話そうという意識が強く、どうやったらうまく話せるか考えすぎてしまいます。それがさらに緊張を呼ぶのです。

実際の面接でも、うまく話そうと考えるあまり沈黙してしまいます。そして「早くしないと!」と気づき、より緊張してしまうのです。

真面目すぎる人も話せなくなります。「言うことは準備したし、暗記したから大丈夫」と事前準備は完璧な真面目な人。

ところが、面接では緊張してしまって覚えたことが思い出せない・・・想定外の質問に、どう答えてよいのかわからない・・・これが真面目すぎる人の特徴です。

面接 緊張 話せない

緊張によって面接で話せなくなりそうな人は、始まる前にまず深呼吸をして落ち着きましょう。深呼吸すると、脳に酸素が送られます。そのため、落ち着いて考えることができるようになるのです。

心臓がドクドク・・・それは緊張している証拠です。そんな状態になったら、鼻から5秒くらいかけて息を吸ってみましょう。そして倍の10秒くらいかけて吐くのです。そうすれば、リラックスできるでしょう。できれば、目を閉じて何も考えずに行いましょう。その方がより落ち着けます。

同じく面接開始前に、柔軟体操やストレッチをすることもおすすめです。集合時間よりも少し早めに会社に到着して、誰かが来る前に見えない場所で行うようにしましょう。膝を曲げたり伸ばしたり、腕のストレッチだけでも緊張した体をほぐすことができるでしょう。

誰にでも緊張はあるものです。少しでもリラックスして面接に臨めるようにしましょう。

面接では上手に話すことばかり考えないようにしよう!

あなたは面接の時に上手に話すことばかり意識していませんか?

誰でも面接という場では緊張するもの・・・うまく話せない人がいるのはあたりまえ、そう面接官は思っています。上手に話すことができなくても、それが理由で落とされることはないでしょう。

上手に話すことよりも、論理的に話すことの方が大切です。面接官の質問に適切に答える、そして自分の考えを相手にわかってもらえるように話すことの方が重要です。そうすれば、多少上手に話すことができなくても、きちんと評価してくれます。

うまく話そうをすればするほど、追い詰められてしまうでしょう。そしてうまくいかなくてパニックに陥ってしまうのです。そうすると話の内容がめちゃくちゃになってしまいます。上手に話すことよりも、落ち着いて話すことを心がけましょう。

面接では、応募の理由など何かしら必ず「理由」を聞かれます。どんなことに対する理由かを想定して、きちんと答えられるように準備しておけば落ち着いて答えることができるでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ