生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

2017.9.2

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか?

今の時代は色々な食べ物があり、コンビニなどのような24時間営業の店舗もたくさんあります。

江戸時代の庶民の人が食べていたものや、当時の食事内容についてまとめました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

イギリスへ食べ物は持ち込み禁止!?持ち込める食べ物もあります

イギリスへ旅行や留学などで訪れる時は、持ち込み禁止の食べ物について調べておくことも大切です。 ...

車のシガーソケットコンセントでドライヤーは使えるのか!

車のシガーソケットのコンセントを使って、今は携帯の充電ができる時代となりとても便利ですよね。 ...

塩風呂は追い焚き厳禁!塩風呂の効果と正しい入浴方法をご紹介

今流行の塩風呂!自宅のお風呂でも手軽に楽しむことが出来ますが、でも追い焚きは厳禁だって知っていました...

日本の天皇は世界一の歴史を持つ?その歴史と誕生の謎

日本の天皇は、その長い歴史から世界に類を見ない存在なのです。 海外の著名な王室からも一目置かれ...

刑務所にいる人と面会するには?仕組みや決まりについて

刑務所にいる人と面会が出来る人は決められているのでしょうか? 面会回数、手続き、差し入れなど、...

夢を見る意味について。見る夢は何を伝えようとしているのか

夢を見る意味について、考えたことありますか? 夢を見ない人間はいません。 夢を見ないと思って...

小学校のプール授業、実施の決め手は水温+気温が基準

季節になると小学校のではプール授業が行われますよね。大人からすると、プールにはちょっと気温や水温が低...

ステレオとモノラルの違いは?再現と臨場感が違います!

ステレオ放送、モノラル音源…音に関してよく聞く言葉ですが、その違いをきちんと知っているでしょうか。 ...

韓国では大丈夫!?入国審査トラブルになる「カラコン」について

最近は、若い女性の間などで「カラコン」をしている人が増えていますよね。 では、その「カラコン」...

ミニトマトの栽培のわき芽とりとは?取り方とポイント

ミニトマトの栽培のわき芽は取ったほうがいい?それとも、取らないほうがいい? 肥料のやりすぎや少...

成人式や同窓会に行かないのはアリ?参加の割合と参加しない理由

一生に一度しかない成人式。新成人の人たちをお云いする意味で各自治体で色々な成人式が行われていますよね...

タイが親日だと感じる理由。かつては反日だったとは思えない

タイは日本人にも海外旅行などで訪れる人も多いなじみのある国です。 タイが人気なのは親日であり日...

20代後半女性におすすめ!財布を購入・プレゼントするならコレ!

20代後半の女性にぴったりの財布ってどんな物があるのでしょうか? プレゼントするならどんな財布...

おいしいコーヒーの入れ方を伝授!素敵なコーヒータイムにする方法!

みなさんおいしいコーヒーのいれ方って知っていますか? あのお店のように自宅でもおいしいコーヒー...

大相撲を観戦するなら、マナーを守って楽しく見よう!

大相撲観戦というと、あの座布団を投げる光景を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか? しかし...

スポンサーリンク

江戸時代の庶民の食事ってどんな物?

江戸時代の人がお米をたくのは一日一度だけだったようです。

一日の食事内容は

  • 朝食…温かいご飯・お味噌汁
  • 昼食…冷えたご飯・野菜、魚のおかず
  • 夕食…お茶漬け・漬物

今の時代は夕食が一番豪華になりがちですが、江戸時代の人たちはお昼の食事を一番豪華にしていたようです。江戸時代の庶民は玄米を食べていましたが、白米もたくさん食べていました。

でも、玄米に含まれているビタミンB1という栄養は精米することで失われてしまうため、江戸時代の人たちは「脚気(かっけ)」という病気に悩まされていました。

脚気はビタミンB1が不足してしまうと起こりやすくなり、玄米を精米してしまうとビタミンB1を豊富に含んでいる胚芽部分が取り除かれてしまいます。

こういったことからも江戸の人たちは脚気に苦しんでいたようですが、江戸を離れて雑穀米を食べるようになると症状が落ち着くことから、脚気は「江戸わずらい」とも言われていました。

江戸時代の庶民の食事と下級武士の食事は変わらない?

江戸時代の武士たちは、庶民と変わらない食事をとっていたようです。武士には階級があり、将軍・大名から下級の藩士まで、幅広い階級に分かれていました。身分の低い武士はお給料が安く、一般の江戸の庶民と変わらない食生活だったようです。

幕府や藩からもらえるお給料だけではやっていけなかったため、大名屋敷の中に自分の畑を作って野菜を育て、それを収穫して食事にしていたようです。魚を食べられるのは月に数回。それ以外は畑で収穫した野菜と古漬けのたくあんをおかずにしていたようです。

下級藩士の子供であった俳人の内藤鳴雪(ないとうめいせつ)の残した書によると、食卓に魚が出るのは1日、15日、28日の3回と決まっていたそうで、こうしたことからも下級の武士たちは野菜と米ばかりを食べていたことが分かります。

江戸時代の庶民の食事と武家の食事の違い

江戸時代の庶民の食事と武家の食事を比べてみました!

■庶民の食事

「ごはん・味噌汁・漬物」を食べることが多かったようです。今では当たり前に使われている「醤油」や「砂糖」が普及されたのも、江戸時代の頃で、煮物が食べられるようになってきました。

また、農民は幕府から米を食べることを制限されていたため、白米はほぼ食べることが出来ずに、粟やヒエを主食にしていました。魚もあまり食べることが出来無かったため、魚を食べることが出来るのは月に1~2回程度。しかもちょっとだけ裕福な家でだけ食べられていたようです。

■武家の食事

武家の食事は庶民の食事とあまり変わらなかったようですが、見栄や世間体を重んじるために来客があるときやお祝い事がある日は豪華なものを食べていたようです。

ですが、親類や先祖の命日は魚を食べないという風潮があったため、何代も続いてる武家の家では、先祖の命日が来るたびに精進料理を食べていたため、庶民とは別の理由で魚を食べることが出来ない日があったようです。

江戸の庶民の主食はお米!

もしかしたら皆さんは江戸時代の人たちは裕福な家でなければお米を食べられなかったのでは?と思っているかもしれません。

でも、江戸の庶民たちは主食でお米を食べていました。これは江戸が首都であったということも関係しているのかもしれませんが、武士がお米を食べていたため、必然的に江戸の庶民米を食べるようになってきたのかもしれません。

地方から江戸に来る人たちは江戸でお米を食べる生活にあこがれを持っていたとも言われています。お米を主食として食べていたこと以外に、一日三食の食事を摂るということも、このころに出来た風潮です。

今とは違って洋風の食べ物はありませんし、まるで精進料理のような内容の食事ですが、それ以外の部分は今と同じ食事の内容と回数でした。

江戸時代には「三白」と呼ばれている代表的な食材があります。それは「米・大根・豆腐」です。この三つの食材はかなりの頻度で江戸の庶民の食卓に登場していました。

江戸の庶民の間ではファーストフードも流行!

意外かもしれませんが、江戸時代はファーストフードも流行っていました。ファーストフードと言っても今のようなハンバーガーなどではありません。

江戸時代には天ぷらやお蕎麦の屋台が通りにたくさん出ていて、江戸の庶民の小腹を満たしていました。立ち食い蕎麦は今でもありますが、元をたどれば江戸の屋台が発祥。天ぷらの屋台も江戸の人達には人気で、江戸前アナゴやエビを串に刺して食べられていました。

そして、ここで忘れてはいけないのが「お寿司」です。握り寿司はもともと江戸の屋台から生まれた食べ物です。酢飯とネタだけで作れるお寿司は、屋台のファーストフードにはピッタリの物でした。

大きさは今のおにぎりくらいあったようで、2つも食べればもうお腹がいっぱいになる量だったようです。このときの寿司ネタはコハダやアナゴ、かんぴょう巻き、卵焼きでした。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ