生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

犬を仕事に行ってる間にお留守番させるときのポイント

2017.9.1

どうしても、犬をお留守番させなくてはいけないときってありますよね。

こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか?お留守番が苦手な犬でも大丈夫?

仕事やお出かけ、犬をお留守番させるときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の腸閉塞は手術が必要?治療と手術の流れと誤飲の予防策!

猫が腸閉塞になったら、最悪な場合は開腹手術が必要になってしまいます。 腸閉塞になると、どんな症...

母犬の出産後に注意したい食事の栄養と与え方

犬は昔から安産の象徴。とはいえ、出産後の母犬はとても体力を消耗しています。 数か月は授乳のため...

手作り!ハムスターが喜ぶ小屋の作り方をご紹介!

ハムスターの小屋を手作りできるって知っていましたか?気になる作り方をご紹介します。 まずは小屋...

子猫にミルクを与える時は哺乳瓶がおすすめ!上手に飲ませる方法

子猫を飼うことになった飼い主さんの中には、どうやってミルクを飲ませたら良いのかわからないという人もい...

猫と新幹線に乗る時は鳴くことを想定しよう!新幹線移動のコツ

引っ越しなどで、ペットの猫と一緒に新幹線で移動しなくてはならないこともあります。新幹線移動で心配なの...

ハムスターは甘噛みをする?手を洗ってから触りましょう

ハムスターが手を甘噛みしてくることがある! ハムスターが噛んでくるときには本気で噛んでくることの...

金魚の水槽の砂利は交換が必要?ジャリの掃除方法とは

金魚の水槽に砂利は必要なのでしょうか?金魚の水槽に砂利を使うメリットとは?砂利の交換や砂利掃除をする...

犬にミルクをあげるのはいつまで?量や上手な与え方を教えます

犬は人間と同じく母乳で育ちますが、母親がいない場合は飼い主が代わりにミルクを与えなくてはいけません。...

危険!金魚の水槽に泡が発生したら、そのままにしておかないで!

金魚の水槽の水質管理は意外と難しいですよね。 白く濁ったり、泡が消えないような状態になると金魚...

チワワの散歩回数は?毎日必要?気になる疑問を解決!

チワワって体が小さくて可愛らしいですよね。 犬を飼う際に欠かせないのが散歩ですが、体が小さいチ...

サワガニを飼育する上で重要な冬眠のさせ方や基本について

サワガニは日本で唯一淡水のみで暮らすカニです。水のきれいな小川に住んでいます。夏休みのキャンプなどで...

ハムスターの飼い方のポイント!掃除の仕方の注意点や頻度

ハムスターを飼う場合にはケージの中の掃除が必要になりますが、どのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか...

猫がネズミを育てるなんてあり得る?出会う時期が重要です

猫はネズミを追い回し、ついには食べてしまうもの。そんなイメージは絶対じゃないんです。 世界には...

トイプードルのしつけでトイレを覚えさせる方法とコツ!

トイプードルは室内で飼うことが多いので、トイレのしつけは欠かせません。 トイプードルは犬の中で...

猫だって飼い主を忘れない!人間にも劣らない記憶力!?

猫は飼い主を忘れちゃう。そんな話聞いたことありませんか? 猫は記憶力が薄い動物?そんなことあり...

スポンサーリンク

仕事で犬をお留守番させたらどうなる?

お仕事やお出かけで家にお留守番させなくてはいけないときに、犬はどのように感じるのでしょうか?犬はもともと群れて生きる動物なので、孤独が苦手です。孤独の不安と恐れからこんな行動をとってしまいます。

まずは、飼い主の後追い。甘えなきや遠吠え、自分の尻尾を噛んだり落ち着きがなくなります。また、イタズラをしたりストレスから下痢や吐いてしまうこともあります。いつでも、どこでも犬を連れていくのは難しいこともあるでしょう。

犬を飼い始めたときに、お留守番させることもある、お留守番に慣れさせておく準備が大切です。まずは、短い時間でお留守番させることから練習しましょう。同じ部屋にいないこともお留守番の練習となります。5分、10分と徐々に長くしていってください。

このお留守番の練習のときには、決めた時間は犬の要求に答えてはいけません。泣いたり、おしっこをしても時間内は放っておきましょう。日頃から、同じ部屋にいても犬とべったりいるのではなく離れている時間も必要です。

仕事でお留守番させることが多いなら犬選びが重要!

種類によってはお留守番が得意ではない犬もいます。ある程度は、しつけ次第で留守番ができるようになりますが小型犬は留守番が苦手な種類もいるので飼い始めるときにどんな性格なのかを知っておくといいかもしれません。

小型犬は長期間留守番をさせていると、物を噛んだり無駄吠えをするようになることもあります。このストレスから体調不良を起こしてしまうこともあるので気をつけましょう。

留守番が得意な犬の種類は、聞き分けがよく、人懐っこい性格のシーズー。

飼い主に忠実で、頭が良いと言われている柴犬

依存しすぎる性格ではないチワワ。

人間の3歳児並みの頭脳を持っているミニチュアシュナウザー

飼い主のいうことをよく聞き初心者でもしつけがしやすいトイプードル。

ストレスに強く自立心の強い犬種を選ぶことで、お留守番の不安も軽くすることができるでしょう。しかし、最初からお留守番が得意な犬は、ごくわずかだそうです。逆に言えば、どんな犬でもトレーニングすればお留守番ができるようになるので飼い主さんと一緒にがんばりましょう。

仕事で犬を留守番させるときはケージに入れる?入れない?

ケージ内でお留守番できるのであれば、何かを誤飲したりイタズラをされないというメリットがあります。

ケージやサークルの中でトイレができるのであれば、適した環境と言えるでしょう。犬がケージ内でも苦痛でなければ問題はありません。好きなおもちゃやおやつなどを置いてあげるといいでしょう。留守番に慣れるまでケージを使うのも暴れたりケガ防止に繋がります。

ケージに入れない場合、夏や冬などは涼しい場所に移動できますし自由に動けることはメリットですが自分のテリトリーに異常がないか気を張ってしまう可能性があります。自由に動ける範囲を少なくしてあげることも大切です。

お留守番をさせるときには、テレビやラジオ、音楽をかけてあげると効果的と言われています。外の音にも敏感に反応しないですむので、よく物音に反応してしまう子にはおすすめです。

夜の場合、電気は少し暗めか離れた場所を点けておいてあげるといいかもしれません。

犬をお留守番させるときは部屋の環境を整えよう!

犬をお留守番させるときは、室内環境をきちんとしてあげることが大切です。とくに小型犬の場合は、室内温度によって体調が変わりやすいので昼間にはどのくらい暑くなるかやどのくらいから気温が下がり始めるかなどを知っておく必要があります。水がなくならないようにしておくことも大切です。

犬がいたずらしそうなものを部屋に置かない、どこでも行き来できるようにしておかないなどの対処をしておきましょう。お留守番が得意ではない犬の場合、飼い主が外出してから約15分で体調を崩すことが多いそうです。

ここから、ストレスを感じて休む犬もいれば飼い主の気を引くために枕や毛布を噛んだり、ビリビリにしてしまう行動を起こしてしまう犬もいます。

さらに、ストレスを感じると毛が抜けてしまう場合があるので部屋を散らかしてしまうときは注意が必要と言えます。お留守番をさせる前には、たっぷりと散歩に行き犬を疲れさせておくこともいいでしょう。

犬はどのくらい留守番することができる?

犬がお留守番できる時間は、何時間といったものはありません。留守番が得意な犬もいれば、不得意な犬もいるからです。長くても4時間が限界という意見や食事やトイレのことを考えると12時間程という意見もあります。

お留守番の間は寝て待つという犬もいるそうです。長い時間、お留守番をさせるのであればペットシッターやペットホテルを利用するのもいいでしょう。犬をお留守番させるときは、ペットカメラをつけておくと犬の行動を知ることができます。

普段から1人で遊ばせることも、お留守番が苦手じゃなくなるコツと言えます。一人遊びできるボールやトレーニンググッズを用意してあげましょう。このときに、飲み込んでしまわないよう大きさや強度のあるものを選ぶようにしてください。

長くお留守番をさせる犬は短命というデータもあるので、できるだけ寂しい思いをさせないように、お留守番をさせた後にはいつも以上にスキンシップをとってあげてくださいね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 動物・ペットのコツ