生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

幼稚園の先生が夏休みをどう過ごしているのかを調査!

2017.9.1

私の友人は幼稚園の先生です。さすがプロ!子供の心を掴むのがとっても上手で私の子供たちも一瞬で懐きました。

友人に聞いてみると「幼稚園の先生は大変だけどやりがいもあり大好きな仕事」との事。

夏休みなどの長期連休中にも出勤しているとの事で、どんなことをしているの?と聞いてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

三歳の誕生日のおすすめ夕飯レシピをご紹介!盛大にお祝いしよう

子供の成長は早いもの。三歳が近づいてくると、好きなもの嫌いなものもはっきりしてきますよね。 だ...

2歳児の保育園での遊びについて調べてみました

保育園ではいったいどんな遊びをしているのでしょうか? 2歳児の場合は?どんな遊びが人気なの? ...

絵具は3色あれば充分?色の作り方と本当の「色の三原色」

子供のころから多くの人が使い慣れているであろう絵具色。実は3つの色があればほとんどの色は作れてしまう...

40代の主婦の皆さんにオススメしたい資格はこれ!

40代の主婦みなさん!子育ても落ち着き、時間もあるので再就職や何か資格をとるのにはいいチャンスですよ...

子供の性別の判明に関するをご紹介!マタニティママさん必見!

子供の性別を知りたい!というママさんパパさんは多いと思います! そして最近では超音波検査の精度...

ブレンダーは離乳食に最適!少量だって大丈夫です

ブレンダーを離乳食作りに活用すると、少量の離乳食も簡単に作る事ができます。 離乳食だけじゃなく...

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出・抱っこ紐なしでの外出は危険かも

赤ちゃんが生後1ヶ月くらいになるとママと一緒に外出できるようになります。それまではずっとお家の中で過...

中3の娘が反抗期!親の出来る対処法やNGな行動はコレ!

中3の娘が反抗期に突入!何かにイライラ、ずっと不機嫌・・・一体何がそんなに気に入らないの? 反...

近所の子供がしつこい時の上手な対処方法について!

近所の子供が毎日毎日家に入れてとしつこく言ってきたり、しつこく質問してきたリ…。 どうしてこの...

兄弟や姉妹の間で起こる差別!?その理由とは

兄弟や姉妹の間で親によって差別を受けたことがある、もしくはそう感じた経験はありませんか? では...

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はどのくらい?基準について

赤ちゃんを育てていると気になるものの1つに体重の変化があるのではないでしょうか? 母乳で育てて...

子供が友達とゲームで遊ぶ時に注意すべきポイント!

ゲームで遊ぶ子供が多くなっていますが、親にとっては勉強してくれないなどの悩みもあるのではないでしょう...

離乳食を朝食に出しても食べない時のアドバイス!

離乳食が始まるとママもいろいろな悩みが出ます。時期に合わせた食材や調理法。 大人とは別メニュー...

7ヶ月の赤ちゃんの服のサイズや発育についてご紹介!

赤ちゃんを育てている方は成長の速さに驚いているのではないでしょうか? ついこの間まで新生児用の...

子供に習わせたい音楽教室!男女別人気のある習い事

お子様に習い事をさせたいと思った時に、親もいろいろと悩みますよね。 まわりのお友達の口コミを聞...

スポンサーリンク

幼稚園の先生は夏休みも仕事しているけれど休みはあるの?

私の友人が勤めている幼稚園は夏休みはしっかりあるそうです。園児が休みの間も出勤して仕事をしていますが、お盆の頃に約5日~7日お休みになるそうです。(地域や園の方針、取り決めにより違いはあります)

園が夏休み中も先生も仕事をしているわけですが、研修会や勉強会、これからの行事の小道具や飾りを手作りしたりとかなり忙しい様子です。

特に担任の先生は、平日が忙しいのでこういった長期休暇中に製作物を早めに作っていくようです。ですが中には、ほぼ製作物もなく研修も少なく20日間ほど休みになる幼稚園もあるそうなので、その園によって幼稚園の先生の夏休み事情は変わるようです。

夏休みはありますが、普段はとても忙しく残業も多い様子。一日の保育が終わってから、やることがたくさんあります。特に担任の先生は、急病ではない限り普段休むことができないため少し長めの休暇でリフレッシュできると良いですよね。

幼稚園の先生の夏休みは?平日に休むことはできるの?

幼稚園の先生は、園の長期休暇中に連休があることが多いです。幼稚園が開園している普段は、特に担任を受け持っている先生は有給がとりづらい傾向にあります。ですが基本的に、土日祝日が休みなので働きやすい環境であるとも言われています。

例えば土曜日に発表会などがある時には、振替休日が設けられているのでしっかり休みがもらえます。

私の息子が通っていた幼稚園では発表会で着る衣装はすべて先生たちの手作りでした。1クラス30人分の衣装を製作するのはどれほど大変だっただろうと驚きと感謝でいっぱいでした。

こういった衣装の製作も、普段はあまり時間がとれないので園児のお休みの夏休み中に出勤し制作に取り組んでいるようです。

幼稚園の先生の夏休みがない場合もある?

幼稚園の夏休み中、先生のお仕事と言えば研修会や勉強会、日直や新学期の準備などが主な仕事です。

私の友人が勤めている幼稚園は、時々預かり保育のお手伝いをするけれど夏休み期間中はほぼ休みだと言っていました。ですが中には夏休みがない、または休暇が短い幼稚園もあるそうです。それはやはり園の方針で決まっていて。園児が休みでも先生は毎日変わらず出勤しているそうです。

一般企業も夏季休暇と言えばお盆の時期に3~4日あればいいところですよね。その感覚に近いのだと思われます。

1日の勤務時間も行事前でなければ定時で帰ることができる園や毎日残業、持ち帰りの仕事があるなど、園によってかなり内容や休日数など待遇が違うようです。幼稚園の先生が、勤務先を選ぶ時には自分に合った条件をよく吟味する必要があります。

保育士と幼稚園の先生のお給料の違いはある?

保育士と幼稚園の先生なら、全国の平均で比べるとお給料が多いのは幼稚園の先生です。多いと言っても少し多いという程度です。

ともに小さい子供にかかわる仕事であることに違いはないのですが、若干幼稚園の先生の方がお給料は多いのですね。どちらにも共通して言えるのは、公立か私立かの違いでもお給料は変わってくるようです。

とはいえ、幼稚園は子供の保育時間が4時間なのに対して保育所は11時間で、赤ちゃんも受け入れるので責任も重大です。なのに幼稚園の先生よりもお給料が少ないというのは納得いかないものですよね。

子供の事をよくわかっていない人からすれば、子供が好きなんだからいいじゃないか。遊んでるんでしょ?とう感覚の人もいますが、子供と触れ合い、いろんなことを教えながらケガのないよう常に目を光らせてなければいけない仕事なので本当に大変な仕事なのだという事を理解してもらいたいです。

幼稚園の先生のお給料はもう少し高くても良い!

幼稚園の先生は夏休みはあるけれど、普段の勤務時間や内容を考えるとお給料は少ないなあと思います。夏休みは、研修会や日直で出勤するものの少しは時間に余裕がある仕事ができますが、普段はかなり長時間労働です。

バスの当番の日は朝8時に出勤し、残業して帰宅は8時ころです。行事前だと10時くらいまで園にいることもあります。少し早く帰っても、持ち帰りの仕事があったりと忙しい毎日を送っています。

お昼も子供たちと食べるのは楽しいですが休憩時間ではないのです。ほぼ毎日、休憩なし10時間労働という形の勤務形態になりますね。ですから、夏休みや冬休みは少しくらいまとまった休みがあるくらいでちょうど良いのです。普段忙しい先生たちも、長期休暇中にしっかりとリフレッシュしてもいいですよね?

幼稚園の先生はとてもやりがいのある仕事です。子供の成長を間近で感じることができるし、行事までのに苦労しながらも達成した行事で子供と一緒に喜びを分かち合えるのは何とも言えない充実感が得られます。大変なですが魅力がいっぱいの仕事なんですよ。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ