生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

法事を欠席する際のご仏前はどうすればいい?香典に関するマナー

2017.9.12

法事の案内がきたけれど都合がつかず欠席しなければならない時、香典のご仏前はどうしたらいい?

送っても失礼にあたらない?どのタイミングで送ればいい?

そんなお悩みのあなたに、法事のマナーやルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お盆に旦那の実家に行かないと非常識?行きたくない○○な理由

年に何度も帰省しているのに、お盆にも旦那の実家に行くのはお金もかかるし、気を使うし正直めんどくさい!...

友達の嫉妬や独占欲を感じたら?対処法を身に付けて華麗にスルー!

友達からの嫉妬や、独占欲を苦しく感じるようになったら? 離れたくても離れられないから、悩むよね? ...

学校で友達がいない人!体験談やアドバイスを紹介します!

学校で友達がいない・・・これからどうしたらいいのか、友達は作る事ができるのか不安な人もいると思います...

覚えておきたい!友人の結婚式に参列する際のご祝儀マナー

友人の結婚式に参列する際、ご祝儀はいくら渡せば良いのか迷いますよね。 また、渡す際にもマナーが...

一人暮らしでホームシックになった社会人のあなたへ!解消法

社会人になって初めて一人暮らしをしたという人は、慣れない一人暮らしで四苦八苦しているかもしれませんね...

友達と連絡をとる頻度はどれくらいがベスト?一番大切なこととは

いくら仲の良い友達でも、お互いの環境が変わってしまうと連絡の頻度は少なくなってしまうもの。 友...

家族が不仲の原因って?家庭が安心できる場所であるためには

家族が不仲の原因としてあげられるのが、両親が不仲であるというのがあります。 仲の良くない両親が...

長男の嫁は大変!気になる旦那の実家との付き合い方

結婚した相手が長男だと、旦那の実家とどう付き合っていけば良いかと悩む奥さんも多いですよね。 長...

会社の先輩が冷たい原因は自分にある!?問題解決!

会社の先輩が自分にだけなんだか冷たい・・・そう感じて悩んでいませんか? 職場の人間関係が悪いほ...

本音を言えない性格は改善できる?詳しく説明します!

本音を言えない性格で悩む人が多いといいます。 その心理を占めているのは「嫌われたくない」という...

人が変わるにはどのくらいの期間が必要なのか?そのきっかけとは

人は性格や思考回路を変えることができるのでしょうか? 変わるきっかけや環境が整えば、変わること...

旦那の実家が貧乏?注意点や仕送り事情について

結婚したら旦那の実家が貧乏だったという人。 すでに実家が貧乏だって知っているという人。 色んなタ...

LINEだけの友達なんていらない!完全削除でスッキリするかも

なんとなくその場のノリでLINE交換してしまうことありますよね。大して仲良くもないのに、LINEの友...

将棋が趣味な男性は女性から知的と好印象のワケとポイント

将棋が趣味だという男性は、ひと昔前だと地味なイメージが強かったかもしれませんが、最近では女性から知的...

Facebook(フェイスブック)で趣味が合う友達を探そう!

登録者数が多いFacebook(フェイスブック)。 あなたの周りにもFacebookを利用して...

スポンサーリンク

やむを得ない事情で法事を欠席する時、ご仏前はどう包むべき?

仕事や遠方に住んでいる場合にどうしても、法事に行けない場合がありますよね。そんな時には香典だけでも送りたいと思いますが、どうするのが1番良いのかと頭を悩ませることがありますよね。

香典を現金書留で送ることは失礼に当たるのでは?と思いますが失礼には当たりませんので、お詫びの手紙と返信ハガキと一緒に送りましょう。

お詫びの手紙の内容や文例は、あとの記事でご紹介します。

法事で欠席する場合でも、マナーとして供物料(お香典)をお渡しするのが一般的と言われています。お供物料の金額は一般的には3千円~5千円くらいと言われています。あまり金額が大きいと、お返は何にしようかと逆に気を遣わせてしまうこともありますので、常識的な範囲の金額にしましょう。

なのでやむを得ない理由で法事を欠席する際には、現金書留に香典(ご仏前)とお供物料を別々に包み、お詫びの手紙と法事の返信ハガキを入れて送りましょう。

※ハガキが届いたら一週間以内に必ず返事を返すようにしましょう。

法事を欠席し事前にご仏前を送っていてもお参りに行く際のマナー

仕事ややむを得ない事情で法事の日に行くことができない場合に、事前に香典のご仏前を送っていた場合でも日を改めて故人宅に伺う場合には、マナーとしてお供物料や菓子折りを持っていくことが一般的なマナーと言われています。

故人の好きだったお菓子やお花やお線香などが良いでしょう。

気を使わなくて良いと言われていても、正直 手ぶらでは良い印象を与えません。また弔問に伺う日は遺族の方に事前に連絡し、日時を決めることもマナーの一つです。

近くに行く用事があるからと突然行かれては、相手の都合もあり失礼にあたりますので、必ず事前に連絡をしてから伺うようにしましょう。

法事の案内が届き欠席する時には、一週間以内の返事とご仏前を!

法事の案内状が届きどうしても欠席しなければならないのがわかっている場合には、施主側には準備の都合があるので遅くとも一週間前までに、返事とご仏前を現金書留にて送るようにするのがマナーです。

前の記事にも書きましたが、返信ハガキ・お詫びの手紙・香典(ご仏前)お供物料の4点を忘れずに現金書留で送りましょう。

案内が届いているのに、まだ期間があるからと欠席なのに返事を出さないには失礼にあたります。届いた時にはすぐに送るようにするのがマナーです。

また供花などを贈る場合は、供花は三回忌までは白い花を中心にすることが一般的なマナーと言われていますが、供花は花束やアレンジメントにしてもかまいません。また日を改めて故人宅を伺う時に、供花を持っていくのも良いでしょう。

お詫びの手紙の内容や文例はこんなふうに書きましょう。

法事を欠席する時には香典と一緒にお詫びの手紙を添えることで、より一層丁寧になります。その手紙にどんな内容のものをかけば良いか頭を悩ませますよね。ここでは一般的によく使われている文例をご紹介いたします。

○文例

この度は亡き○○様の○○回忌の法要にお招きいただき、ありがとうございます。

早いもので、○○様が亡くなられてもう○年になるのですね。今も○○様のお優しい笑顔が思い出されます。

さて、お招きいただいた法要の件ですが、あいにく当日はどうしても都合がつかずお伺いすることができません。是非御仏前にお参りしたいと存じましたのに、大変申し訳ございません。欠席させていただくことをどうかお許しください。

なお、心ばかりのお香料を同封させていただきました。どうぞ御仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。

※ハガキと香典を現金書留で同封する方法も良いですが、別便で送る方が丁寧で失礼にあたることはないでしょう。

法事のご仏前に包む金額や会食に出席するかしないかで差をつけて

通夜や告別式に参列するときと同様に法事に出席する時には、香典を出さなければならないマナーがあるのを知っていますか?

その包む相場は出席する場合で、会食をする場合は一人あたり1万5千円~2万円程度を包みます。会食をしない場合の相場は親族の場合は1万円、そうでない場合は5千円程度となっています。もし会食する場合は一人当たり+5千円を包むことがマナーです。

会食金額の中には会食とお返し(引き物)が含まれています。その場でお渡しするものですので、お供えの額によらず2000円〜5000円程度の品物を用意してると言われています。なので法事のご仏前に包む金額や会食に出席するかしないかで、包む金額を考えましょう。

※法要、お墓参りのあとは一般的には会食の席が設けられているので、そのあと食事をするかどうかで包む金額は変わってくることを覚えておきましょう。

この時の不祝儀袋には御仏前や御佛前、御供物料、御香料を選び、黒白や双銀などの結びきりの水引を使用するのが一般的です。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 人間関係のコツ