生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

2017.8.31

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。

買い置きしておいたり、たまたま買ったコーヒーが飲まずにあったのに気づいたら?

ペットボトル入りのコーヒーや水の賞味期限について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

夫と旦那の正しい使い分けについてを説明します!

結婚したら相手をなんて読んだらいいのか悩みますよね。 夫、旦那、主人、など。どの呼び方が正しい...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

クッキーを作るのにオーブンなしでも簡単に作れる方法

クッキーを作る時にオーブンなしだと作れないと思ってはいませんか?実はオーブンがなくても簡単に作れる方...

源泉徴収票には退職日が記載されているので嘘がバレます!

転職回数が多い人や無職の期間が長い人は職歴を誤魔化したいと思うこともあるでしょう。 履歴書に職...

住民票のコピー、写し、原本は別物?その違いをご紹介します

何かの手続きをする際に、住民票が必要になることがありますよね。 その際に「住民票の原本」「住民...

子供の騒音問題!社宅でのトラブル解決法について!

社宅に住んでいる方は小さい子供のいる家庭が多く騒音の問題になりやすものです。 子供の騒音による...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

一人暮らしで実家の近く住むとこんないい事もあります

一人暮らしをしたいけれど不安!という方は、まずは実家の近くから始めてみるのはどうでしょうか?こんなメ...

10年住んでいた賃貸物件を退去する時にかかる費用について

10年間住んでいた、賃貸物件を退去する時、退去費用はどの位になるのでしょうか? 大家さんから、...

車は現金で支払いすると得?メリット・デメリットを紹介します

車は現金で支払いをしたほうが安くなる?車を買うときに現金で買う場合とローンを組む場合では値引き自体に...

アクリルとガラス、水槽を選ぶ場合の基準を教えます!

観賞魚を飼育しようと思ったものの、水槽をアクリルにするかガラスにするか悩む人も多いでしょう。 ...

自転車の防犯登録番号を忘れたらこんな方法で調べよう!

買ったばかりの自転車が盗まれないように自転車の防犯登録をする人も多いかと思いますが、しかし自転車が盗...

手取り20万円の給料で生活費を上手にやりくりするには!?

給料の手取りが20万円という一人暮らしの方は、十分余裕がある生活ができますね。 しかし、家庭を...

月給20万の手取りで結婚はできる?月給20万円の生活とは

結婚を考えているけれど、月給20万ではやっていくことは難しい?月給20万の手取りで結婚をするときには...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

スポンサーリンク

ペットボトルコーヒーの賞味期限はどこまで信用する?

◆賞味期限は、あくまでも「開封前」が前提

ペットボトルのコーヒーは、キャップの部分などに消費期限が書かれています。基本的には、その日付までおいしく飲めるということになります。

ただし、一度キャップを開けてしまったら賞味期限の日付は無関係。早めに飲み切るようにしましょう。

◆ペットボトルに直接口をつけたときは要注意

開封したペットボトルは、できる限り早く消費した方がいいですが、飲む時はコップなどに注いてから飲みましょう。

口をつけて飲んだり、ストローを差し込んで飲むなどの場合は、その日のうちに消費することをおすすめします。

目には見えなくとも、口をつけて飲んだり、ストローを使って飲むと見えない雑菌がボトルに入り込み繁殖する恐れがあるのです。

賞味期限が過ぎたペットボトルのコーヒーは飲んじゃダメ?

◆賞味期限が切れている

賞味期限とは、メーカーが推奨する「おいしく飲める期間」であって、それを切れたから飲めなくなるというわけではありません。

風味や味わいに変化が生じる可能性はあるけれど、飲んでも問題ないといえます。ただし、温度や湿度が極端に高いなど、記載されている保存方法を守っていない場合は飲むべきではないでしょう。

◆消費期限が切れていたら?

「賞味期限」と間違えやすいものに「消費期限」があります。消費期限は「安全に飲める期間」なので、日付後まもなくのうちは問題ないことが多いでしょう。

ただし、念のため次のことは確認しましょう。

  • 変色が見られないか
  • 味が変化していないか
  • おかしな臭いがしないか

少しでも違いを感じたら飲むのはやめて廃棄しましょう。食品を廃棄することは、もったいないことです。普段から正しく管理して、安心して飲める期間内においしくいただきましょう。

賞味期限が近づいたペットボトル水はコーヒーや料理に使おう

まとめ買いしておく食品の中でも、賞味期限を見過ごしがちなものがいくつかあります。缶詰など消費期限が長いものもそうですし、腐るイメージが少ない飲料水もその一つ。保管場所が悪いと、水に臭いが移ってしまうケースや、ペットボトルの劣化で雑菌が入り込むことも。

賞味期限が切れていると、見た目や色にも問題なくても、おいしいと思って飲めなくなります。多くの人は、そこまで水の味を感じないかもしれませんが「賞味期限切れ」と聞くと、惜しくないと感じてしまうものです。でも、そのまま捨てるのはもったいないと思ってしまいますよね。

そんなときはコーヒーやお茶を飲むために沸かして使うといいでしょう。あまり家でコーヒーなどを飲まないのであれば、料理に使えばいいのです。過熱して使うなら、安心して消費することができますよね。

毎日飲む水は、多めにストックすることがありますが、補充したときには古いものから消費して賞味期限切れを出さないようにすることが大切です。

ペットボトルの水にも賞味期限が設定されている意外な理由

ミネラルウォーターを販売している大手メーカーによると、ミネラルウォーターのペットボトルは完全に密封されていても、ごくわずかながら空気を通してしまうというのです。それが長期間になると、中身の水が少しずつ蒸発して容量が減ってしまうというのです。500ミリリットルのペットボトルだと、2年ほどで10ミリリットルも蒸発してしまうとのこと。

でも、減るだけなら問題ないのでは?とも思いますが、そうなると法律違反になってしまうというのです。

500ミリリットルで販売しているものが、10ミリリットル減って490ミリリットルになってしまうと、「計量法」をという法律に引っかかってしまう可能性が。

計量法とは、正しい量で販売することを定めた法律のこと。日常的に取引される商品の、単位や量について法律で定められた規定です。

水道水の賞味期限は意外に短い?浄水器の水はさらにデリケート?

水が未開封のペットボトルから蒸発して、内容量が減ってしまうことが、水に賞味期限を設定している理由だというのは、おわかりいただけましたよね?では、それ以外のことはどうなのでしょうか?

結論から言うと、正しく密封されたペットボトルの水は「腐らない」と言えます。ただ、ペットボトルのような樹脂でも、長い期間があれば空気や臭いなどを透過する可能性があるのです。

たとえ衛生上は問題なかったとしても、といてい「おいしく」飲むことはできません。あくまでも理論上の話でいえば、密封されたペットボトルの水は、半永久的に飲むことができるかもしれません。

しかし、賞味期限に設定されている2年を超過すると、ペットボトルが劣化して傷み、雑菌などが繁殖したり入り込んだりする可能性は否定できません。設定されている賞味期限内に使い切ってしまうか、以上があれば廃棄してください。

ちなみに、水道水は塩素で殺菌されているため腐りにくいものの、塩素は抜けるので長期保存には向きません。浄水器を使用した水は、そもそも塩素を取り除いてしまうあため、水道水よりも腐りやすくなります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ