生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

警察へ連絡済みの紛失した携帯・・・その後の流れを解説!

2017.8.31

万が一スマホや携帯を紛失した場合、警察に届ける人が多いと思いますが、その後はどうなるのか知らない人も多いのでは?

実は紛失したスマホ・携帯が見つかっても、警察は連絡してくれません。

スマホ・携帯を紛失した場合の流れについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車レッドカードには罰金などの罰則があるわけではない

自転車に乗っていて警察官からレッドカードをもらっちゃった!これって罰金?どんな罰則があるの? ...

学校内での盗難被害で警察が介入すべき問題と指導の境界線

通常盗難被害に遭った場合は、すぐに警察へ連絡をすべきですが、それが学校内ともなるとちょっと事情も変わ...

道路交通法違反は現行犯が基本?取り締まりについて

車の運転をしていると道路交通法違反をしている車を、見かける事もありますよね。違反している車がいても近...

ネズミ捕りで警察から逃げるリスクと警察が必死になる背景とは

警察が行う取り締まりの1つに「ネズミ捕り」というものがあります。 油断した隙を狙って検挙される...

出産祝いを贈る時期はいつがいい?出産前に渡しても良い事例

出産祝いを渡すときは赤ちゃんが産まれてから渡す人が多いですよね! 出産前にお祝いを渡しても良い...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

社会保険の加入手続きの期間や方法、条件について

転職や就職などで社会保険の加入手続きをする方もいると思います。加入手続きはいつまでに行わなくてはいけ...

お通夜に参列していただいたときのお礼やマナーについて

お通夜に参列してくれた人や香典のお礼はメールでも大丈夫なのでしょうか? 親しい人でも、こんなお...

縦列駐車のコツを教えて!教習所で縦列駐車を上手に行うコツ

教習所での運転の実技の中でも苦手な人が多いのが「縦列駐車」ですよね!運転免許証を取得した後もなかなか...

キャリーケースを機内持ち込みするなら何泊分?その目安とは

旅行する時に便利なキャリーケース。その大きさや素材にもいろいろな種類がありますよね。 飛行機に...

厚生年金と国民年金の両方払うことがあったときの対処方法

厚生年金と国民年金の両方払う時期があった場合はどのように対処したらいいのでしょうか? 基本的に...

ホテルのベットにあるシーツの正しい使い方について

ホテルのベットのシーツがピーンとしているのには理由があります。 ベットのシーツは引っ張り出す?...

簿記の勉強を自宅以外の場所でしたい!勉強に最適な場所とは?

簿記の勉強をしたいのに、自宅ではなかなか集中力を維持することができませんよね。 簿記の勉強では...

江戸時代の庶民はどんな暮らしをしていたの?江戸の暮らしとは

時代劇などでおなじみの江戸時代。ドラマでは見たことあっても実際の庶民の暮らしはどんなものだったのでし...

コンビニのバイトを辞める時にはタイミングに注意しよう!

コンビニのバイトを始めたけど、辞めたくなってしまった・・・そんな時、どういうタイミングで伝えればいい...

スポンサーリンク

携帯電話を紛失した・・・見つかったらすぐ警察は連絡してくれるの?

携帯電話を紛失した場合、警察に届けを出していれば見つかったらすぐに連絡はくれるのでしょうか?

携帯電話にはいろいろな個人情報が入っています。拾得物として見つかった場合でも警察では操作せず、その携帯電話機のチップから電話番号を調べて、本人にではなく携帯電話会社へ連絡するようになっているようです。

そのため、もし携帯電話が見つかっても警察が直接電話するのではなく、携帯電話会社が紛失した本人へ連絡するようです。でも、これは携帯電話を拾ってくれた人が警察に届けてくれた場合です。

遺失物は落とした人が3カ月以上わからない場合、そして落とした人が警察へ取りに行かなかった場合は、拾った人が所有権を主張できることになっています。しかし法改正によって、情報が入っているパソコンや携帯電話、カードについては廃棄と決まっています。拾った人に所有権が行くことはありません。

携帯電話にかかわらず、遺失物の還付率(返還率)は30%ほどしかありません。捜すより新たに買った方がラクと言えるでしょう。

警察よりも、携帯を紛失したらまず携帯電話会社へ連絡しよう!

紛失した携帯電話が見つかったら、携帯電話会社から連絡が来ると言いましたが、ではすぐに受け取りは可能なのでしょうか?

ある携帯電話会社へ聞いてみました。紛失した携帯電話について警察から携帯電話会社へ連絡が入ると、その会社では登録されている住所に郵便で書類を送付するとのこと。その書類を読んで、警察で受け取ってもらうという流れになっているようです。

携帯電話を紛失した場合は、警察で「遺失届」の記入が必要になります。ただ、もし紛失した携帯電話が見つかっても、警察に届けられてから携帯電話会社に連絡して持ち主を特定するまで数日かかります。その点を理解しておきましょう。

そして警察よりも先にやるべきことがあります。それは携帯電話会社に電話して、回線を停止してもらうこと。電話がつながらない時は、お店に直接行くのも一つの方法です。

万が一のためにも、遠隔ロックの設定や画面ロックの設定はしておくようにしましょう。

紛失した携帯電話が警察に届いてる!それでもすぐには渡してくれない?

ある人はiPhoneを紛失。でもiCloudからiPhoneの場所を探すと、誰かに拾われた様子だったといいます。

直接電話してみると、拾ってくれた人が警察署に届けてくれると話してくれたとか・・・そしてその後もiCloudでチェックしてみると、某警察署にあることは確認できたといいます。

これで安心と思ってその警察署に行ってみたところ、実際にそのiPhoneが届けられていることがわかったのですが(実物が見えたので)、警察では返してくれなかったと言います。

警察は携帯会社へ連絡し、携帯電話会社から紛失した本人へ連絡する流れになっていることは説明しましたが、その手続き中だから今渡すことができないとのこと。自分の携帯電話に間違いないと説明しても一向に渡してくれなかったといいます。

実際に利用している携帯電話会社から連絡が入ったのはその約二日後・・・警察にあるから安心はできたけど、手続きに時間がかかることを実感したと言っていました。

iPhoneを紛失・・・警察へ届けを出す前にこんなことをやってみました!

iPhoneを紛失した経験のある人は、まずこんなことを試してみたといいます。

①まずそのiPhoneへ電話してみる

誰か拾ってくれているのであれば出てくれる可能性がある・・・そう思ってかけてみました。でもパスワードロックをしているので、出てくれるとは限らない。

でも電源が入っているかどうかの確認はできます。電源が入っていなければ、そのアナウンスがかかりますよね。

②友達に頼んで、アプリで探してもらった

iPhoneに関して詳しい友達に聞くと「Find My iPhone By Apple」というアプリがあるようです。このアプリがあればiPhoneの設定→位置情報サービス→iPhoneを探す。

これでできるはずだとやってもらったのですが、これがONになっていなかったので、できなかったようです。

③iCloudにアクセスして探す

さきほどの話にもありましたが、これが一番捜しやすいのかもしれません。結局は見つかったのですが、万が一のことを考えて手は打っておくべきだと感じたそうです。

スマホや携帯を紛失した時にやるべきことを理解しておこう!

万が一携帯・スマホを紛失してしまっても、まずは落ち着きましょう。

携帯・スマホを捜すことも大切ですが、悪用されることを防ぐことも大切です。携帯電話会社ごとに紛失時のサービスも提供しているので、利用しましょう。

紛失した場所がわかるのであれば、その周辺の駅やお店に連絡してみましょう。そしてその場所を管轄している警察署や交番に遺失届を提出します。

もし紛失した場所がわからないのであれば、見つかる可能性はかなり低いでしょう。その場合は悪用防止策を優先させましょう。

携帯電話会社の紛失時サービスを確認してみましょう。会社によってサービスの内容は違うかもしれませんが、遠隔操作など画面ロックやサービス機能の停止をしてもらいましょう。

もしもの時のために、紛失対策アプリなども現在ではいろいろあります。普段から対策するようにしておくことが大切です。

iPhoneにはAppleが提供しているサービスがあるので、確認しておきましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ