生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

人間は肉食?草食?○○を食べたから脳が大きくなったらしい

2017.8.31

人間は肉も食べるし、野菜や果物も食べる。肉食動物?草食動物?

両方を食べる動物は雑食動物ともいえますが、体の構造から見るとどうなのでしょうか。

肉食と草食の違いや、体のつくりから見えてくる動物と食事の関係について見て行きましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

dv加害者の職業の関係性、dvを起こす人の特徴とは

dvは身体的に受ける暴力だけではありません。そしてごく一部で起きていると思われがちですがごく普通の家...

No Image

ピアスの作り方…ビジューピアスを自分で作ってみよう!

ピアスの作り方を知って、自分好みのビジューピアスを作ってみませんか? ハンドメイドのサイトでもよく...

階段の昇り降りがトレーニングになる!驚きの効果とやり方とは

日頃の運動不足が気になりませんか? ですが運動したいと思っても時間がない、面倒なことはやりたく...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

インフルエンザに旦那が感染!隔離または避難で子供を守る

旦那さんが会社からインフルエンザをうつされて帰ってきた!そんな時は、何とか子供への感染を防ぎたいです...

女子顔負けの男性メイクとは!?イマドキのメイク事情を解説

最近は女子顔負けするほど、きれいにメイクする男性が急増しています。 しかし、男性がメイクしてい...

女性の魅力は年齢では決まらない!本当の魅力について考えよう

女性は若い方が魅力的・・・そんなふうに年齢ばかり気にする女性が多いようですが、本当にそうなのでしょう...

ヨーグルトで腸活!自家製ヨーグルトの健康効果

キレイな腸を目指すには発酵食品を積極的に摂りたいですよね。 発酵食品の代表のヨーグルト、買って...

飛行機に乗るときの心得!トイレが近い人にお勧めのポイント

トイレが近い人は飛行機に乗るときにトイレに不安を覚えますよね。 普段からトイレが近い人が飛行機...

デジタルパーマを失敗した!やり直しをする場合の注意点!

きれいなカールを期待してデジタルパーマをかけたものの失敗した、思ったよりかかりが悪かった・・・。そん...

飲食店は食中毒に注意!保健所との関係と食中毒予防マニュアル

飲食店を経営するうえで、一番気をつけなければならないのが食中毒ですよね。 もしも、飲食店で食中...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

ジョギングを30分する効果!脂肪燃焼やダイエットの効果がある

元気で健康的な体を維持したい・蓄積された脂肪をどうにかしたいと思ったら、ジョギングを取り入れてみまし...

筋トレと言えば『腕立て』と『腹筋』!腕立てには腹筋の効果も!

筋トレと言えば『腕立て』や『腹筋』でしょう。 腕立て伏せには同時に『腹筋』へのアプローチがある...

スポンサーリンク

人間は肉食?草食?消化器の構造は草食動物の特徴を持っている

人間の歯は門歯・犬歯・臼歯があります。大きく分けると、門歯・犬歯は肉を噛み切るための歯で、臼歯は草などの植物を擦り潰しながら食べるための歯です。人間は食物を噛んでいるときに分泌される唾液に、澱粉を消化する働きがあり、これは肉しか食べないのなら必要ありません。

人間は長い小腸を持っていますが、これは植物を時間をかけて消化するためのものです。肉食動物は肉を早く消化するために強い胃酸を持っており、肉食動物の消化器は人間に比べてかなり短い構造をしています。

つまり、消化器の構造を見る限り、人間は草食動物の特徴を備えています。とはいえ、私たちはベジタリアンなど一部を除き、肉も食べます。

動物の分類上、食肉目という項目があり、犬や猫などもここに含まれます。肉食動物であっても野菜・果物・穀物なども食べます。

「肉食」「草食」とはいえ、本当に肉だけや植物だけを食べて生きる動物は少数派なのです。

人間は肉食だから進化した?草食だと脳は進化しなかった?

人間は猿から進化したと言われ、500万年ほど前にチンパンジーと分岐したとされています。しかし、現在のチンパンジーの脳の大きさは400cc程度。人間の脳は1300ccほどもあり、3倍以上も違います。人間が猿をはじめ、ほかの動物よりも高い知能を持つには、大きく発達した脳が必要だったのです。

脳を構成する成分のうち50~60%ほどは脂質で、その3分の1は多価不飽和脂肪酸で、これは人間の体の中で作ることができない、又は作れたとしても非常に効率が悪いものです。

基本的には食事で体に取り込まなければなりませんが、植物にはごく少量しか含まれていない成分で、魚の脂に多く含まれているものです。

もし、人間が植物しか食べない純粋な草食動物であったとしたら、高度な知能は持つことができず、現在のような文明を築くことができなかったかもしれません。

人間と肉食動物の違い。草食に近いと言える体の特徴とは

肉食の動物は生きている動物を追い、狩りをして食物を得ます。そのために力強い筋肉が発達した四肢と、相手の体を引き裂く鋭い爪や牙を持っています。

一方、人間の体はどうでしょうか? 野生の生き物たちから見ると貧弱な体で、攻撃に優れた爪も牙もありません。

猿にも共通しますが、親指がほかの4本の指と向かい合っていることで、物を掴んだり摘み取ったりすることができます。この形状は、動物の肉を狩るよりも果実や野菜を採取することに適した構造です。

また、歯の構造も違いますが顎に関してもその形状や働きに違いがあります。肉食動物は食物を噛みちぎって飲み込むだけで、咀嚼しません。人間の顎は、草食動物と同じく食物を擦り潰すために横にスライドする動きができます。

消化のための仕組みも肉食と草食では大きく違います。肉食では噛まずに飲み込んだ肉を消化するために酸性度が高い胃酸を持ち、小腸の長さは体長の3倍ほど。これに対し、人間の小腸は、体長の12倍ほども長さがあります。

肉食動物は草食動物を通じて植物も食べている

草食動物は、なぜ一見栄養も少なそうな草や葉ばかり食べているのに、体を成長させることができるのでしょうか。

実は、草食の生き物が草を食べるのは、腸にいるバクテリアを増やすためでもあるのです。食べた植物は、腸のバクテリアが消化・分解を手助けをして、バクテリア自身もまた宿主である草食動物の栄養として消化されます。

このバクテリアがタンパク質を多く含んでいるので、草食動物たちは引き締まった筋肉に覆われた体を作ることができます。

肉食動物は、植物を上手く消化することができませんが、草食動物を捕獲したときに内臓を食べることで、未消化の植物も一緒に食べることができるのです。

つまり、一般に肉食と言われる動物であっても、植物を一切口にしないとは言えないのかもしれません。

人間は、消化しずらい食材であっても過熱するなど調理することを知ったので、より効率的に肉も植物も食べられるようになったんですね。

草食動物が植物だけで体を作るためには大量の食事が必要

草食動物が消化しづらい植物を食べて生きるには、それを消化・分解するバクテリアを多く持つ必要があります。

牛には反芻胃という4つに分かれた胃があります。体重400キロの牛で、反芻胃の重さだけで100キロ程度あるといいます。

牛が草だけを食べているのに、タンパク質豊富な牛乳を出すのは、それだけ大量のバクテリアを体内に持ち、そのバクテリアがアミノ酸などを合成してくれるからなのです。

ウサギやネズミも草食動物ですが、牛のような反芻胃は持っておらず、効率よくアミノ酸を合成するには、ひたすら食べ続けなければなりません。それでも足りないときは、自分のフンを食べることでバクテリアを体内に取り込みます。

体が必要な栄養は、本能的に選択する食事の中で適度なバランスが取れるようにできています。しかし、人間は農耕で穀物を主食にするよううになったため、そのバランスを自己管理できないと肥満などの栄養過剰や、ビタミン・ミネラルの不足などを引き起こすようになったのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ