生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

トイレを我慢しすぎて限界!するとある病気が引き起こされるんです

2017.8.30

尿意があるにも関わらず、トイレに行くのがめんどくさい、行く時間がなかなか取れない、長時間渋滞にはまってしまったりでトイレに行くのを先延ばし限界まで我慢していると病気になりますよ!

トイレを我慢しすぎると体に良くない理由をお話します

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

筋トレと言えば『腕立て』と『腹筋』!腕立てには腹筋の効果も!

筋トレと言えば『腕立て』や『腹筋』でしょう。 腕立て伏せには同時に『腹筋』へのアプローチがある...

バドミントンの試合前はストレッチで筋肉をほぐしてケガ予防!

バドミントンの練習や試合前などには、ウォーミングアップをすることは大切です。 ウォーミングアッ...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

仕事で上司に毎日怒られる・・・そんな時の回避法!

新人で仕事で毎日怒られたり注意されるのが続くと、もうこの仕事辞めたいと思う事ありませんか?そんな体験...

生理がこない!検査薬は陰性!3週間生理がこない時の原因とは

3週間生理がこないのに妊娠検査薬は陰性反応・・・。こんな状態だととても不安になってしまいますよね。 ...

日焼け止めの効果に違いはある?日焼け止めについて

いろいろな種類がある日焼け止め・・・。 SPFとPA、効果の違いはどんなものなのでしょうか? ...

No Image

ピアスの作り方…ビジューピアスを自分で作ってみよう!

ピアスの作り方を知って、自分好みのビジューピアスを作ってみませんか? ハンドメイドのサイトでもよく...

女性の魅力は年齢では決まらない!本当の魅力について考えよう

女性は若い方が魅力的・・・そんなふうに年齢ばかり気にする女性が多いようですが、本当にそうなのでしょう...

dv加害者の職業の関係性、dvを起こす人の特徴とは

dvは身体的に受ける暴力だけではありません。そしてごく一部で起きていると思われがちですがごく普通の家...

男性フェロモンに匂いはあるの?女性が惹かれる匂いとは

よく聞く「フェロモン」、聞いたことはあるけど、実際どんなものなのか説明できる人は少ないのではないでし...

ジョギングを30分する効果!脂肪燃焼やダイエットの効果がある

元気で健康的な体を維持したい・蓄積された脂肪をどうにかしたいと思ったら、ジョギングを取り入れてみまし...

腹筋を1週間で割るために出来る事をご紹介します!

腹筋の割れている男性や女性に憧れて頑張って鍛えているけどなかなか割れてこないという方もいるのではない...

太ももダイエットにウォーキングはいいけれど正しい方法で!

太ももを細くしたい!もちろんダイエットもしたい! テレビや雑誌などでも、「太もも痩せ」という特...

体が柔らかくなる食べ物についてをご紹介します!

普段体を動かすことが少ない方は体が硬くなってしまっていませんか? 体を柔らかくするためにはどう...

顔をアップするのはやめて!?毛穴の正しい対処方法

気になる顔の毛穴・・・どうしたらキレイになるの? アップにすると、目立ってしまう毛穴を引き締め...

スポンサーリンク

トイレはどれくらい我慢できるもの?限界の量はどれくらい?

おしっこはどれくらい膀胱にとどめておけるのか知っていますか?

膀胱は腎臓から送られてきた尿をとどめておく袋状になった器官です。体格の違いなどで大きさも個人バラバラなので平均的には大人は最大500ml程度までためておくことができるようです。

500mlってかなりの量ですよね。ここまで我慢するのはいけません!体にも悪いですし運悪く漏らしてしまう事も可能性はあります。大人ですと200mlほどたまるとトイレに行きたい!と思うわけです。

子供は特にぎりぎりまで我慢して焦ってトイレに駆け込むことがありますよね。膀胱も小さくためられる量も少ないうえに我慢してしまうんですよね。

大人はおしっこを我慢できるからと言って、限界まで我慢することをすぐにやめましょう我慢してもいいことはないので、尿意を感じたら速やかに出してください。

トイレを我慢しすぎてもう限界!どんな病気になる?

【おしっこを我慢すると菌が増える】

昔から「おしっこを我慢していると膀胱炎になる」と言われていますよね。それはなぜなのかというとおしっこを我慢していると尿道で雑菌が繁殖するからなのです雑菌が増えて膀胱で炎症が起きるんですね。なので細菌感染させないために早く出してしまった方が良いのです。

【膀胱炎の症状】

膀胱炎は炎症ですから、おしっこをする時痛みを感じたりすっきりしない残尿感があります。ひどくなると高熱や腎盂腎炎など他の病気も併発してしまう身近でなりやすい病気なんです。もしこのような症状を感じたら軽いうちに病院にかかってお薬を処方してもらいましょう。

【膀胱炎にならないために】

膀胱炎を一度経験すると再発を繰り返すと言われています。一度治ったからと言っても注意が必要です。予防は自分自身ですることができます。気を付けることはたったの2つです。

1.尿意を感じたら我慢せずにトイレに行く事。
2.清潔に保つことです。

これくらいなら日常の中で実践できますよね

トイレを限界まで我慢し続けるとさらに深刻な状態に!?

先ほどおしっこを我慢していると膀胱炎を引き起こすとお話しましたが、実はさらに深刻な状態に陥ることもあるのです。そうならないために、知っておいてほしいことをお話します。

それはおしっこを我慢して限界に達する膀胱が大きくなりすぎて尿が出ない現象が起きます。したくてトイレに座っても出なかったり、ほんの少し勢いのないおしっこが出て残尿感がひどかったりと排出したくても出てこないのです。

膀胱にはいる尿の量は決まっていますが、その限界を超えると普段排尿に使われている筋肉が伸びきってしまい反応しないのです。尿を体にとどめておくと雑菌が繁殖しますよね。

それほど大量の尿を体外へ出すことができないとなると・・・。当然様々な病気が併発されます。こうなることのないようトイレは我慢しないよう心がけて下さい。

トイレがいけない時には利尿作用のあるものは避ける!

食べ物や飲み物の中には利尿作用があるものが多数あります。利尿作用があるという事は、むくみが取れたりと体にはいいものなのでしょうが、しばらくトイレに行けない時には避けたいものですね。こちらで1部ご紹介します。

【食べ物】

  • スイカやメロンのウリ系のもの
  • タケノコ
  • ごぼう
  • 大根

【飲み物】
飲み物ではカフェインが多く含まれているものは利尿尾作用が高いと言われています。これらを飲むと、ただ水分が増えるという以上の利尿作用があるようです。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ビールなどのアルコール

などなど・・・

暑い夏の夜、小さなお子さんにさっぱりするからとスイカを食べさせて寝るとおねしょをしてしまうかもしれませんね。夜寝る前は、大人も子供も利尿作用の強いものは避けた方がよさそうです。

トイレを我慢しすぎると危険!まとめ

トイレを我慢しすぎるのはよくないという事がお分かりいただけましたか?大人は多少、おしっこを我慢することはできます!ですができる限り尿意を感じたら出してみましょう。

大昔、ある天文学者はおしっこを我慢しすぎて膀胱が破裂してしまった!というケースもあるようです。怖いですね!膀胱は風船のように柔らかく中におしっこをためていくので、破裂することもあるのかも?!とはいっても、2~3時間の我慢で破裂する事などはないのでご安心ください。

また、子供がトイレをめんどくさがってあまり行かない時にはトイレのインテリアを模様替えしてみるのもいいかもしれませんね!トイレに行ってみたくなる、子供が好きなものを飾ったり居心地のいい空間を作るのも一つの手ではないでしょうか。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ