生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

体重は減るけど見た目は変わらないのはなぜ!?その理由とは

2017.8.30

ダイエットをしている時に、体重計で量ってみると減っていると嬉しいですよね。

しかし、鏡を見てみると、見た目はほとんど変わっていない…。それはなぜ!?

何キロくらい体重が減ると、見た目が変わるのでしょうか。体重と見た目の変化ついて、まとめてみました♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

うつ病になった時の接し方は?旦那さんへの理解を!

うつ病の患者数は年々増加傾向にあります。あなたの旦那さんもいつうつ病になるかわかりません。 で...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

人間は肉食?草食?○○を食べたから脳が大きくなったらしい

人間は肉も食べるし、野菜や果物も食べる。肉食動物?草食動物? 両方を食べる動物は雑食動物ともい...

筋トレとストレッチの違いとは?正しいストレッチのやり方

筋トレとストレッチは何が違うの?ダイエットに向いているのは筋トレ?それともストレッチ? 筋トレ...

夜の食事を食べないと健康的に痩せるって本当?驚きの効果とは!

夜の食事を食べすぎてしまうことってありますよね!そうすると体に脂肪が蓄積されて太る原因になります。 ...

階段の昇り降りがトレーニングになる!驚きの効果とやり方とは

日頃の運動不足が気になりませんか? ですが運動したいと思っても時間がない、面倒なことはやりたく...

トイレを我慢しすぎて限界!するとある病気が引き起こされるんです

尿意があるにも関わらず、トイレに行くのがめんどくさい、行く時間がなかなか取れない、長時間渋滞にはまっ...

筋トレと言えば『腕立て』と『腹筋』!腕立てには腹筋の効果も!

筋トレと言えば『腕立て』や『腹筋』でしょう。 腕立て伏せには同時に『腹筋』へのアプローチがある...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

大学生女子の体重のぽっちゃりボーダーラインを聞いてみました

日本人の体形は他の国と比べると「細い」傾向にあるようです。 と、言っても体重は気になりますよね...

男性フェロモンに匂いはあるの?女性が惹かれる匂いとは

よく聞く「フェロモン」、聞いたことはあるけど、実際どんなものなのか説明できる人は少ないのではないでし...

韓国コスメ、シミが気になる方におすすめ化粧品を紹介します!

韓国コスメは日本でも注目されています。 日本では売っていないようなコスメも多く、その効果は口コ...

朝体重が減らない原因!睡眠や水分が不足すると減らない可能性が

朝は一番体重が減っているものですが、起きた時に体重を測っても減っていないこともあります。ダイエット中...

ヨーグルトで腸活!自家製ヨーグルトの健康効果

キレイな腸を目指すには発酵食品を積極的に摂りたいですよね。 発酵食品の代表のヨーグルト、買って...

ピアスを開けると運気がアップする?その噂の真相について

今は、ファッションでピアスを開ける方も多いですよね。ピアスも種類が豊富ですから、その日の服装に合わせ...

スポンサーリンク

体重が減るけど見た目が変わらない2つの理由

◎血流が悪くなっている

ダイエットをする時、ほとんどの方は食事制限をするでしょう。この時、栄養が不足してくると血液がドロドロになって、流れが悪くなることがあります。

血液の循環が悪くなると、体脂肪を燃焼する時に必要になる“酵素”や“ビタミン”“ミネラル”などの栄養が、身体全体に行き届かなくなります。特に腕や脚は心臓から遠いところにあうため、血液の循環が悪くなると細くなりにくくなるのです。

◎便秘に注意

食事制限を続けて便秘になると、炭水化物などの糖質や脂質が腸内で吸収されなくなります。吸収されなかった糖質や脂質がうまく排泄されないでいると、腸内にある細胞に蓄積されてしまうのです。そのため便秘が原因で、体重が減ってもお腹周りが細くならないということになってしまいます。

体重が減るけど見た目に変化が出ない時は

ダイエットをしていると、体重が減るのに見た目が変わってこない時や、体重が減らない“停滞期”に入ることが必ずあります。この停滞期を抜けて、さらに体重が落ちる“減量期”になるまでは、ダイエット食品をうまく食事に取り入れることをおすすめします。

ダイエット食品のイメージでは、美味しくなかったり痩せないで終わるというのが根強く浸透しているのではないでしょうか。しかし、今のダイエット食品はさまざまな改良が進められているため、そういう負のイメージはありません。使い方が悪いと効果が出ませんが、きちんと記載されている通りにすると美味しさや満腹感を感じることができます。

ダイエット食品の最大のメリットは、“計画的に摂り続ければ、必ず痩せる”ということです。スムージーは女性には人気があるので、ダイエット食品もグリーンスムージーを飲んでみてはいかがでしょうか。種類は他にもありますので、自分の好みに合ったスムージーを選ぶと続けやすくなります。

体重が何キロ減ると見た目の変化に繋がる!?

自分の体にコンプレックスを抱えていると、自分のなりたい理想像が出来上がりますよね。その理想像に近づくためにダイエットをして、痩せたいと頑張れるものです。

しかし、どうやったら痩せれるのか。見た目が変わるまでに、どのくらい体重を落とせば痩せたと実感できるのか…。意気込みはバッチリでも、ダイエットに成功した自分が想像できなかったり目標体重が定まらないと、ダイエットを開始するための腰があがらないということもあります。

ダイエットを始めてから見た目に変化が出てくるのは、一般的には3キロの減量が成功してからと言われています。しかし、身長やダイエット時の体重などによって個人差が出てきます。そのため5キロくらい痩せると、自分でも周りの人からも見た目が変わったという印象が持てることでしょう。

頑張って10キロ近く痩せたのに周りの人が気づいてくれなかったり、体重が変わっていないのに「痩せた?」と言われることもありますよね。この時の見た目の変化の原因は、次のような事が考えられます。

体重が変わっても見た目に変化がないのは、体脂肪が原因!

単純に食べる量を減らしたり、炭水化物抜きダイエットを続けることは体重が落ちやすく、達成感がすぐに得られます。しかし、体重が落ちていても体脂肪率は下がっていないということにお気づきですか?これらの食事制限のダイエットをして落ちるのは、体脂肪ではなく体に大切な“筋肉”なのです。

筋肉は小さいく、体脂肪よりも重さがあります。そのため体重が減るけど見た目が変わらないという現象が起こります。このダイエット方法だと100%リバウンドしますし、落ちた筋肉は脂肪になるだけなので、更にサイズアップしてしまうことも…。

体脂肪を落とす方法としては、食生活を改善することが大切です。お水などの糖分がない飲み物をたくさん飲んだり、カロリーを抑えつつもビタミンやミネラルなどが摂れるような食事を心がける。またストレッチや筋トレで基礎代謝を上げるなどをして、脂肪を燃焼しやすい身体づくりをしてあげましょう。

体重は変わっていないのに、見た目が変わる理由とは

体重が減るということは、体の中にある体脂肪や筋肉量などが減るということです。では、体重が変わらずに見た目が変わる時は、どのようなことが考えられるでしょうか。

体内にある体脂肪と筋肉を1リットル(1㎥)の体積で重さを比較すると、

体脂肪:約900g
筋肉 :約1,100g

と、同じ体積ならば筋肉の方が重たくなります。同じ重さで比較すると、筋肉の方が体積が小さいとも言い換えることができます。

それを踏まえて、体脂肪を5キロ減らして、筋肉を5キロ増やすことに成功したとします。すると体重は変わらないのですが、身体の中では体積が大きい体脂肪が減って体積が小さい筋肉が増えています。そうすると、見た目がスリムになってきます。

逆に筋肉が5キロ減って体脂肪が5キロ増えてしまうと、体重が変わらずに見た目は太ってしまいます。“体重が減る”ことよりも、“体脂肪率を落とす”ことを意識した方がいいでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ