生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

お礼を言う際や返事をする際の正しい敬語をご紹介します

2017.11.22

お礼を言う際や、お礼の返事に対してどのような敬語を使うべきなのか悩みますよね。

もしかしたら、今まで間違った敬語を使っていた可能性もあるかも・・・!?

お礼を言う際や返事をする際の正しい敬語についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

警察は被害届を受理してもすぐには捜査しない?その流れを調査!

詐欺などの犯罪に巻き込まれた時、一般的には警察へ被害届を出しますよね? その後、捜査までどのよ...

今どき中学校の先生はおしゃれがいい!シーン別おすすめの服装

中学校の先生って”先生っぽい”服装の人が多いと思いませんか? でも、今どきの中学校の先生はおし...

飲み会が苦手な人必見!ゼミ飲みの断り方や乗り切り方

お酒好きや大勢でワイワイするのが好きな人は飲み会が好きでしょう。しかし、飲み会が苦手な人もいます。 ...

Twitterが匿名でも住所特定は可能?犯罪の場合は警察へ

誰でも気軽に利用できるTwitter。しかし、悪口を書かれたり誹謗中傷を受けたりした経験を持つ人も多...

自転車は一時停止が必要!事故を起こさない為にもしっかり停車!

自転車に乗っている時に一時停止をしない人もいますよね。一時停止をしないと事故を起こすリスクが高くなっ...

ママ友がメールを無視する・・・そんな時の対処法を教えます!

ママ友にメールやラインを無視された・・・そんな経験を一回や二回持っているママも多いでしょう。 ...

面接で合格したアルバイト先に、断りの連絡を入れる際のポイント

アルバイトの面接を受けて合格したけれど、条件が合わずに断りの連絡を入れたい・・・と思うことありますよ...

本免学科に落ちた!落ちた理由と対策はコレです!

本免学科で落ちたと落ち込んでいるアナタ、落ちた理由を解明しないと次も同じことになってしまうかもしれま...

公務員の平均年収はどれくらい?働き盛りになる30歳の場合は

公務員の平均年収は、同じ30歳でも高いイメージがありますよね。 しかし、30歳代の公務員は民間...

社会保険の加入手続きの期間や方法、条件について

転職や就職などで社会保険の加入手続きをする方もいると思います。加入手続きはいつまでに行わなくてはいけ...

専門学校に行きたいけど家計が苦しく、学費が払えない時の対処法

子供が専門学校に行きたいみたいだけど、入学金や授業料が高額で親としては頭を悩ますところ。学費が払えな...

給料日が日曜日の給与の振り込みはいつ?会社によって異なる

給料日が日曜日や土曜日、または祝日休みの場合は給料はいつ振り込まれるのか?と気になることはありません...

PTA役員、中学校の場合は大変なの?知っておきたいPTA事情!

小学校や中学校など、4月になると各学校では「魔のPTA役員決め」が行われます。 このPTA役員...

社保・国保・生保ってどう違う?必要最低限の”知識”をご紹介!

社保・国保・生保ってどう違うのか皆さん知っていますか? あんまりよく知らないで加入している人も...

劣化したゴムの厄介なベタベタ!落とす方法を伝授!

ゴムってどうしてベタベタになるの…?そんな疑問を感じたことはありませんか? 劣化が一番の原因な...

スポンサーリンク

お礼を言う時など、間違った敬語の使い方をしていませんか?

お礼を言う時や敬語を使う際、あなたは正しい日本語を使っていますか?ごく当たり前に敬語だと思って使っていた言葉も、もしかすると間違っているかもしれませんよ・・・!?

敬語の使い方!「~させていただく」を正しく使っていますか?

「~させていただく」という敬語を使う方も多いでしょう。しかしこれ、実際は他の言葉に置き換える事が出来ます。

そして使い勝手が良いため、つい何度も使ってしまうことがあるでしょう。そうすると会話のパターンがいつも同じようになってしまいます。

本来は「相手に許しを請うことで、遠慮しながらも行う意を表す」という意味になります。その為、相手が存在しなければおかしな敬語になるということです。

例えば

  • 明日はお休み「させていただきます」ではなく、明日はお休みを「いただきます」
  • この案で実行「させていただきます」ではなく、この案で実行「いたします」

ということになるのです。

「よろしかったでしょうか?」は間違った敬語?

よく耳にする言葉ですよね。しかしこれは「バイト敬語」と呼んでいる類です。その場で承諾を得ようとしているのにも関わらず、「よろしかった」と過去形で聞くのはおかしな話です。その場合は「よろしいでしょうか?」が正解なのです。

間違った敬語を使ってしまわいように、上記の点にはお気を付けください。

お礼を言う時に使える敬語

人から何かをしてもらった時は、お礼を言うというのが人としてのマナーです。感謝の言葉にも色々なものがあります。

  • ありがとうございます
  • 誠にありがとうございます
  • 感謝いたします
  • おかげさまで
  • このご恩は一生忘れません
  • なんとお礼を申し上げたら良いか・・・。
  • 言葉もございません

というのが一般的でしょうか。

他にも、アドバスを貰った際や手助けしてもらった時には

  • 勉強になりました
  • 参考になりました
  • 助かりました
  • お気遣いありがとうございます
  • お手数をおかけいたしました
  • お力添えをいただき、ありがとうございました

といったような言葉があります。
「役に立ちました」という言葉もありますが、こちらはあまりおすすめ出来ません。なんだか謙虚さに欠ける感じがするからです。

その為、こういった場合には「参考になりました」という言葉が相応しいかと思います。相手への敬意も感じられる為、好感度も上がるでしょう。

「ありがとう」とお礼を言う人への敬語での返事は「どういたしまして」?

上司や先輩などの目上の人から「ありがとう」とお礼を言われた場合は、どのように返事をするのが望ましいのでしょうか?「どういたしまして」はなんだか目上の人に対して言うのは変な感じがしますよね。偉そうな感じがして、相手に失礼なのでは無いかと思うことでしょう。そういった意味でも「ありがとう」の返答に困っている人も多いのでは?

ズバリ!「どういたしまして」と返すのは、目上の人に対しては不適切と言えるでしょう。何故ならこの「どういたしまして」という言葉は、「大したことはありません」という意味と同じだからです。

もっと違う言い方をすると「適当に対応しただけなので、気にしなくて大丈夫です」という意味でもあるのです。

その為、上司に「どういたしまして」という返事をするのはNGです。やはりどうしても、上から目線な感じがしてしまいますので、目上の人に対しては使わないようにしましょう。

「助かります」というお礼は、敬語では無かった!

目上の人に何かをしてもらった時に、「助かります」「助かりました」という言葉は使用するべきではないとされています。何故なら、その言葉の中に主従関係が見えてしまうからです。

どういうことかというと、例えば上司に対して「明日の会議の資料を作成しました。ご確認いただけると助かります。」と言ったとします。

これを文法的に見てみると・・・。

A(私)はB(上司)が~してくれると助かる。
つまり
B(上司)がA(私)のために~するとA(私)は助かる。
ということになるのです。

これでは、Aである私がBである上司を従えているような感じがしてしまします。その点をあまり気にしない上司であれば良いのですが、「助かる」という言葉は主従関係が浮き彫りになりやすい言葉です。その為、なるべくなら使わないことをおすすめします。

そして「助かる」は労いの言葉でもあるのです。労いの言葉というのは、上の人が下の人に対してかける言葉です。その為、目上の人に対して使用するのはやめておいた方が良いでしょう。

お礼を言うタイミングを逃してしまった場合の対応

お礼の言葉を伝えようと思っていても、その場ですぐに対応できなかったり、忙しさのあまりつい忘れてしまったり、日にちが経ってから思い出したりなんてことがあるでしょう。

タイミングを逃したからと言って、そのままにしていては後々自分が後悔する可能性が考えられます。せっかく良くしてくれた相手に対しても、申し訳ないという気持ちでいっぱいになるでしょう。

タイミングを逃してお礼が遅くなってしまった場合でもそのままにはせず、多少バツが悪いと思ってもきちんとお礼を伝えるようにしましょう。その際には以下のようなフレーズを使ってみてはいかがでしょうか。

  • 本当はもっと早くお伝えしたかったのですが・・・。
  • 本来はもっと早くにお礼を申し上げるべきだったのですが・・・。
  • お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
  • お礼が遅くなってしまいましたが、お気持ちは十二分に届いております。
  • 微妙なタイミングで失礼します。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ