生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

離乳食は6ヶ月頃開始?離乳食を始めるのに良い時期について

2017.9.6

赤ちゃんの離乳食の開始時期について悩んでいるママもいますよね!離乳食を開始するのに良い時期はいつなのでしょうか?

6ヶ月の時に離乳食を開始するのは遅い?一般的?

赤ちゃんの離乳食の開始時期についての目安についてまとめました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ブレンダーは離乳食に最適!少量だって大丈夫です

ブレンダーを離乳食作りに活用すると、少量の離乳食も簡単に作る事ができます。 離乳食だけじゃなく...

子供がわがままを通したくてすぐ泣く!困ったママへの対処法

子供がわがままを言って泣くと本当に厄介!自分がしたいことへの希望が通らないと感じた時にすぐに泣いてぐ...

人と犬との暮らし。子供が受けるプラスの影響と犬との接し方

人と犬は大昔から生活を共にして生きてきた歴史があります。 その優しさと、人の気持ちを察する能力...

子供が欲しいけれどお金がないと悩んでいるあなたへ!

子供はほしいけれど、お金がないので産むのが不安、子育て出来るのか心配・・・というあなたへ。 出...

離乳食期のミルクの減らし方は?離乳食期で迷った時のガイド!

離乳食が始まったらミルクの減らし方に、てこずってしまうお母さんはたくさんいます。 離乳食が足り...

離乳食は6ヶ月の頃からスタート!その時期がベストなワケ

おっぱいやミルクをたくさん飲んで日々大きくなる赤ちゃん!徐々におっぱいやミルク以外のものから栄養を摂...

保育園の先生と合わない…そんな時にあなたができること!

人間関係ってそううまくはいかないもの。子供の保育園の先生との相性がイマイチ、と感じるママも多いのでは...

兄弟や姉妹の間で起こる差別!?その理由とは

兄弟や姉妹の間で親によって差別を受けたことがある、もしくはそう感じた経験はありませんか? では...

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出・抱っこ紐なしでの外出は危険かも

赤ちゃんが生後1ヶ月くらいになるとママと一緒に外出できるようになります。それまではずっとお家の中で過...

高校の修学旅行にお小遣いはいくら必要?使い道や金額について

子供が高校の修学旅行に行くことになったら、お小遣いはいくら持たせるか親としては迷いますよね。 ...

反抗期の娘が父親を嫌うのは順調に大人になっている証拠

反抗期を迎えた娘が、急に父親を避けるようになり親の方が戸惑ってしまうということはありませんか? ...

高校生の勉強方法に親が口出しはNG?子どもとの接し方について

高校生になると、親が勉強に口出しをしてもいいのか気になるところ・・・。 将来のことを考えると口...

中学の友達を増やしたい!作り方や仲良くなるポイントとは

中学生になると友達が作れなくなった…と感じてしまうことも多くなります。 焦ってしまうあまり、友...

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合の注意点をご紹介します

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすのではないかと不安になるママもい...

産後、上の子の保育園の送迎で困っているならこの方法!

産後、上の子の保育園の送迎ってどうしている? 産後の保育園の送迎で困っているママさんもいるので...

スポンサーリンク

離乳食を6ヶ月で開始は遅いの?

最近の母子手帳には「離乳準備食」の項目がありません。

厚生労働省が通達した「授乳・離乳の支援ガイド」を読んでいなかったり、都道府県主催の勉強会に参加していないと思われる保険師さんに「今すぐ白湯を上げてください」とか「ならすために果汁を飲ませてください」とか、間違いと思われる情報を赤ちゃんが4ヶ月の時にアドバイスされたというママがいました。

その保健師さんはほかにも「離乳食の開始は5ヶ月から、6ヶ月には2回食」と、決めつけたような発言をしたのだとか。離乳食の開始を少しゆっくりにしたいと思っていたママは、不安を煽られてしまったようです。

5ヶ月で離乳食をスタートした赤ちゃんと6ヶ月で離乳食を開始した赤ちゃんでは、差が出てきて当たりまえです。でもその差はゆっくり縮めていけばいのです。その子に合った時期に離乳食を開始してあげましょう。

離乳食を6ヶ月で開始!スタートの仕方

一般的に離乳食を開始する時期は、赤ちゃんが5ヶ月~6ヶ月くらいの時です。
離乳食開始の目安は以下の通りです。

  • 首がしっかり座り、支えがあればお座りできる
  • 大人が食事をしているとよだれが出てきたり、食べることに興味を示す
  • スプーンを口に入れても嫌なそぶりを見せない

赤ちゃんがこのような状態になってきたら、離乳食を開始しても大丈夫です。あまりにも開始時期が遅くなると、咀嚼に問題が出る可能性もありますので、様子を見て離乳食を開始しましょう。

■離乳食開始の仕方

  • 1日目…10倍粥を小さじ1杯
  • 2日目…10倍粥を小さじ1~2杯
  • 3日目…10倍粥を小さじ2~3杯

一週間がたったころに10倍粥を小さじ3杯ほど食べられるようになったら、少し野菜を足して食べさせてみましょう。

  • 8日目…10倍粥小さじ3杯、野菜小さじ1杯
  • 9日目…10倍粥小さじ3~4回、野菜小さじ1~2杯(野菜は前日と同じ食材)

このようにして徐々に量を増やしていき、次は違う野菜を食べさせてみるようにします。1ヶ月が過ぎたくらいには、この量の倍の量を食べられるようになるイメージですすめましょう。

離乳食を6ヶ月頃に開始する人は年々増えてきています

厚生労働省が行ったアンケートでは、以下のような結果が報告されています。

■生後4ヶ月で離乳食を開始した割合

平成7年 …25パーセント
平成17年…10.9パーセント

■生後6ヶ月で離乳食を開始した割合

平成7年 …18.4パーセント
平成17年…28.6パーセント

この結果からも分かるように、赤ちゃんの離乳食開始時期は年々遅くなってきています。近年では、生後6ヶ月頃から離乳食を開始する赤ちゃんが増えてきています。

その理由であげられるのが、「赤ちゃんがまだ食べ物に興味を持っていない」「お座りが出来ない」というものです。

また、離乳食の完了時期も、平成7年頃は生後12か月頃が60.8パーセントだったのに対し、平成17年頃には47.9パーセントと減少、反対に生後16~18ヶ月頃が15.5パーセントと、倍以上の数値に増えています。

今では、1歳半を目安に完了をするという声も多く聞かれます。

赤ちゃんの合図を見極めて離乳食を開始しよう

赤ちゃんが離乳食を始められる時期になったかどうかは、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

まず、赤ちゃんの体を見てみましょう。赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになるまでは、首や胸の周りの筋肉が発達しておらず、一人でお座りすることが出来ません。でも、離乳食を開始出来るようになると、体つきがしっかりしてきて一人でお座りできるようになります。

そして次が重要なポイント。

赤ちゃんが一人でお座りできるようになると、見える範囲が広がって色んなことに興味を持ち始めます。

パパやママがごはんを食べている姿も見えるようになり、徐々に食事にも興味を示すようになります。こうなると、心の準備が出来たことになるので、離乳食を開始する時期ということになります。

体が食事できる状態になって、心が食べ物に興味を示し始めたら、離乳食を進めていきましょう。

赤ちゃんにおすすめの離乳食レシピ

離乳食を作るときにおすすめの食材が「かぼちゃ」です。かぼちゃを使った簡単レシピをご紹介します。

【かぼちゃを使った簡単レシピ】

かぼちゃを使う時は、茹でるか蒸すなどして使います。すり鉢を使って簡単にすりつぶすことが出来るので、大人の食事に取り入れる時にとりわけメニューとして使ってみましょう。

■パンのミルクかぼちゃ粥

〇用意するもの

  • 食パン1/4
  • 粉ミルクまたは牛乳80ml
  • カボチャペースト大さじ1

1.食パンをトーストしてパンの耳を取る
2.粉ミルクをとき、ミルクを作る。牛乳が飲める年齢なら牛乳でも可
3.小さい鍋にちぎった食パンを入れ、すり潰したかぼちゃとミルクを入れる
4.パンを潰しながらとろとろになるまで煮込む
5.パンの形がなくなったら完成!

野菜自体に甘みがあるかぼちゃは赤ちゃんが食べやすい食材です。
色々な食材に合いますので、料理のバリエーションも豊富になります。

食パンは、小麦アレルギーが無ければ離乳食のマンネリ防止にもなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ