生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

赤ちゃんの写真をsnsへ投稿!?その行為ちょっと待って!

2017.8.29

赤ちゃんが誕生すると、「snsに写真を投稿して、私の可愛い赤ちゃんを皆さんにご報告♪」なんてしている方が最近多いです。

しかし、そこには危険が伴っていることをご存じだったでしょうか?

公開制限していても油断はできない!赤ちゃんの人生を守るためも、一度一読していただきたいです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

物損事故だと保険料が上がる?保険料の仕組みを知っておこう!

物損事故で保険を利用すると保険料が結構上がるという話を最近耳にします。 実は等級制度が改正され...

江戸時代の庶民はどんな暮らしをしていたの?江戸の暮らしとは

時代劇などでおなじみの江戸時代。ドラマでは見たことあっても実際の庶民の暮らしはどんなものだったのでし...

免許の違反点数がリセットされる日数について

免許の点数はどんな違反をすると、減ってしまうのでしょうか? 免許の違反点数が戻るのには時間がか...

郵便局の転送!期間限定することはできる?手続きについて

引っ越しなどで住む家が変わった時に、郵便物が新しい住所に届くように手続きすることが出来ます。 ...

事務職の仕事に就きたい!未経験でも何歳まで応募が可能なのか

事務職の仕事に就きたいと考えた時、経験がなく未経験の場合何歳まで応募することができるのでしょうか? ...

電車でのマナーが悪いのは学生だけではありません!

電車でのマナーは守れていますか?自分だけだなら許されると思ってはいませんか? 学生のマナーの悪...

ハワイへの飛行機に対する苦手意識は克服できます!

日本人が渡航する海外旅行先の中でも人気のハワイ。成田からの直行便で7時間前後ですが、飛行機が苦手な人...

面接で緊張して話せないという方へ!これで大丈夫!

面接で緊張してしまい、うまく話せなかったという方も多いことでしょう。 また、これから初めて面接...

お礼を言う際や返事をする際の正しい敬語をご紹介します

お礼を言う際や、お礼の返事に対してどのような敬語を使うべきなのか悩みますよね。 もしかしたら、...

通帳とキャッシュカードの作り方…知らないあなたに教えます!

新しく銀行口座を開設して、通帳とキャッシュカードを作りたい! でもどうすればいいかわからないし...

estaの有効期限がギリギリでも入国できる?esta豆知識!

ビザなしでアメリカに入国する人の情報を入国前にチェックする、電子渡航証人システム「esta 」。 ...

免許証を紛失して再交付した時の交付日は変わる?正しくは○○!

運転免許を紛失してしまった場合は新たな免許証を再交付してもらうように手続きをしなくてはなりません。こ...

飛行機の機内での服装に迷う!そんな時のおすすめをご紹介

日本は島国ですから海外旅行となると長時間、飛行機の機内で過ごすことになります。 せっかくの旅行...

高速のカメラが光るのは一体何キロ?徹底調査してみました!

高速道路を走行中に気になることと言えばあの「カメラ」ではないでしょうか? 高速道路などに設置さ...

バイクのウインカーがつかない?早急な修理と緊急時の対処方法

バイクに乗っていてライトがつかないのも問題ですが、ウインカーが正常につかないのは非常に危険! ...

スポンサーリンク

赤ちゃんの写真をsnsに投稿した後の危険を知ろう

1. 「非公開アカウント」や「友達のみ公開」にしてても安心しない!

「投稿の範囲を制限したり、非公開アカウントとして利用しているから大丈夫でしょう。」そう思っていて油断してはいませんか?一度インターネットにアップロードされたデータは、いくらでも複製することができます。SNSの『シェア』機能を使われると、あっという間に名前まで拡散されてしまうケースもあります。アカウントののっとりをされると、いくらでも拡散や悪用ができるようになるのです。

2. 撮影場所や居住している地域、個人情報まで特定される場合も

スマホで撮影すると、写真のデータにGPS情報を組み込まれているため、撮影日時や場所を簡単に特定するこが可能です。また、写真の背景などから推測することもやぶさかではありません。そこに赤ちゃんの名前を公開していた場合、海外では誘拐事件になるケースもあるようです。

3. その可愛さを悪用しようと考える人も

SNSに子供の写真をアップロードすると、世界中に広まってしまう危険性があります。自分が予期しないところで、悪用しようと考える人は世界中に大勢いるのです。その人達の目に留まってしまったら…恐ろしいですね。

赤ちゃんの写真をsnsやブログに掲載したい心理と防犯対策とは

赤ちゃんの写真をSNSに掲載する人は、やはり周りの人に見てもらいたいと思って公開します。可愛さをアピールして、「いいね」などをもらえると嬉しくなります。SNSに掲載する人は、不安は無いのでしょうか。

やはり、インターネットに公開するだけはあって、不安に感じることはあるようです。しかし、悪用されないように考えて行動する方も多くいらっしゃいます。

「生まれたばかりの姿だけ掲載したけど、トラブルがあると怖いためその後は一切掲載していない。」「後姿を撮影したり、スタンプなどを活用して顔が見えないように工夫してアップします。」

子育てブログを開設している人は、子どもが成長していく様子を写真に収めてブログを更新する人が多いです。更新を楽しみながらも、顔など個人を特定できないように配慮しているそうです。

赤ちゃんや子どもの写真をsnsから拾って悪用する人も

赤ちゃんや子どもは愛くるしくて可愛いですが、見る人全員が同じ感情で見るとは限りません。中には悪意のある人がその画像を利用して、コラージュなどの加工をして悪意のある配布の仕方をする危険性あります。

その写真がいつの間にかフリー画像素材にされてしまったら、知らないところで子どもの顔を不特定多数の人にさらしてしまうことも無いとは言い切れません。

特に危険なのが、写真から場所を特定されることです。写真データにGPS情報を組み込んで保存する方法を設定している方もいらっしゃいます。それを知らないで、そのままのデータをアップしてしまうと、その写真から位置情報を抜き取られてしまい場所を特定されるのです。

また、SNSの投稿の際も位置情報を付ける機能があります。よく行く場所の位置情報を載せてしまうと、その場所が瞬時にわかるため、狙われれやすくなってしまいます。

写真にあるGPS情報をsnsで拡散させないために

デジタル写真には、『Exif(イグジフ)情報』というものが含まれています。

これは、デジカメやスマホで撮影した画像すべてに、「いつ、どんなカメラで、どのような設定で撮影した」という記録が残ります。このExif情報にはGPS情報も含まれているため、さらに撮影場所の緯度・経度・標高などが分かるのです。

これらの情報は、データを保存して管理する時には大変便利な機能です。旅行先で撮った写真が、どのお店や建物だったのか、後から見直すことができて思い出を楽しむこともできます。

しかし、これらの写真をそのままインターネットに公開するのは大変危険なのです。「顔にモザイクかけたし、背景も建物名が分からなくしたからOK!」と、加工したからといって安心してはいけません。その写真のExif情報が残ったままのケースもあるのです。

SNSに投稿したいと思う写真を撮影する時は、必ず位置情報の設定をOFFにするなどの対策を取って、子どもを危険から守ってあげましょう。

大量に赤ちゃんの写真を投稿!周りの反応は?

SNSに投稿する子どもの写真が多い人は、周りからどのようにみられているのでしょうか。あるリサーチ会社の調査結果によると、「無自覚すぎると感じるか」という質問に対して約64%の人が『感じる』と答えてている結果が分かりました。

実に半数以上の方が、SNSに大量に投稿されている子どもの写真に疑問視しているようです。その中にはとても厳しい反応がありましたので、一部ご紹介いたします。

  • その写真を見た人からどう思われているのか、考えていない
  • 犬や猫などのペットを投稿する感覚で、子どもの写真をあげているように感じる。
  • 普通に、可愛いとは思えない。
  • 子どもが大きくなった時に見たら、どう思うか考えているのだろうか。プライバシー権んがないように感じる。

確かに今はいいかもしれませんが、将来子どもが見る可能性は捨てきれません。その時に子どもに見られても良いと思える、投稿の仕方を考える必要があるのかもしれません。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ