生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ほうれん草はお弁当に便利!冷凍が便利なおかずレシピもご紹介!

2017.8.29

お弁当は手早く簡単に作りたいもの。

茶色いおかずが多くなりがちなお弁当の彩りんはほうれん草を使うのがおすすめ。

栄養満点で緑の濃いほうれん草はお弁当にピッタリ。

さらに冷凍のほうれん草なら、下ごしらえいらずでとっても便利。

活用方法やお弁当におススメのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

食パンとマヨネーズは相性抜群!のせて焼くだけ簡単レシピ

マヨネーズは、肉も野菜も魚介類もいろんな食べ物との相性がすごく良いですよね! 私もマヨネーズが...

テンピュールの枕は洗濯できない?お手入れ方法について

柔らかく寝心地がいいテンピュールの枕を使っている人も多くいると思います。 ですが、テンピュール...

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

電子レンジでご飯が固くなる理由はコレだ!美味しく温める方法

電子レンジでご飯を温めて少し冷め始めると固くなる経験をしたことはありませんか? 冷凍ご飯を電子...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

靴の革を簡単に柔らかくする事ができる方法をご紹介します

靴の革って硬い場合ありますよね・・・。そんな時自然に柔らかくなるまで待っていませんか? 実は簡...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

入籍後の住民票は別居ならどうする?別居婚の注意点

入籍後は一緒に住む方が多いですが、仕事の都合上独身時代のまま別居する方も当然います。 いわゆる別居...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

車のフロアマットの洗い方や掃除方法~キレイにするポイント

車の掃除というと、ボディが汚れた時の洗車や、車内の埃を拭いたりということは皆さんしていると思いますが...

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか? ...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

スポンサーリンク

生のほうれん草をお弁当に入れて余ったら?冷凍保存がおススメ

ほうれん草を買ってきても、使い切れない時がありますよね。そんな時はさっと下ごしらえをして冷凍保存しておくと、次に使う時がとっても楽です。

【茹でて冷凍保存の方法】

  • ほうれん草はアクが強い野菜なのでまずは流水で洗い流しボウルに水を張ってつけておきます。
  • その間にお湯を沸かし、少量の塩を入れます。沸騰したら茎の固い方からゆでていきます。
  • さっと40秒ほど茹でたら冷たいお水につけて粗熱とって絞って水分をきります。
    ほうれん草は冷凍すると柔らかくなるので固めにゆで上げるのがコツです。
  • お好みの大きさに切り分けます。
  • ラップに小さく分けたほうれん草をなるべく平たくなるように広げ、ラップでしっかりと包みます。
  • ラップで包んだほうれん草はさらにジップロックなどに入れ、なるべく中に空気が入らないように保存しましょう。

使う時には電子レンジで解凍して使いましょう。

ほうれん草はお弁当に便利!生のままでも冷凍が可能!

ほうれん草は、生のまま冷凍することもできます。冷凍庫内で場所をとりますが、茹でて冷凍するものよりも栄養が損なわれにくい傾向にあるようです。おひたしや和え物に使いたい時には生のまま冷凍する方がお勧めです。

【茹でずに冷凍】

  • ほうれん草はまず、流水でよく洗います。
  • 洗ったら、水気をよくきりキッチンペーパーで水分を拭います。
  • 大き目のフリーザー袋に茎の根本の方から入れて、空気を抜きながら封を閉じます。
  • 冷凍後は葉っぱの部分が凍って粉々になりやすいので取り扱いに注意してください。使う時には、茹でて使うのが良いです。冷凍のまま沸騰したお湯にいれます。30秒ほどさっとゆでて使うのがお勧めです。

使い切れずに傷ませてしまってはもったいない!野菜は以外にも冷凍できるものが多いので上手に活用していきましょう。

ほうれん草を使ったお弁当のおかずレシピ!冷凍だから入れるだけ

簡単にできる冷凍ほうれん草を使ったお弁当のおかずを紹介します。

【彩良し!王道ほうれん草のバターソテー】

フライパンにバターを溶かし、ほうれん草と冷凍のとうもろこし、ベーコンを炒めます。
味付けは塩コショウのみでOK!ベーコンがなければウインナーでも美味しくできます。

【お弁当にも合う和え物】

①缶詰のシーチキンとほうれん草を和えたものが美味しいです。
シーチキンは油を良く切って使いましょう。味付けはマヨネーズとちょっと濃い目の塩コショウが相性抜群です。

②鰹節とほうれん草の和え物。定番すぎるメニューですが、お弁当に入れるときには少し鰹節を多めに入れましょう。鰹節がほうれん草から出る余分な水分を吸収してくれます。
ほうれん草はお弁当に入れると水分がでて扱いずらいと思う事はありませんか?
生のまま冷凍したほうれん草を使う場合には一度さっとゆでて水けを切ってから炒めたり和え物にすると水分の流出を防ぎやすいと言われています。

ほうれん草をお弁当用に冷凍保存、その消費期限はどれくらい?

私は、彩に使えるからとよくほうれん草をお弁当用に買って、やはり使い切れない分は冷凍保存します。あまり気にしたことはなかったのですが、冷凍保存したほうれん草はどのくらいの期間で食べきるのが良いのでしょうか?

気になったので調べてみました。生のほうれん草が好む保存の温度は0度です。野菜室で保存するなら1週間くらいが賞味期限です。

一度茹でてしまったほうれん草は日持ちがしないので冷蔵ではなく、冷凍するのが良いです。茹でたほうれん草を冷凍した場合の賞味期限は、1か月くらいです。生のまま冷凍した場合は2週間くらいが食べきる目安です。

ほうれん草は葉っぱの厚みが根が赤みの強いみずみずしいものを選ぶようにしましょう。根本の赤みが強いほうれん草は、甘みがあり鉄分などの栄養素も多いのですよ。

お弁当にも使える冷凍ほうれん草を使ったレシピを紹介

お弁当にも普段のおかずにもおすすめな冷凍ほうれん草を使ったレシピを紹介します。

①冷凍ほうれん草を使った卵焼き。
卵焼きの中にほうれん草をたっぷり入れるだけで彩りが良くなります。生のほうれん草の場合はさっと洗って、使う分量のみレンジでチン。少し温めたら小さく刻んで使います。茹でた冷凍ほうれん草は自然解凍したらしっかり水けをきって卵に入れるようにしましょう。和風の出汁の味と相性抜群です。

②ほうれん草とマカロニのグラタン。
お弁当に入れる場合にはベーコンやコーンを入れると彩アップです。小さいアルミカップに入れて冷凍すれば、お弁当のおかずに困ったときにとても助かるおかずです。

③ほうれん草とチーズの豚カツ。
メインのおかずにおススメ!豚の薄切り肉でほうれん草とチーズを巻いて衣をつけて揚げます。ボリュームも栄養もあり冷めても美味しいのでお弁当にもぴったりです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ