生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

子供が勉強ができないと感じたら、まずは親の考え方を見直そう

2017.8.29

子供がなんだか勉強が苦手のようで、できないみたい。一度はどんな親も抱える悩みなのではないでしょうか?

そんな時に、子供に勉強を教えるポイントやコツはあるのでしょうか?

ここでは小学生のお子さんを持つお母さんへのアドバイスをお届けします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シングルマザーの子供にはこんな性格の特徴が見られる!

日本でもシングルマザーが増えていると言いますが、その子供の性格に特徴はあるのでしょうか? 父親...

反抗期の娘が父親を嫌うのは順調に大人になっている証拠

反抗期を迎えた娘が、急に父親を避けるようになり親の方が戸惑ってしまうということはありませんか? ...

小学校の給食用ナフキンの作り方やサイズ、素材について

小学校によっては給食の時にナフキンが必要なため、保護者が用意しなければいけません。 今は市販の...

自転車のブレーキ調整は大切!特に子供は自分で判断できない

定期的に子供の自転車の点検やブレーキ調整はしていますか? 大人は自転車に乗ってブレーキをかける...

4歳児が保育園に行きたくないと思う理由について考えたい

4歳の子供が、保育園に行きたくないと言い出した!? 親としては心配になってしまいますが、誰もが...

40代の主婦の皆さんにオススメしたい資格はこれ!

40代の主婦みなさん!子育ても落ち着き、時間もあるので再就職や何か資格をとるのにはいいチャンスですよ...

子供の性別の判明に関するをご紹介!マタニティママさん必見!

子供の性別を知りたい!というママさんパパさんは多いと思います! そして最近では超音波検査の精度...

生後4ヶ月の赤ちゃん・睡眠時間が少ない時の原因と対処法

赤ちゃんが誕生してすくすくと成長していたのに、生後4ヶ月頃になるとなかなか寝ずに睡眠時間が少ないので...

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合の注意点をご紹介します

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすのではないかと不安になるママもい...

2歳児の保育園での遊びについて調べてみました

保育園ではいったいどんな遊びをしているのでしょうか? 2歳児の場合は?どんな遊びが人気なの? ...

絵具は3色あれば充分?色の作り方と本当の「色の三原色」

子供のころから多くの人が使い慣れているであろう絵具色。実は3つの色があればほとんどの色は作れてしまう...

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出・抱っこ紐なしでの外出は危険かも

赤ちゃんが生後1ヶ月くらいになるとママと一緒に外出できるようになります。それまではずっとお家の中で過...

子供が欲しいけれどお金がないと悩んでいるあなたへ!

子供はほしいけれど、お金がないので産むのが不安、子育て出来るのか心配・・・というあなたへ。 出...

小学生の算数で勉強する「時計」の単元って結構むずかしい!

小学生の算数で勉強する「時計」の単元。 この「時計」の勉強って、子供にとっては、つまづきやすいんで...

離乳食は6ヶ月の頃からスタート!その時期がベストなワケ

おっぱいやミルクをたくさん飲んで日々大きくなる赤ちゃん!徐々におっぱいやミルク以外のものから栄養を摂...

スポンサーリンク

子供が勉強がわからないできないと言われた時どうしていますか?

子供の宿題などで、わからない・できないと言われた時に、イライラして怒ったり、叱ったりしていませんか?

わからない場所を説明し教えてあげても、なかなか理解できない何度も教えてるのに同じ間違いを繰り返し、途中で飽きてしまい集中力がないなど、教える方も苦痛になってしまうことありませんか?

しかし、勉強を教える時に子供を怒るのは絶対に辞めましょう。

なんで、できないの?ちゃんと集中してる?今の聞いてた?早くやりなさい!などの言葉を言われるとバカにされている気持ちになり、やる気がなくなってしまいます。

勉強を上手に教えるには、ひとつ出来たらたくさん褒めてあげることが大切です。褒められることで自信に繋がり、勉強ができるようになるのです。

勉強ができない子供に勉強を教える時の注意ポイント!

子供が勉強をしている時に、様子を見にいくことありますよね。そんな時に、間違っている箇所を見つけたしまった場合についつい口出しをしてしまっていませんか?

そんな時には間違いを指摘するのは、NGです。

問題を解いてる途中に指摘してしまうと子供の集中力は途切れ、やる気を失ってしまいます。子供が勉強が終わった時にきちんと見直しをさせることが大切で、間違いに気付かなかった時に初めて教えてあげるのです。

途中で口を挟むほど、最悪なものはありません。

やる気や集中力を養う為には一生懸命に勉強をしていたことを褒めてあげることが大切なのです。その上で間違いを教えてあげ、ミスに気づき問題が解けるようになったと言うプロセスが大切なのです。

勉強ができない・苦手だと感じる子供に見られる特徴

実はこの勉強ができない・苦手だと感じる子供にはある特徴があると言われています。

それは書いてある文字の意味を理解することに弱いことなのだそうです。この特徴は幼少期に見られることが多く、文章などの文節が区切れないのです。

例えば、「かれは、とてもかなしいきもちになりいえにかえりました。」

という文章の区切れをどこですれば良いのかわからず「とてもかな」で切ってしまったりする。

自分の子供にそのような傾向が見られたり感じた時には、子供と一緒に国語の教科書や絵本を読み、楽しみながらおだてて根気よく教えてあげましょう。そう言った方法で文章を区切るパターンを覚えさせていきましょう。

なるべく早めに対応することで、文字情報を理解する力が見につくようになります。

子供の勉強は、親も一緒に勉強することも大切。

子供が何も言わなくても進んで勉強してくれると、親にとってこんなに嬉しいことはありませんよね。

しかし、こんな理想的な子供は正直稀ですよね。まずは出された宿題をきちんとやることはもちろんですが、普段から予習・復習をする癖は1年生から身に着けさせたいものです。

我が家の息子は、大の勉強嫌いでした。宿題はせずに遊びに行ってしまい疲れ果てながら、宿題は寝る直前まで・・・それもなんだか解き方も遅いし・・・予習・復習なんてするはずがありません・・・

個人懇談で上記のことを先生に相談すると、では、子供と一緒に余りのある割り算のプリント問題を20問してみましょうと・・・

やるまでは親の私の方ができると思っていましたが、先生の掛け声で問題をスタートしたら、解く時間は断トツで息子に負けてしまいました。できないと思っていた息子は、学校ではきちんとできる子だったのです。

先生曰く、勉強をしなさい、宿題はしたの?と聞くよりもたまにはこうした時間を作り子供と一緒に勉強することも大切ですよ。とその言葉を言われてから息子の宿題の問題を一緒に解き一緒に答え合わせすることで、息子もやる気がおき褒められることに嬉しさを感じ予習・復習を少しづつするようになりました。

子供が自分から進んで、予習や復習をするポイントとコツ

子供にとって勉強は学校だけでし、宿題などもなく学校から帰ったら自由に遊びたい!私達大人も子供の頃そう思っていましたよね。

大人だって8時間以上働いてきたあとで、家に仕事を持ち帰り仕事なんてしたくないと思うのと同じで、子供なら尚更1時間、2時間も勉強なんてしたいわけがありません。

でも勉強はできないより、できる方が絶対にいいと大人は思うのです。でもそう思うのは自分が大人だからなんです。子供には理解できるわけがありません。

子供に予習・復習させたい時にはどんな勉強方法が無理なくできるのか一緒にスケジュールを立て、わからない箇所、苦手な教科のつまずきポイントを確認してあげることが大切です。

今は、自分が小学生の頃と習ったことが変わっていることもありますので、教えたことの情報が違うこともあるので、うっかり教えられないなんてこともありますよね。

大切なのは、子供が何が分からないのかをしっかり聞いてあげることが予習や復習をするポイントに導くコツなのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ