生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

通帳とキャッシュカードの作り方…知らないあなたに教えます!

2017.8.28

新しく銀行口座を開設して、通帳とキャッシュカードを作りたい!

でもどうすればいいかわからないし、今さら友達にも聞けない・・・

そんなあなたたのために、通帳とキャッシュカードの作り方を教えます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

警察へ連絡済みの紛失した携帯・・・その後の流れを解説!

万が一スマホや携帯を紛失した場合、警察に届ける人が多いと思いますが、その後はどうなるのか知らない人も...

一人暮らしの費用はどのくらいかかる?札幌の場合

進学や転勤などで一人暮らしを札幌で始める人も多いのではないでしょうか? そこで一番気になるのが...

教習所の期間に間に合わない!教習の期限は最大でも○ヶ月です!

自動車の教習所に仕事や勉強の合間を見ながら通っているという人もいますよね。忙しい時間の合間を縫って通...

S字とクランクが苦手!上手に運転できるようになるコツ

自動車教習所に通っている時、S字やクランクが苦手だという人は多いですよね!何回も運転しているけどどう...

物損事故だと保険料が上がる?保険料の仕組みを知っておこう!

物損事故で保険を利用すると保険料が結構上がるという話を最近耳にします。 実は等級制度が改正され...

葬式のマナー講座!嫁として気を付けたいポイントとは

葬式に参列する時のマナーは、どのようにすればいいのか、とても気になるものです。 結婚をすると、...

大学生の約7割が一人暮らしに不安?その不安の元とは

大学生になって一人暮らしを始める人は多いと思いますが、楽しみな反面、多くの学生があらゆることに不安に...

部屋の湿度が90%になる理由とは?理想の湿度は〇〇%です!

梅雨時期の部屋の中はじめじめしていますが、湿度が90%になることもあるといいます。 なぜ湿度が...

迷惑!マンション駐車場に無断で車を止める人には予防と警告を!

マンションでよく見かける違法駐車!勝手に駐車場に無断で車を止めている光景をよく目にすることありますよ...

専門学校に行きたいけど家計が苦しく、学費が払えない時の対処法

子供が専門学校に行きたいみたいだけど、入学金や授業料が高額で親としては頭を悩ますところ。学費が払えな...

飲み会が苦手な人必見!ゼミ飲みの断り方や乗り切り方

お酒好きや大勢でワイワイするのが好きな人は飲み会が好きでしょう。しかし、飲み会が苦手な人もいます。 ...

劣化したゴムの厄介なベタベタ!落とす方法を伝授!

ゴムってどうしてベタベタになるの…?そんな疑問を感じたことはありませんか? 劣化が一番の原因な...

ビザの証明写真の服装で注意する事!洋服の色と背景の色の関係

ビザ申請の証明写真で注意しなければならないことがあります! 申請する国毎にサイズや規定が異なっ...

No Image

人生をやり直したいと感じる40代。焦りと不安と少しの希望

人生をやり直したいと感じてしまう40代。 今までの人生を振り返り、この先を見つめる。 そ...

郵便局の転送!期間限定することはできる?手続きについて

引っ越しなどで住む家が変わった時に、郵便物が新しい住所に届くように手続きすることが出来ます。 ...

スポンサーリンク

通帳やカードの作り方①・・・金融機関へ行く時に必要になるものは?

銀行や信用金庫で通帳やキャッシュカードを作ってもらう場合、どんな書類が必要になるのでしょうか?

まず、身分証明書は必ず持って行きましょう。車の免許証やパスポートなど写真がついているものの方がいいでしょう。健康保険証や年金手帳も身分証明書ですが、金融機関によっては対応が違う場合があります。心配な場合は事前に確認しましょう。

そして印鑑も必要です。朱肉で押印するタイプにしましょう。

次に現金も必要です。これは初めに預金しないと口座が作れないからです。100円でもよいのですが、あとでおろすこともできるので、1000円でもいいでしょう。

口座を開設する理由を聞かれる場合もあります。バイトの振込や貯金のためなどと伝えましょう。口座開設の用紙に住所を記入する欄があります。郵便番号を覚えておいた方がいいかもしれません。

暗証番号も考えておきましょう。生年月日などはNGとされているので、忘れないような4桁の番号を考えて、忘れないようにしましょう。

通帳・カードの作り方②・・・誰でも作れるの?

銀行の通帳やカードって誰でも作ることができるのでしょうか?

銀行の口座は15歳以上の人であれば、一人で作ることができます。学生であっても無職であっても大丈夫です。

外国人の人でも口座を作ることができますが、身分証明書として外国人登録証明書を持っていった方がいいでしょう。

口座開設自体にお金はかかりませんが、口座に入金するお金が必要になります。これは1円でも大丈夫です。なんとなく1円だと作りづらいと感じるのであれば、100円か1000円くらいにしましょう。

1つの銀行で2つ以上の口座を作りたい場合、きちんとした理由があれば可能です。同じ銀行の同じ支店名でも作ることができます。ただし、不審だと思われれば断られることもあります。気をつけましょう。

口座を開設する時には印鑑が必要になりますが、これは実印でなくても問題はありません。しかしスタンプ印は不可としている銀行が多いので避けましょう。

通帳・カードの作り方③・・・子ども名義の場合

子どもが生まれると、その子のために通帳やカードを作って貯金しておいてあげたいですよね。子ども名義で通帳・カードを作りたい場合はどうしたらいいのか、銀行に電話で尋ねてみました。

まず、その子どもを連れて行かず、親だけ銀行に行っても通帳・カードを作ることができるか聞いてみると、以下のものがあればできると言われました。

それは

  • 子どもの保険証
  • 親の運転免許証かパスポート
  • 印鑑

です。

申し込む場合の支店は、自宅からなるべく近いところが良いとのこと。何かあった場合、場所が近い方が便利だと言われました。混雑していて時間がかかる場合もあるので、閉店時間を避けた方がいいでしょう。

印鑑は親の口座と同じものでも問題ないようです。

口座開設の時には暗証番号の記入が必要になりますが、これは事前に考えた方がいいでしょう。自分の場合でも考えますが、子どもの場合はもっと考え込んでしまいます。

通帳はその場でもらえますが、キャッシュカードは後日になります。子どものための貯金だと引き出す機会は少ないかもしれません。失くさないように気をつけましょう。

ゆうちょ銀行で通帳を作る場合に必要なものを教えます!

自宅の近くにあるのが「ゆうちょ銀行」だという人も多いでしょう。ゆうちょ銀行で通帳・キャッシュカードを作る場合に必要なものを説明します。

1.本人確認書類

運転免許証、パスポート、健康保険証、国民年金手帳、印鑑登録証明書などです。他の銀行や信用金庫だと、健康保険証などの顔写真がついてない書類の場合は補足書類が必要になる場合がありますが、ゆうちょ銀行の場合は上記の中の1つだけで大丈夫です。

2.印鑑

実印じゃなくて認め印でも問題ありませんが、できれば銀行印として別に用意した方が今後のためにもいいでしょう。朱肉不要のスタンプ印は不可です。

3.現金

口座開設のための手続き終了後、新しい口座に現金を入金しなければいけません。1円以上あれば大丈夫です。用意しておきましょう。

4.暗証番号

数字4桁の暗証番号が必要になります。その場だと数字が思いつかない場合があるので、事前に決めておいた方がいいでしょう。生年月日などは避けましょう。

もし通帳やカードを紛失したら・・・

もし通帳やキャッシュカードを紛失した場合はどうしたらいいのでしょうか?銀行によっても手続き方法の違いがあるかもしれませんが、今回はゆうちょ銀行の場合で説明します。

ゆうちょ銀行はキャッシュカードがなくても通帳があれば、現金の引き出しができます。通帳だけ紛失した場合でもすぐに連絡しましょう。

ゆうちょ銀行のカード紛失センターかゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口へすぐに連絡しましょう。取引の停止手続きをとってくれます。

キャッシュカード・通帳の再発行には、以下のものが必要になります。

  • 再発行請求書(ゆうちょ銀行の窓口にあります)
  • 口座開設の時に使った印鑑
  • 本人確認書類
  • 通帳(キャッシュカードのみ紛失して再発行する場合)

再発行する場合には手数料がかかります(2017年現在1,030円)。これは盗難にあって再発行する場合でもかかります。もし紛失した通帳やキャッシュカードが見つかった場合も一定の手続きが必要になります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 社会生活のコツ