生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

日焼け止めの効果に違いはある?日焼け止めについて

2017.8.27

いろいろな種類がある日焼け止め・・・。

SPFとPA、効果の違いはどんなものなのでしょうか?

その日焼け止めの塗り方、間違ってはいませんか?気になる日焼け止めの効果についてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体が柔らかくなる食べ物についてをご紹介します!

普段体を動かすことが少ない方は体が硬くなってしまっていませんか? 体を柔らかくするためにはどう...

ショートカットの人が美容院へ行く頻度、最適な回数とは

ショートカットが似合う女性って素敵ですよね。 でもショートだと美容院に行く頻度が多くて大変そう...

色白や色黒は遺伝するのでしょうか・・・肌対策はお早めに!

色白さんは色黒さんが羨ましい?色黒さんは色白さんが羨ましい? 肌の色は遺伝なの?努力次第で白く...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

脂肪を燃焼して排出する方法は?効果的な方法はコレです!

きちんと脂肪を燃焼して排出することが出来れば、効果的にダイエットをすることが出来ます。 脂肪を...

dv加害者の職業の関係性、dvを起こす人の特徴とは

dvは身体的に受ける暴力だけではありません。そしてごく一部で起きていると思われがちですがごく普通の家...

インフルエンザに旦那が感染!隔離または避難で子供を守る

旦那さんが会社からインフルエンザをうつされて帰ってきた!そんな時は、何とか子供への感染を防ぎたいです...

髪のカットを自分でするのはありかなしか。こんなメリットが!

髪の毛が伸びてきた・・・。美容室に行きたいけれど予約が面倒・・・。時間もお金もかかるし。 自分...

大学生女子の体重のぽっちゃりボーダーラインを聞いてみました

日本人の体形は他の国と比べると「細い」傾向にあるようです。 と、言っても体重は気になりますよね...

No Image

足の太さが左右で違う人の原因とその直し方を徹底解説!

鏡の前に立って自分の足の太さを見てみると「あれ?なんだか左右で太さが違う?」と感じたことはありません...

100均マニキュアで大人可愛いセルフネイルに挑戦♪

最近はセルフネイルを楽しむ女性が増えています。 雑誌やネットでも可愛いネイルが紹介され、さまざ...

45歳、中年女性に襲いかかる急激な体重増加を食い止めたい!

45歳、中年期真っ只中の女性に訪れる「中年太り」。 体重の増加もそうですが、お腹周りや背中にたっぷ...

生理がこないのに検査薬は陰性!2週間生理がこないのは病気かも

生理がこないから妊娠検査薬で検査したけど結果は陰性!これってどうして? 2週間も生理が遅れてい...

韓国コスメ、シミが気になる方におすすめ化粧品を紹介します!

韓国コスメは日本でも注目されています。 日本では売っていないようなコスメも多く、その効果は口コ...

スポンサーリンク

日焼け止めの効果の違いとは?

どんな日焼け止めも(たぶん)このアルファベットが書いてありますよね。SPFPA

この違いってわかりますか?この数値が高ければ高いほどいいわけではないんです!?この数値によって値段もかなり違ってくるのですが、あなたにあった日焼け止めは数値が高ければいいというものではないかもしれません。

このSPFというのは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)というもので紫外線B波を防止する効果を表す目安の数値となります。しかし、この時間というのも個人差があります。日に焼けやすいタイプの人と日に焼けにくいタイプの人では変わってくるのです。

ですので、日に焼けない時間というよりは日に焼けない強さと考えるといいかもしれません。すぐに日に焼けてしまうタイプの人は50以上のものを使うといいでしょう。

ではPAとはどんなものなのでしょうか?

プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)のことを表し、紫外線A波を防止する効果を表す目安となります。

プラスの数が効果の高さとなっていて、PA+は効果がある、PA++はかなり効果がある、PA+++は非常に効果がある、PA++++は非常に高い効果があるとされています。

日焼け止めの効果に値段の違いは関係あるの?

値段の高い日焼け止めは、それだけで効果がありそうに思えますが日焼け止めにはそれほど差はもしかしたらないのかもしれません。

では、どんなところに違いがあるのでしょうか?

高い日焼け止めの場合は、日焼け止めプラス他にも効果があると言えるでしょう。それは、石鹸で落ちる、保湿成分入り、独自のUVブロック処方、美容効果などさまざまなものがあります。

伸びが良い、ムラになりにくい、べたつかない、匂いが気にならない、肌に優しいということも使いやすさには関係してきます。また、大手メーカーの日焼け止めの場合は日焼け対応度のテストが行われているので参考にしやすいと言えます。

安い日焼け止めは、塗ると白くなってしまったり、臭いがきつい、伸びなくて塗りにくい、肌へのダメージなどがあるかもしれません。

肌の弱い人は、日焼け止めを塗ることによってダメージを受けてしまうこともあるので自分の肌の状態を考えて日焼け止めを選ぶ必要がありそうですね。

日焼け止めの効果の違いは塗り方にあり!

日焼け止めの効果を最大に活かすには、時間を守って適量を塗ることです。日焼け止めの量は、化粧水よりも難しいかもしれません。紫外線テストなどでは1cm² に2mg使われているそうです。

顔の大きさであれば、500円玉くらい必要ということになります。こんなに塗るものなんですね。乳液感覚で、顔全体に広げて塗れればいいと思っていました。日焼け止めを塗る前には、化粧水で肌を整えておくことも大切です。

また、どんなにPAの高い日焼け止めでも2時間から3時間で塗り直しをしたほうがいいので気をつけましょう。。

去年・・・おととしの日焼け止めがある我が家ですが、ひと夏で使い切るくらいガンガン使うのが正しい日焼け止めの塗り方と言えそうです。プールや海に行く場合は、使い切るくらいの気持ちで塗りたくりましょう。

日焼け止めを塗っているからといって、日に焼けないわけではないので日焼け止めを塗る前、正しい塗り方、日焼けをしたあとのケアも十分にしてあげてください。

日焼け止めの効果のおおよその時間

日焼け止めのSPFが高い場合でも、個人差があると言いましたが実際時間ではどのくらいの効果があるものなのでしょうか?

SPFの数値が1の場合は日焼け止めの効果が20分持続するそうです。おおよその時間の目安として、SPF30は10時間SPF50は16時間と言われています。

SPF50のように数値が高ければ確かに日焼けをしにくいでしょう。しかし、このSPF50には紫外線吸収剤が含まれているものが多いのです。紫外線吸収剤は肌の上で紫外線を吸収し熱エネルギーに変え放出してくれます。この紫外線を吸収し熱エネルギーに変えることは、肌へ負担をかけることになってしまうのです。

ですので、海や山に行くときはSPF50のような日焼け止めをおすすめしますが普段に使うのであればSPF30くらいのものでいいでしょう。

汗や皮脂の影響でも日焼け止めの効果が落ちてしまうので、効果のある時間よりもはやめに塗り直すよう心がけてくださいね。

日焼け止めの効果をアップさせる裏技

日焼け止めを、出掛ける直前に塗ってはいませんか?実は、日焼け止めは塗ってすぐに効くわけではないんです。肌になじんでから効果がでてくるので、外出する30分前には塗っておきましょう。

海やプールの現地で塗るなんてもっての他なんです。日焼け止めは、汗や皮脂で流れることが多くなんと肌をこするだけでも落ちてしまうそうです。無意識に顔をさわるだけで、日焼け止めが落ちてしまっていたなんて・・・!

日焼け止めを塗る順番として、化粧水、日焼け止め、メイクとなるので塗り直す時は一度メイクを落としてリセットするのは大変ですよね。

そんなときに役立つのが、日焼け止めスプレー。塗りにくい背中や髪の毛にも使えるのでおすすめです。

日焼け止めの効果の時間が気になるときも、スプレーをしておけば安心ですね。ムラなく塗れるところも人気のようです。塗るタイプの日焼け止めとスプレータイプのものと上手に使いこなせば、今年の日焼け対策はバッチリですね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ