生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

夏になると朝から頭痛が…その原因は何?対処法をご紹介

2017.8.27

夏になると気温や湿度も上がって、寝苦しい夜が続きます。

この時期には、朝目覚めると頭痛がしていてツライ…という経験をされたことはありませんか?

それはエアコンのせい?それとも病気?朝から頭痛が出る方は注意が必要なようです。夏に頭痛が起こる原因と対処法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インフルエンザに旦那が感染!隔離または避難で子供を守る

旦那さんが会社からインフルエンザをうつされて帰ってきた!そんな時は、何とか子供への感染を防ぎたいです...

大学生女子の体重のぽっちゃりボーダーラインを聞いてみました

日本人の体形は他の国と比べると「細い」傾向にあるようです。 と、言っても体重は気になりますよね...

体重は減ったのに見た目が変わらないのは?スッキリ見せる方法

体重は減っているのに見た目に変化がないのはどうして? 体重だけを気にしてダイエットをしていると、見...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

腹筋を1週間で割るために出来る事をご紹介します!

腹筋の割れている男性や女性に憧れて頑張って鍛えているけどなかなか割れてこないという方もいるのではない...

眼鏡をかけると視力って悪くなるの?その真相を解明!

”眼鏡を掛けると視力が悪くなる”というウワサを聞いたことはありませんか? そのウワサの真相はど...

足のストレッチを寝ながらする方法をご紹介!

足のストレッチを寝ながら行うと、腰への負担も少なく、余計な力を入れる必要もありませんから、効果的に行...

筋トレと言えば『腕立て』と『腹筋』!腕立てには腹筋の効果も!

筋トレと言えば『腕立て』や『腹筋』でしょう。 腕立て伏せには同時に『腹筋』へのアプローチがある...

顔をアップするのはやめて!?毛穴の正しい対処方法

気になる顔の毛穴・・・どうしたらキレイになるの? アップにすると、目立ってしまう毛穴を引き締め...

身長163cmで体重が45キロ。標準体重とは?

女性なら誰でもスタイルが良くなりたいと思っていますよね。身長163cmで体重が45キロの場合の平均体...

仕事で上司に毎日怒られる・・・そんな時の回避法!

新人で仕事で毎日怒られたり注意されるのが続くと、もうこの仕事辞めたいと思う事ありませんか?そんな体験...

45歳、中年女性に襲いかかる急激な体重増加を食い止めたい!

45歳、中年期真っ只中の女性に訪れる「中年太り」。 体重の増加もそうですが、お腹周りや背中にたっぷ...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

メンズのヘアセットは簡単!その方法を紹介します!

メンズのヘアセットは簡単にできますよ! まずは、セットの前にする事、そしてベリーショートとショ...

筋トレとストレッチの違いとは?正しいストレッチのやり方

筋トレとストレッチは何が違うの?ダイエットに向いているのは筋トレ?それともストレッチ? 筋トレ...

スポンサーリンク

夏になると早朝の頭痛が増える!その原因として考えられることは?

1. 気圧の変化

夏になると天気の移り変わりが多くなります。そのため気圧の変化が起こりやすくなる季節になります。「雨が降ると頭が痛くなる。」という方がいるように、変わりやすい気圧によって片頭痛を起こしやすくさせている可能性も考えられます。

2. 日差しが強い

夏になると太陽の高さが上がるため、日差しが強くなり眩しく感じます。朝の通勤時間帯から、外はギラギラと日差しが強いですね。この強い光が目から入ってくると脳が刺激を受けてしまい、片頭痛を引き起こす原因となってしまいます。

3. 外気温と室内空調の差

めまいがするほど熱い屋外を歩いた後に、空調の効いている室内に入るととても気持ちいいですよね。家や車のエアコンの温度を下げてクールダウンをするということもあるでしょう。しかし、この温度差を繰り返すことで体調を崩してしまう原因になってしまいます。

夏の朝に頭痛がある人におすすめの枕

夏の朝、目覚めた途端に頭痛が起こるということは、珍しいことではありません。頭が痛くて目が覚めるという人も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。この時は、すぐに起き上がることもできずに、寝具の上で横になっているしかありませんよね。

片頭痛は、脳内にある血管が拡張する時に起こります。夏の頭痛は血行が良くなりすぎて、片頭痛が起こってしまうということも考えられるでしょう。血行を抑えるために頭を冷やすと頭痛が起こらなかったり頭痛がすぐに楽になることもあります。

この時期におすすめなのが、市販されているアイス枕です。風邪を引いたり熱を出した時に使われる方が多いかと思いますが、夏の血行が良くなり過ぎた時に使用するのも最適ですよ。アイス枕はやわらかめの物を使用すると寝る時に邪魔になりませんし、じんわり効いてきて頭痛を予防することができます。

夏の朝だけではない!頭痛が続く人によくある原因とは

普段から頭痛がしていて、夏になると余計に痛みが強くなるという方もいらっしゃいます。普段から頭痛が起こるには、どのような原因が考えられるでしょうか。

まずは、『首や肩のこりからくる頭痛』が考えられます。デスクワークが中心の仕事をしていると、いつも同じ姿勢でいることが多くなってしまいます。同じ姿勢でいると、肩こりや首のこりが起こる原因となります。

肩こりなどが悪化すると、血行が悪くなり脳に行きわたる血液量が減少します。この時脳は『セロトニン』というホルモンを分泌するため、血管を拡張しようとし頭痛を発生させてしまいます。

頭痛を起こさないために、休憩時間や寝る前などの空いた時間にストレッチをしましょう。ストレッチを行うことで、血流が良くなり肩こりなどを解消してくれます。

また、女性は生理によるホルモンバランスの変化やストレスが原因で、頭が痛くなることがあります。この時にコーヒーや紅茶などのカフェインが入っている飲み物を飲むと、血管を収縮させて頭痛を治まることができます。

高血圧の方が朝に頭痛や吐き気がある時は要注意!

朝の頭痛と吐き気の原因として、ストレスや睡眠不足、食べ飲みすぎ、片頭痛が考えられます。特にストレスは睡眠の質を低下させるため、朝起きた時に頭痛と吐き気がするのです。

それ以外に考えられるのが『高血圧』から引き起こす『脳梗塞』です。脳梗塞は、夏の暑い時期や朝目覚めた時に発症しやすいと言われています。睡眠前に十分な水分と取らなかったことから、高血圧の状態になったことにより脳梗塞を発症させ、朝に頭痛と吐き気のを引き起こしてしまいます。

脳梗塞の他の症状としては、手足にしびれを感じる、視界がゆがむ、うまく喋れない、視界がゆがむ、簡単な計算ができないなどがあります。該当する場合はすぐに病院へ向かうか、救急車を呼びましょう。

高血圧や肥満の方が脳梗塞の予備軍と言われています。夜食などを食べると内臓を疲れさせてしまうため、このような症状が出るケースもあります。心当たりがある場合は、十分に注意していただきたいです。

夏に多い頭痛は治療することはできないの?

片頭痛には、次の4つのパターンに分けることができます。

  1. 徐々にこめかみあたりや目の裏側がズキズキと痛み出してくる
  2. 脈を打つように痛みだし、徐々にひどくなる
  3.  頭痛が起きたあと、吐き気や嘔吐がある
  4. 視界が悪くなり、気分がすぐれない

このような症状がある場合は、内科で処方された薬を飲むことで改善されます。しかし痛み出してから薬を飲んでも、なかなか効き目がないこともありますが、飲まないよりは飲む方が痛みが治まりやすいでしょう。

吐き気が強い場合は、吐き気止めを処方してくれる場合もあります。診察してくれた医師には細かく症状を説明して、判断してもらいましょう。

しかし、頭痛には片頭痛以外にも多くの種類があります。その原因に合った薬を処方してくれますので、気になる方は一度医師に相談してみることをおすすめします。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ