生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

2017.8.25

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!?

このときにはどのように冷凍するのがいいのでしょうか?

カレーを冷凍するなら、解凍しやすいカレーをつくるといいんです?!冷凍カレーの活用方法とは?気になるカレーの保存方法について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

入籍後の住民票は別居ならどうする?別居婚の注意点

入籍後は一緒に住む方が多いですが、仕事の都合上独身時代のまま別居する方も当然います。 いわゆる別居...

トイレを快適空間に!消臭剤をおしゃれに変身させるワザ

雑誌やブログなどで紹介されているおしゃれなインテリア。参考にしている方も多いでしょう。 生活感...

チャーハンを作る時にはご飯を洗う?美味しいチャーハンの作り方

みんな大好きチャーハンですが、家で作るとどうもべちゃべちゃだったりパサパサすぎたり上手くいかないこと...

歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法

歯医者に電話で予約するときに緊張してしまうという方はいませんか? でも、歯が痛い時は歯医者が行...

車線変更をした時に接触事故。バイクと車について

車で車線変更した所、その車線にいたバイクと接触してしまい事故・・・。なんてことありませんか? ...

写真で笑顔を作るのが苦手!素敵な笑顔になる裏技とトレーニング

写真に写る時、自然な笑顔を作るのが苦手だという人もいますよね。いつも不自然な顔で写真に写ってしまった...

居酒屋に女性が1人で行くのはどうして?その心理と周りの意見とは

近頃流行っている「おひとり様」ですが、居酒屋で女性が1人で飲んでいるのはどうしてなのでしょうか? ...

車のコーティング前には脱脂するのがおすすめです!

車にいろいろな油分が付いてしまったままコーティングすると、うまく定着しないと言われています。 ...

庭に花を植えるなら、こんな花がおすすめです!

庭に花を植えるとしたら、どんな花がいい?できれば一年中ガーデニングを楽しみたい! 初心者や忙し...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

キッチンの換気扇から異音がした場合の対処方法

キッチンの換気扇から異音が聞こえてくることありませんか?どのようにしていいのかわからずそのままにして...

親と同居するときの生活費の分担についてご紹介します!

親と同居している人は生活費をどのように分担していますか? また家事の分担なども考えなくてはいけ...

栄養豊富な鯖缶の味噌煮、そのまま食べるだけじゃもったいない

味噌煮の鯖缶は長期保存ができて、ちょっと1品が足りない時などにも活躍する食材です。 常に数個は...

料理のメニューの決め方は?献立に悩む主婦の方へのアドバイス

毎日の献立のメニューに頭を悩ませる主婦の方はとても多いと思います。 栄養のバランスを考え、家族...

車の足回りは忘れずに洗浄しよう!そのやり方を教えます!

車のボディは汚れると目立つので、ぴかぴかになるまでキレイにする人も多いでしょう。 しかし、足回りに...

スポンサーリンク

カレーはタッパーで冷凍すると便利です!

カレーを大量に作ったときに、常温で置いておくと食中毒を引き起こす細菌が繁殖してしまうのを知っていますか?

夕飯で作ったカレーを次の日の朝に食べるのは危険です。すぐに食べる予定があるなら冷蔵保存がおすすめですが、しばらく食べる予定がないなら冷凍保存をしましょう。この冷凍保存をする時は、密閉できるタッパーやジッパー付き保存袋が適しています。

タッパーに入れて保存するときは、大きめにラップを敷いてカレーを包むようにすると匂いや色うつりを防ぐことができます。フリーザーバッグに入れて保存するときは、空気を抜き出来るだけ平らにして冷凍しましょう。

このときに、1食分(約200g)に分けて冷凍すると、解凍するときも便利です。タッパーやフリーザーバッグでカレーを冷凍保存するときは、じゃがいもやニンジンを取り除くか潰して冷凍するといいそうです。そのまま冷凍すると、じゃがいもやニンジンは水分が抜けてしまいスカスカの食感となってしまうのです。

カレーをタッパーで冷凍するときの保存期間はどのくらい?

冷凍しているからといって、味が落ちないわけではありません。美味しく食べたいのであれば2週間以内に食べれるといいですね。冷凍保存の目安としては1ヶ月となっています。

冷蔵保存の場合は、2~3日程度となっていますがこのときに鍋のまま保存するのではなくタッパーのような容器に移すといいでしょう。カレーはなかなか温度が冷めないので、冷蔵・冷凍保存をしたいときはカレーなべを氷水が入った桶に入れてかき混ぜながら冷ましてください。

こんなときは食べちゃダメ!酸っぱいにおい・酸っぱい味・納豆っぽい味・表面に白い膜・常温で長時間放置していた・カビが生えているものは絶対に食べてはいけません。

季節や保存状態によって、一日でもこのような状態になってしまうことも・・・。怪しいカレーは食べてはいけません。冷凍するときは、作った日を書いておくといいですね。

カレーをタッパーで冷凍するなら解凍しやすいカレーが一番!

小さい子どもがいる場合や、冷凍する予定があってカレーを作るのなら煮込んだカレーをミキサーにかけてしまうと解凍しやすいものとなります。

この解凍しやすいカレーは、アレンジしやすくカレーうどん、カレー鍋、カレーチャーハンなどにも使いやすいものとなります。

具がすり潰されているものは、もしかしたら大人には物足りないものとなるかもしれません。そんなときはカツやコロッケ、エビフライなどをのせてはどうでしょう?

茹でたブロッコリーやゆで卵なども定番なものもいいですし、ハンバーグや納豆、キムチ、から揚げ、餃子など好きなものならなんでも乗せちゃえるのもカレーならではかもしれませんね。カレーコロッケやカレードリアやグラタンもおすすめ。

おやつにもなりそうなカレーたこ焼きは子どもも喜びそう!小麦粉と卵、出し汁に余りカレーを混ぜてタコ焼き器で焼くだけ!

冷凍したカレーを解凍するときの電子レンジ・・ちょっと待った!?

冷凍したカレーを解凍するときは、電子レンジを使うことが多いと思います。けれど、はじのほうはとても熱いのに真ん中のほうはシャリシャリ・・・なんてことはありませんか?

カレーは、油や塩の多い食品のため加熱ムラが起きやすいのです。凍ったカレーを袋に入れたままチンをして穴が空いてしまうこともあるそうです。できれば、一度解凍しておいてから電子レンジで温めたほうがよさそうです。しかし、すぐに使いたいのが冷凍カレー!

保存期間は短くなりそうですが、パーシャルに保存しておけば解凍するのも時間短縮できますね。そんなときは湯せんして、解凍するといいでしょう。カレーの袋が鍋に触れると穴が空いてしまう原因となるので鍋にザルを入れて直接カレールーがあたらないようにしてください。

タッパーや袋から出して日にかけるときは、加熱するときに水分が飛んでしまうので牛乳や水を少し足してあげるといいでしょう。このとき、弱火でゆっくりかき混ぜながら温めるようにしてください。

カレーを常温保存するのがNGなワケ

カレーは、冷蔵もしくは冷凍保存したほうがいいと言いましたがその理由には食中毒を引き起こしてしまう「ウェルシュ菌」が関係しています。常温保存した場合、ウェルシュ菌がもっとも繁殖しやすい状態になってしまうのです。

普通に置いているだけで、どんどん菌が繁殖してしまうなんて怖いですよね。ウェルシュ菌はカレーが43~47℃まで冷めたときに急激に増えるのが特徴です。このウェルシュ菌は、どんな菌かというと人や動物の腸内にもいますし、土の中にもいるありふれた細菌です。肉や魚介、野菜に付着しています。

しかしこのウェルシュ菌の数が多すぎると下痢や腹痛、吐き気といった典型的な食中毒症状が起こってしまうのです。症状が軽ければ微熱やお腹が痛いですみ、1~2日で症状が回復します。

ウェルシュ菌を増やさないためには、常温保存をしないに限ります。急速に20℃以下に冷やすことがウェルシュ菌を増やさない方法と言えます。ウェルシュ菌が芽胞の状態では100℃もの高温でも死滅しないので、冬でも常温保存は避けましょう。

食べるときには、よくかき混ぜ全部温め直すようにしてくだい。シチュー・ミネストローネ・中華スープ・味噌汁・とん汁など、カレーに限らず常温保存してしまいがちなものも気をつけたいものです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ