生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

カレーをタッパーで冷凍するときのコツをご紹介します

2017.8.25

大量にカレーを作ったときには、タッパーに入れて冷凍するのが一番!?

このときにはどのように冷凍するのがいいのでしょうか?

カレーを冷凍するなら、解凍しやすいカレーをつくるといいんです?!冷凍カレーの活用方法とは?気になるカレーの保存方法について調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

親と同居するときの生活費の分担についてご紹介します!

親と同居している人は生活費をどのように分担していますか? また家事の分担なども考えなくてはいけ...

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか? では、余ったカ...

部活が楽しくない!大学の部活が楽しくない時の円満な退部方法

大学に入学して部活に入部したのは良いけれど、なんだかその部活が楽しくない!思っていたのと違った!とい...

同居は家事の分担がキーポイント!?同居が上手くいくコツとは

同居が決まったら、まずはどんな事を話し合ったらいいの?家事の分担も同居には欠かせない問題です。 ...

野菜たっぷりうどんを食べて風邪を予防する方法

風邪をひいたときには消化の良い食べ物が一番ですが、消化の良い食べ物と言えばうどんですよね。 う...

友達と遊びに行く高校生の予算は?お金がない時にはコレ!

友達と遊びに行く時、高校生が遊びに使う予算はいくらぐらいなのでしょうか? 同年代のお子さんがい...

部屋の湿度の平均は?湿度を上手にコントロールしよう!

部屋の湿度の平均ってどの位?適した湿度は私たちの健康にも大きく関係しているようです。 また湿度...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

しゃっくりを止める方法は耳に指を入れる!?その他もご紹介!

しゃっくりを止める方法というと、息を止めたり、水を飲んだりと様々な方法がありますよね。 ちなみ...

一人暮らしなら低コスパ料理を作ろう!オススメ食材と簡単レシピ

一人暮らしだと何かとお金がかかってしまいますね。そこで一番節約しやすいのは食費ではないでしょうか。 ...

夫と旦那の正しい使い分けについてを説明します!

結婚したら相手をなんて読んだらいいのか悩みますよね。 夫、旦那、主人、など。どの呼び方が正しい...

トイレ掃除は女性が後回しにするNo.1?毎日掃除のススメ

清潔な方が気持ちいいとわかっていても、ついつい後回しにしがちなトイレ掃除。 ほとんどの家で女性...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

一泊二日の旅行に行くなら荷物はコレで決まり!

一泊二日の旅行に行くとき、荷物の量やどんな鞄で行くか迷う事はありませんか? そこで、一泊二日の...

スポンサーリンク

カレーはタッパーで冷凍すると便利です!

カレーを大量に作ったときに、常温で置いておくと食中毒を引き起こす細菌が繁殖してしまうのを知っていますか?

夕飯で作ったカレーを次の日の朝に食べるのは危険です。すぐに食べる予定があるなら冷蔵保存がおすすめですが、しばらく食べる予定がないなら冷凍保存をしましょう。この冷凍保存をする時は、密閉できるタッパーやジッパー付き保存袋が適しています。

タッパーに入れて保存するときは、大きめにラップを敷いてカレーを包むようにすると匂いや色うつりを防ぐことができます。フリーザーバッグに入れて保存するときは、空気を抜き出来るだけ平らにして冷凍しましょう。

このときに、1食分(約200g)に分けて冷凍すると、解凍するときも便利です。タッパーやフリーザーバッグでカレーを冷凍保存するときは、じゃがいもやニンジンを取り除くか潰して冷凍するといいそうです。そのまま冷凍すると、じゃがいもやニンジンは水分が抜けてしまいスカスカの食感となってしまうのです。

カレーをタッパーで冷凍するときの保存期間はどのくらい?

冷凍しているからといって、味が落ちないわけではありません。美味しく食べたいのであれば2週間以内に食べれるといいですね。冷凍保存の目安としては1ヶ月となっています。

冷蔵保存の場合は、2~3日程度となっていますがこのときに鍋のまま保存するのではなくタッパーのような容器に移すといいでしょう。カレーはなかなか温度が冷めないので、冷蔵・冷凍保存をしたいときはカレーなべを氷水が入った桶に入れてかき混ぜながら冷ましてください。

こんなときは食べちゃダメ!酸っぱいにおい・酸っぱい味・納豆っぽい味・表面に白い膜・常温で長時間放置していた・カビが生えているものは絶対に食べてはいけません。

季節や保存状態によって、一日でもこのような状態になってしまうことも・・・。怪しいカレーは食べてはいけません。冷凍するときは、作った日を書いておくといいですね。

カレーをタッパーで冷凍するなら解凍しやすいカレーが一番!

小さい子どもがいる場合や、冷凍する予定があってカレーを作るのなら煮込んだカレーをミキサーにかけてしまうと解凍しやすいものとなります。

この解凍しやすいカレーは、アレンジしやすくカレーうどん、カレー鍋、カレーチャーハンなどにも使いやすいものとなります。

具がすり潰されているものは、もしかしたら大人には物足りないものとなるかもしれません。そんなときはカツやコロッケ、エビフライなどをのせてはどうでしょう?

茹でたブロッコリーやゆで卵なども定番なものもいいですし、ハンバーグや納豆、キムチ、から揚げ、餃子など好きなものならなんでも乗せちゃえるのもカレーならではかもしれませんね。カレーコロッケやカレードリアやグラタンもおすすめ。

おやつにもなりそうなカレーたこ焼きは子どもも喜びそう!小麦粉と卵、出し汁に余りカレーを混ぜてタコ焼き器で焼くだけ!

冷凍したカレーを解凍するときの電子レンジ・・ちょっと待った!?

冷凍したカレーを解凍するときは、電子レンジを使うことが多いと思います。けれど、はじのほうはとても熱いのに真ん中のほうはシャリシャリ・・・なんてことはありませんか?

カレーは、油や塩の多い食品のため加熱ムラが起きやすいのです。凍ったカレーを袋に入れたままチンをして穴が空いてしまうこともあるそうです。できれば、一度解凍しておいてから電子レンジで温めたほうがよさそうです。しかし、すぐに使いたいのが冷凍カレー!

保存期間は短くなりそうですが、パーシャルに保存しておけば解凍するのも時間短縮できますね。そんなときは湯せんして、解凍するといいでしょう。カレーの袋が鍋に触れると穴が空いてしまう原因となるので鍋にザルを入れて直接カレールーがあたらないようにしてください。

タッパーや袋から出して日にかけるときは、加熱するときに水分が飛んでしまうので牛乳や水を少し足してあげるといいでしょう。このとき、弱火でゆっくりかき混ぜながら温めるようにしてください。

カレーを常温保存するのがNGなワケ

カレーは、冷蔵もしくは冷凍保存したほうがいいと言いましたがその理由には食中毒を引き起こしてしまう「ウェルシュ菌」が関係しています。常温保存した場合、ウェルシュ菌がもっとも繁殖しやすい状態になってしまうのです。

普通に置いているだけで、どんどん菌が繁殖してしまうなんて怖いですよね。ウェルシュ菌はカレーが43~47℃まで冷めたときに急激に増えるのが特徴です。このウェルシュ菌は、どんな菌かというと人や動物の腸内にもいますし、土の中にもいるありふれた細菌です。肉や魚介、野菜に付着しています。

しかしこのウェルシュ菌の数が多すぎると下痢や腹痛、吐き気といった典型的な食中毒症状が起こってしまうのです。症状が軽ければ微熱やお腹が痛いですみ、1~2日で症状が回復します。

ウェルシュ菌を増やさないためには、常温保存をしないに限ります。急速に20℃以下に冷やすことがウェルシュ菌を増やさない方法と言えます。ウェルシュ菌が芽胞の状態では100℃もの高温でも死滅しないので、冬でも常温保存は避けましょう。

食べるときには、よくかき混ぜ全部温め直すようにしてくだい。シチュー・ミネストローネ・中華スープ・味噌汁・とん汁など、カレーに限らず常温保存してしまいがちなものも気をつけたいものです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ