生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

上司に相談するタイミングとは?相談のタイミングや聞き方

2017.11.10

上司に仕事上の相談や退職の意思を伝える時には、タイミングや聞き方、切り出し方などをどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

上司への対応にはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

相談をするタイミングや相談するときのポイントを紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生なのに趣味が「ゲーム」なのは是か非か

大学生ともなれば、もうすぐ立派な社会人。 就活でも質問されることがあるだろう「趣味」がゲームなのは...

仕事での失敗は新人時代誰しもが経験すること!失敗の回避法

新人時代仕事でたくさんの失敗をした!と言う人もたくさんいるのではないでしょうか? 失敗するのは...

接客のバイトで辛い事とは?接客業の先輩に聞いた経験談

バイトの接客業で思いつくのは、主にコンビニや居酒屋など接客業が一般的です。 でも、接客業は土日...

会社のデスクトップとなる壁紙は何がいい?オススメを紹介

地味に自己アピールができるパソコンのデスクトップ!しかし、会社の壁紙を勝手に変えるのはよくない? ...

絵師にイラストを依頼する方法とマナー。期日や価格は確実に!

「絵師」という言葉を耳にすることはありませんか?この「絵師」と言う言葉はプロ、アマ含めイラストレータ...

ハローワークの求人に直接電話をかけるのはアリ?その答えは○○

ハローワークの求人情報をチェックしていて働きたいと思った企業を見つけた場合は、ハローワークを通して連...

就活の特技や趣味、ピアノも立派なアピールになります!

就活の時の、趣味や特技、何を書けば有利なのか悩む方も多いでしょう。 楽器演奏が趣味という方も多...

会社の先輩が嫌い!対処方法と克服法をご紹介

会社では学生時代と違って付き合う人間関係を選ぶことは出来ません。どんなに嫌いな先輩が居ようが一緒に仕...

仕事が遅いし、ミスも多い…どう仕事を進めたらいいのか教えて!

仕事が遅いと周りに迷惑をかけてしまいますよね。 ミスが多いとこれもまた、周りに迷惑をかけてしまいま...

スーツのスカートの履き方や選び方ポイントをご紹介します

就職活動をする際、まずはスーツ選びから始めますよね。 スーツのスカートの履き方に悩む方もいるか...

新入社員は電話で失敗がつきもの!知っておきたい電話のポイント

新入社員のうちは、誰しもが電話でいろいろな失敗をするものです。 相手の顔も見えない電話というの...

体や心が弱い新入社員にはどうする!?適切な対応とは

体や心が弱い新入社員がいますが、そんな時にはどう対応することが良いのでしょうか? 仕事によりス...

ピアノの調律師さんにお茶を出すのはいつ?対応の仕方

ピアノの調律師さんにお茶は出したほうがいい?出すタイミングとは? ピアノの調律をするときには、...

スーパーでのアルバイト!レジ以外にもたくさんの仕事が存在する

いつも何気なく利用しているスーパーにはたくさんの部門があり一番お客さんの目につくのはレジの仕事ですが...

うつ病から仕事復帰するために支援してもらえる施設とは

うつ病が原因で退職を余儀なくされた方も多いでしょう。体調も徐々によくなり、仕事へ復帰したくても襲って...

スポンサーリンク

上司に退職を伝えるときには相談という形で切り出そう

上司に退職を伝える場合

まずは相談という形で上司に話す時間を作ってもらいましょう。
その前に、退職を決めたときには勤務先の就業規則を確認しておきましょう。

退職届の提出日の規定を確認します。
退職予定日の3カ月前、遅くても2カ月前には退職を上司に伝えるのが理想です。

きちんと就業規則を確認して退職届を用意できたら、相談という形で上司に伝えます。対面で伝えるようにします。
退職届を上司に渡すときには次の転職先が決まっていても言う必要はありません。

退職の理由は?

一身上の都合やキャリアアップをするためなどのようま前向きなものにしてください。勤務先に不満があったとしても、そのことを理由にしてはいけません。

もしかしたら上司に慰留されるかもしれません。そこで、自分の気持ちを曲げてはいけません。
退職までのスケジュールを上司と相談してください。本当に退職をしたいのであれば、ずるずると退職日を伸ばすのはやめましょう。繁忙期や年度末など、引き継ぎがしにくい時期を避けたほうがいいかもしれません。そのような時期ははずしておくことで退職しやすくなるでしょう。

上司に相談をするタイミングは早いにこしたことはない!

会社を退職すると決めた場合

まず上司に報告となります。退職希望日の何日前までに報告となるのか規定を確認しましょう。
一年先や半年先のように、かなり先の場合はすぐに相談する必要はありませんが、引き継ぎや作業のマネジメントがあるのでなるべく早めに上司に相談しましょう。

退職のタイミングは?

辞めるほうの都合で決められますが大きなプロジェクトに関わっている場合や一人が抜けるとかなりの負担になる場合は引き継ぐのにも時間がかかります。
繁茂期の場合は、事務手続きに時間がかかることもあるでしょう。このようなことから、退職をする場合は早めに上司に報告してください。

スムーズに退職できるように、率先して作業の引き継ぎやスケジュールを立てるようにしてください。有給消化をする場合も余裕を持って報告し退職スケジュールの段取りをすることでとりやすくなるでしょう。

できるだけ、円満に退職できるように自分から手を打ちましょう。もちろんそんなことを気にしないというのであれば規定にそって相談ではなく退職届を提出しましょう。

上司に相談するタイミングはいつがベスト?

退職の意思は1〜3カ月前に伝えるのが一般的

会社の就業規則によって、何か月前や何日前までに退職を伝えなくてはいけないかが違ってきます。

退職のことを伝えるときには、今後のことでお話があります。お時間をいただけないでしょうかのように直属の上司に言いましょう。直属の上司以外に、退職を伝えてはいけません。トラブルにもなりかねないのでやめましょう。

直属の上司との折り合いが悪い場合でも、組織体系を無視した行動をとってはいけません。直属の上司と合わずに、職場を変えてもらいたいときには直属の上司以外に相談しましょう。

職場の変更ではなく、退職する場合は顔を合わせたくない、話したくないとしても直属の上司に言いましょう。

辞める会社の規模が大きい場合、退職のタイミングは締め日となります。途中時期に辞めるのは、会社の手続き上面倒となるので締め日に合わせての退職というのを頭に入れておきましょう。

仕事のことを上司に相談するときのタイミングとは?

上司に相談事をするときには、緊急であればすぐに話すことが一番いいかと思います。
しかし、相談しても良いことなのか、と悩むようなものであればまずは自分で調べましょう。わからない事を聞くことは悪いことではありませんが、なんでも聞くのは上司の時間を奪うことになります。まずは自分で調べ、その上でわからない時には上司に相談しましょう。

また、上司に相談する前に先輩にアドバイスなどを聞くといいでしょう。
相談する仕事の内容によっては、自分一人でなんとかできるものとそうでないものがあると思います。効率を考えて動くことで仕事の優先順位なども決めやすいでしょう。

上司に相談をすることは、上司に時間を空けてもらう事なので、準備と心構えをしておきましょう。
上司の都合を聞き、準備してください。
相談するときには悩んでいる事、わからない事、聞きたい事など要点をまとめておきましょう。
もしかしたら、このようにまとめ考えているときに解決策が出るかもしれません。
まずは、伝える前に自分でもう一度確認するといいでしょう。

上司に相談をすることは悪いことではない!メリットもある、上司への相談

仕事に真面目な人ほど、上司や先輩に相談をすることが苦手です。
人に甘えることが苦手な人もなかなか相談ができないのではないでしょうか?

しかし、上手に相談したり甘えたりする人のほうが可愛がられる傾向にあります。それは頼られていることが実感できるからです。また、相談を聞くことで相手の状況を把握できます。

相談をされれば、アドバイスができます。そのアドバイスを聞く部下のことは可愛く思いますよね。仕事がそこまでできなくとも、上司や先輩から可愛がられている人はほどよく人に甘えることができているのです。

上司は、部下の仕事を把握する必要があるので相談されることによって修正や調整がしやすくなります。1人でなんでもこなそうとするのではなく、周りに頼ることで仕事がしやすくなるのです。そうして、仕事がスムーズにいくことや改善されることは本人のためになるのはもちろん上司にもプラスとなります。ほどよい相談はこのようなメリットがあると言えるでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ