生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

勉強の仕方がわからない人必見!効率の良い勉強法を教えます

2017.11.15

勉強はしているのに、成績に結び付かない・・・そんな人は勉強の仕方がわからないのかもしれません。

勉強はやる気があっても、たくさんの時間を費やしたとしても身につかないこともあるでしょう。

勉強の仕方がわかれば、社会に出でも役に立ちます。効率の良い勉強法を理解しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

センター試験は社会人でも受けられる?受け方と注意点

センター試験はすでに大学を卒業している社会人でも受けることができるのでしょうか? 社会人になっ...

原稿用紙の書き方!かぎかっこの使い方をご紹介します!

読書感想文などを書くときに、原稿用紙を使う場合が多いですよね。この原稿用紙の書き方に細かいルールがあ...

センター試験の会場の決め方は?現役と浪人生とでは違うのか

今回は、受験生が気になる「センター試験の会場の決め方」について調べてみました。 基本的には自分...

高校生の子供が勉強しない!させようと思っても、勉強はしません

高校生の子供。 生活態度もふてぶてしく、何か話しかけても返事もしない。 それから、一番腹が立つの...

就職に有利な資格が知りたい!理系学生が取得すべき資格とは

就職を有利に運ぶために今や常識ともなっているのが資格取得です。理系学生が取得しておくべき資格もありま...

子供に朝勉強を勧めてみよう!脳がクリアな朝に勉強する意味とは

子供に朝、勉強する習慣を、身に付けさせてみませんか?時間の使い方を少し変えてみただけで、勉強の効果が...

公務員試験の勉強法とは?ノートは使わないで過去問を解こう!

公務員試験の勉強はどのようにやれば効率がいいのでしょうか?科目がたくさんある、公務員試験。 い...

教習所の卒検に落ちた時、不合格はどんな基準で判断されるのか!

教習所の卒検は、これから免許を取得するのに大きな影響をもたらします。合格であれば路上を運転する楽しみ...

高校の部活がきついから辞める!その前にもう一度考えよう

高校の部活がきついから、もう辞めたい・・・。そう考えたことがある高校生は多いのではないでしょうか? ...

二浪は就職で不利になる?コンプレックスを抱かないことが重要

二浪して志望大学に合格したものの、いざ就職活動を始める際に浪人経験が不利になるのでは・・・と心配にな...

高校を留年してしまう条件について紹介します

高校は義務教育ではないため中学違いと留年することがあります。 高校では進級や卒業するためには条...

高校受験に必要な中学の内申書!資格は有利になる

高校受験に必要になる内申書。受験では学力検査と同じぐらい重要になって来るのが内申書になります。高校入...

看護師になるための効率的な勉強方法を教えます!

看護師は一生働けることから、いつの時代でも目指す人が多い職業なのではないでしょうか? しかし、...

「学校に行きたくない」という高校生が抱える問題とは?原因や対処法を調査

今の高校生は、学校へ行きたくないと思ってしまう人が増えてきているようです。 学校へ行きたくない...

大学生にパソコンは絶対必要!その理由と選び方を教えます!

大学生になったら、レポート提出などで必要になるパソコン。 でも自分専用のものって絶対必要なので...

スポンサーリンク

勉強の仕方がわからないと、成績もアップしません

塾に通っていても通信教育を使って勉強していても、ただやっているだけで身につかない、集中できない、成績が思ったより上がらない・・・そう悩む人がかなり多いといいます。

上記のように悩んでいる人は、勉強することはできています。しかし、勉強の仕方がわからないのです。

勉強は「効率」です。やる気や才能、やった時間ではないと言われています。

学ぶ教科は、おおまかに分けると「国語・数学・英語・理科・社会」の5教科になります。この5教科の中には伸びやすい教科と伸びにくい教科があります。これは好き嫌いの問題ではありません。

一般的に「理科」と「社会」は伸びやすい教科と言えます。それは暗記科目だからです。しっかりと覚えることができれば、学校の定期テストでも100点を取ることができるでしょう。

このように、学科の特性を知った上で効率良く勉強することが大切なのです。

勉強の仕方がわからないと一生苦労するかもしれません

勉強の仕方がわからない人とわかっている人の違いは、何なのでしょうか?

例えば勉強が下手な人は、暗記しようとする時に工夫もせず、いきなり覚えようとします。しかし、上手に勉強している人は、覚えやすいように工夫をしています。それがテストの結果に反映されると言っても良いでしょう。

このように勉強の仕方次第で、勝負が決まってしまうのです。

効率良く勉強できる人は、社会に出ても通用します。効率の良い勉強法を身に付けていると、仕事を覚える時にも役に立つのです。

そのため企業の方でも、成績が上位の人から採用していきます。

学歴がすべてとは言えませんが、当たっていないとも言えないでしょう。

勉強はただすれば良いというものではありません。勉強の仕方がわからないと、一生苦労するかもしれません。

勉強の仕方がわからない…そんな時におすすめの勉強法!

効率良く勉強するには、ストレスを感じないようにして勉強することも大切になります。

そのためには「70~80%は理解しているけど、残りの20~30%は理解していない状態で勉強する」という方法が効率良く勉強できる方法の一つだと言われています。

例えば問題集を解いているとしましょう。答え合わせをしている時に解答に書かれてあることの意味が70~80%わかっていて、20~30%がわかっていないという状態ということを指しています。

なぜ100%理解していなくてもよいのでしょうか?

実は、70~80%わかっている状態がストレスを感じずに勉強できる状態なのです。

勉強内容がだいたいわかっていることで満足感を得ることができ、それにからめて理解していないことを覚えることができる・・・これだと苦痛を感じず、継続して勉強することができます。

勉強の仕方がわからない時には、こんな方法を試してみよう!

「なぜこんなに覚えることができないのだろう。」勉強していると、こんな壁にぶつかってしまうことも多いのではないでしょうか?

しかし、忘れるのは人間の仕様とも言えます。忘れにくくする方法や思い出しやすくする方法があったとしても、人間は忘れてしまいます。

ではどうすればよいのでしょうか?

覚えられなければ、覚え直すしかありません。そうしながら前に進むしかないのです。学習時間の3~4割は覚え直すことに使いましょう。

覚えるためのコツはいろいろありますが、寝る直前に暗記系の勉強をするのが良いと言われています。

人間は眠っている間に記憶を整理しています。そのため、寝る直前に入ってきた情報の方が新しい情報となるので記憶されることになります。

なかなか英単語を覚えられない・・・そんな人は寝る直前にやってみましょう。

寝る前は疲れているので、思考系の勉強よりも暗記系の勉強の方がそれほど考えずに進めることができます。

できれば、翌日朝起きてすぐに復習した方が良いでしょう。その方がしっかりと覚えることができているかの確認、そして覚えていない分があれば覚え直すことができるのです。

寝る前になって、翌朝も行う・・・こうするだけでもかなり覚えることができます。

勉強を続けるには、休憩時間も大切

勉強していると、途中で飽きてきてしまったり、覚えることが苦痛になってきたりすることもあるでしょう。みんなと同じくらいの時間勉強しているのに、なぜ理解できないんだろう、と悩んでしまう人もいるかもしれません。

その原因は「集中力」にあります。「集中力」が欠けてしまっているので、上記のようなことが起こってしまっている可能性があります。

勉強したことを身に付けるためには、勉強を楽しいものにしなければなりません。それはムリだとしても、勉強をつらいものとだと考えないようにすることはできます。

そのためには、休憩の取り方を考えましょう。脳のメカニズムを応用した方法の一つで「30分勉強したら10分休憩する。」というものがあります。

個人差もありますが、人間が集中して勉強できる時間は最大でも90分だと言われているようです。

しかし実際には30分勉強すると、苦痛を感じ始めます。そのため「つらい」と感じる前に10分の休憩を取るのです。その休憩で、集中力が欠けることと防ぐことができると言います。

そして勉強を再開しても「30分くらいなら頑張って勉強できる。」と思えるので、続けて勉強することができるようになるのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 勉強のコツ