生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

パワーポイントで自己紹介!おもしろいインパクトを残そう

2017.8.23

ビジネスシーンではパワーポイントで自己紹介をする場面もあります。

どうせならおもしろい人だと印象に残る自己紹介をしたいですよね。

印象に残る自己紹介や気を付けたいポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ピアノの調律師さんにお茶を出すのはいつ?対応の仕方

ピアノの調律師さんにお茶は出したほうがいい?出すタイミングとは? ピアノの調律をするときには、...

保育園のパートの育休について!育休するときに気をつける事

保育園でパートで働いている方もいらっしゃいますよね? 保育園のパート勤務でも育休はとれるのでし...

絵師にイラストを依頼する方法とマナー。期日や価格は確実に!

「絵師」という言葉を耳にすることはありませんか?この「絵師」と言う言葉はプロ、アマ含めイラストレータ...

仕事が遅いし、ミスも多い…どう仕事を進めたらいいのか教えて!

仕事が遅いと周りに迷惑をかけてしまいますよね。 ミスが多いとこれもまた、周りに迷惑をかけてしまいま...

派遣会社の営業の仕事内容とは?臨機応変さが大事!

派遣会社の営業マンになろうと考えている方も多いでは?そこで気になるのが仕事内容ですよね。 派遣...

ピアノ調律師の人数はどのくらい?調教師への道のりとは

ピアノは年に一回のメンテナンスが必要ですが、そのメンテナンスを行うのがピアノの調律師です。 調律す...

接客のバイトで辛い事とは?接客業の先輩に聞いた経験談

バイトの接客業で思いつくのは、主にコンビニや居酒屋など接客業が一般的です。 でも、接客業は土日...

インターネットがwifiで繋がらない!落ち着いて確認しよう

パソコンやスマートフォンで。常時インターネットに繋がっているのが当たり前……そんな状態に慣れてしまう...

上司の言葉遣いがきつい…。苦手な上司との付き合い方と対処法

上司のきつい言葉に心が折れそうな方はいませんか? 自分に非があるならまだしも、納得のいかないこ...

就活の面接で緊張してしまうのは何故?対処法をご紹介します

就活の面接って、誰しもが緊張するものですよね。内定が欲しいという思いが強いほど、どんどん緊張してしま...

仕事での失敗は新人時代誰しもが経験すること!失敗の回避法

新人時代仕事でたくさんの失敗をした!と言う人もたくさんいるのではないでしょうか? 失敗するのは...

採用担当者との電話は受け答え次第で印象が大きく変わる!

就職活動中はマナーや印象を良くする方法など分からない事も多く、電話の受け答えもその一つではないでしょ...

スーツにバッジや社章を付ける場合の付け方と位置

スーツや制服に社章やバッジをつける時に、どこに付けたらいいのか困ったことはありませんか? サラ...

45歳で再就職を検討している。 就職に有利な資格

45歳で再就職をするのはとても難しい事になります。でも40代だから有利な資格もあります。 その...

子持ちで仕事することは周囲は迷惑?周りはこう感じている!

子持ちでも仕事がしたい!と思う主婦が増えてきた時代になりました。 しかし周囲はそれをどう感じて...

スポンサーリンク

おもしろいのは重要?パワーポイントの自己紹介のポイント

一般的にはパワーポイントを使った自己紹介の内容を考えるというのは、就職・転職活動などビジネスシーンが中心になるのではないでしょうか。ここでは就職・転職活動で自己紹介の内容に入れるべき3つのポイントをご紹介いたします。

1:自分の強み
どんな時にどんな風に相手にとって役に立つのか

2:自分の意外な一面
ポジティブな内容で、相手にとってメリットがある内容だと◎

3:相手との共通点
人は共通点が多ければ多いほど親近感を抱きやすくまた会いたいと思う傾向に

例えば、仕事にメリットのある人物と新しく出会いたいと思ってパーティーに出掛けたとしたら、小さい会社の新入社員より大企業の発言権のあるポストの人とお近づきになりたいなと思いますよね。それと同時に何のメリットもなくても、人柄に惚れることもあると思います。

・自分にメリットがあるか
・一緒にいたいと思えるか

この2点で出会った人と関係を継続したいかどうかの判断が左右します。そのため、自己紹介には自分の強み、意外な一面、共通点を盛り込んだ方が相手に良い印象を与えられます。

パワーポイントで自己紹介する時は出来ればおもしろい内容で

自己紹介とは、あなた自身の経歴や人物を知ってもらう方法ですが、あなたのプレゼン力が試される場でもあります。自己紹介をするときは、自分を商品にみたててその商品を売るためのプレゼンをしましょう。誰もが経験していることなどをネタに相手が興味を持つ内容が良いでしょう。

パワーポイントにまとめる場合、テーマとポイントが分かりやすくまとめていることも大切です。さらに1ページ当たり2つくらいセールスポイントを書くと良いと思います。もちろん、内容として過去に経験したことをただ書けばいいだけではありません。その経験がどんな風に生かされているのか、どう乗り越えたのかが大切で、それをおもしろく伝えられればなお良いでしょう。

過去の経験の定番は部活動や委員会活動ですが、バイトや恋愛の話、かかわった人物の話でも、おもしろく印象に残って、なおかつ自分のセールスポイントに繋がれば良いのです。おもしろい人だと思ってもらえることも大切です。

ちなみに、パワーポイントを使ってプレゼンする時のポイントは、相手にただ内容を聞かせる事だけでは不足しています。音読している内容を目で追わせるだけではだめなのです。人は視覚からも沢山の情報を得ます。言葉で言ったあとに写真を出して「その時の写真がこちらです」など、視覚でも楽しめる方法がも良いでしょう。

パワーポイントが使えない場面でもおもしろいくらい伝わる自己紹介とは

日本人は自己紹介が苦手ですよね。自己紹介が苦手だからと、なんとなくで済ませていると損しているかもしれません!ビジネスシーンで自己紹介は重要な役割を持っています。

取引先の会社の人と初めて会う時の自己紹介次第で、信頼度が変わることがあります。いかに自分の経験や経歴を話せるかが大切ですが、それは就職活動の時のように長々話してしまうと、かえって印象が悪くなる可能性もあります。話がまとまらない、要領を得ない人だと思われかねません。

ビジネスシーンでは短い言葉で伝えるのも大切です。例えば「10年以上○○業界で営業をしています。」といえば、相手には「10年以上○○業界の経験があって営業としてもベテランということは○○業界に詳しくて信頼できそう」という最低3つの情報は伝わります。

懇親会や企業のパーティーなどで自己紹介する時は特定の人に向けた内容ではなく、話しかけられるための話題作りとして自分の得意分野や打ち込んでいる趣味などを話しましょう。その場に合っているなら相手が話しかけやすくなる少し砕けた内容でも構いません。

パワーポイントで自己紹介する時はおもしろいインパクトも大切

パワーポイントで自己紹介プレゼンを作る場合は、相手の記憶に残るインパクトも大切です。どんなに様々な技術を盛り込み、丁寧にまとめ上げていても記憶に残らなければ意味がありません。

人の記憶に残るためにはインパクトが大切です。驚きやおもしろさがあると印象に残りやすくなります。特技や趣味で人と違った事をしている、面白いことがあるという場合はそれをアピールしましょう。無くても心配ありません、表現方法や説明の仕方を工夫すると印象に残る場合があります。

簡単な方法は、失敗談を笑いに変える方法や誰もが知っている有名人に絡めて自己紹介する方法です。ただし、失敗談を笑いに変える方法は、エピソードによっては笑えない失敗と受け取られてしまいかねませんので内容はしっかり精査してくださいね。

パワーポイント自己紹介プレゼン、おもしろさ以外のポイント

パワーポイントで自己紹介プレゼンをするときは自分がどうみられているかも注意しましょう。いきなりぶっつけ本番で自己紹介プレゼンを行うのは危険です。必ず自宅でリハーサルを行いましょう。その際、鏡の前でやってみるのも良い方法です。では、どんなところに注意したら良いのでしょうか。

・笑顔
基本中の基本ですが、自己紹介をする時の表情は笑顔で行いましょう。プレゼンに集中するあまり、真顔や必死の形相になっていませんか?自己紹介中の表情は大切です。緊張して硬い笑顔でも大丈夫です。

・姿勢
笑顔と同じで姿勢も大切ですので背筋を伸ばしましょう。猫背になっていると、自信がなさそう・余裕がなさそうに見えてしまいます。

・目線に気を付ける
人前で発表することに慣れていないと目線を下げがち、資料にばかり視線を送りがちになってしまいます。人と話す時は目を見てと言われますので、相手の目をみてプレゼンできれば一番良いですが、目を見ると緊張してしまう人は首~胸あたり(ネクタイなど)を見るようにしましょう。目線が下がりすぎてしまったり、資料ばかり見て相手の方に視線を送らないと姿勢の時と同じく自信がなさそう・余裕がなさそうに見えてしまいます。

この3点を意識し、一息深呼吸してから自己紹介に臨みましょう!

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 仕事のコツ