生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

眼鏡をかけると視力って悪くなるの?その真相を解明!

2017.10.25

”眼鏡を掛けると視力が悪くなる”というウワサを聞いたことはありませんか?

そのウワサの真相はどうなんでしょう!?

眼鏡をかけて視力が悪くなると言われている理由と、本当の視力が悪くなる理由について解明していきます!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

納豆とネギと卵は最強の組み合わせ!その効果について解説!

納豆を食べる時に、ネギと卵は絶対にはずせない・・・という人も多いと思いますが、その健康効果を知ってい...

45歳、中年女性に襲いかかる急激な体重増加を食い止めたい!

45歳、中年期真っ只中の女性に訪れる「中年太り」。 体重の増加もそうですが、お腹周りや背中にたっぷ...

女性の魅力は年齢では決まらない!本当の魅力について考えよう

女性は若い方が魅力的・・・そんなふうに年齢ばかり気にする女性が多いようですが、本当にそうなのでしょう...

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!その正体とは!

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!これっていったい何? 実はこれは「角栓」です。長い時間詰まって...

太ももダイエットにウォーキングはいいけれど正しい方法で!

太ももを細くしたい!もちろんダイエットもしたい! テレビや雑誌などでも、「太もも痩せ」という特...

今さら聞けないワックスやスプレーの違いをお教えします!

ワックスやスプレーは今はスタイリングに欠かせないものになりましたよね。でも使い方や特徴の違いって意外...

ショートカットの人が美容院へ行く頻度、最適な回数とは

ショートカットが似合う女性って素敵ですよね。 でもショートだと美容院に行く頻度が多くて大変そう...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

成長ホルモンの分泌には、ツボ刺激が効果的!

成長ホルモンの分泌を促すには、ツボを刺激するのが効果的です。 ツボは、耳や腰、足の裏などさまざ...

風邪をひいても病院に行かないで治す!自宅での安静が重要!

大人になると風邪をひいても症状によって病院へは行かない、という人多いですよね。 早く風邪を治し...

前屈ストレッチで腰痛予防!?タオルを使って効果的に!

前屈をすると、太ももの裏やふくらはぎなど脚裏が、痛くなる人はいませんか? この脚裏が伸びるスト...

ジョギングで毎日10km走るのはキツイ。こんな方法も!

健康やダイエットのためにジョギングを始めるという方も多いでしょう。 走るのは苦手な人は、毎日1...

体が柔らかくなる食べ物についてをご紹介します!

普段体を動かすことが少ない方は体が硬くなってしまっていませんか? 体を柔らかくするためにはどう...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

体重は減るけど見た目は変わらないのはなぜ!?その理由とは

ダイエットをしている時に、体重計で量ってみると減っていると嬉しいですよね。 しかし、鏡を見てみ...

スポンサーリンク

眼鏡をかけると視力が悪くなる?ホントのところは?

そもそもホントのところ眼鏡をかけると視力は悪くなるのでしょうか?

それは違うんです!眼鏡をかけるだけでは視力は落ちません。安心してこれからも眼鏡をかけていいんです!

眼鏡をかけると視力が悪くなるというのは都市伝説に過ぎない!

最近では眼鏡をかける人が増えましたが、それはやはりパソコンの普及、スマホ携帯、タブレットの使用による視力の低下が原因とされています。

視力の低下は、そういった日常の原因から、遺伝というのが大きく関わっています。

父・母が視力が悪いとその間に生まれた子供も視力が悪くなってしまう遺伝性がとても強いです。

眼鏡をかけていると視力は悪くなるというウワサははっきりと【ウソ】なので、信じないようにしましょう。

眼鏡っこが増えているのは?現代の子供達の視力が悪くなるのは?

眼鏡をかけると視力は低下しないけどどうして視力って落ちるの?

その理由で最も多く言われている事は、筋肉の問題。
どうやら、視力の低下は筋肉の使い方に問題があったとか…。

もちろん目で物を見る時は筋肉も使います。

目を動作させる筋肉もたくさんあるので、その筋肉を動かして人は物を見ることができるのです。

しかし、この現代、パソコンを常時使っている人はとても多いですし、同様にスマホを使って画面を見ている人はとっても多いです。

パソコンの画面を見ている時やスマホを見ている時は、画面に集中してみていると思いますが、画面を長時間見つめているというところにどうやら原因があります。

結局、画面をじっと見つめることで目の筋肉はあまり使わなくなってしまっているんです。

そうするとその目の動作につかっている筋肉がこってしまう。

いわゆる”こり”が主な原因になっているのではないかと言われているんです。

一点を集中してみている、筋肉を使わないもしくは目の筋肉の動かし方にとても偏りがあるということ。

これは現代の子供達に近視が多い理由にとても当てはまるんです。
今は小さい子供でもゲームやスマホを持っている社会。
小さな子供には、ゲームやスマホはとっても魅力的なアイテムなので一日中離さずに遊べます。

目の動きが減少され、こりに繋がっているというのが主な原因なのだとされています。

子供にゲームやスマホを持たせるのはその家庭その家庭で決めた事なのでいいかもしれませんが、30分に1回は、目の運動をさせるようにしてあげるのがいいのかもしれませんね!

遠くを見る動作をしたり、目をぐるっと回す動作をしたり、片目ずつウインクをしてこりを解消させてあげるようにしたり、親子で一緒にやるとコミュニケーションにも繋がるので、ぜひ試してみてください!

眼鏡を掛けたり外したりする頻繁な行動で視力が悪くなる説!

眼鏡は視力を回復するものではありません。

本来の視力の現状を維持しながら、視力を補助してくれるアイテムに過ぎません。

ピントを合わせてくれるアイテムなのです。

しかし、眼鏡を掛けたり外したりしてしまうとそのピントはその度にズレる一方。
ピントがズレたままでは人は物を見ることは必然的に出来ないので、自力でピントを合わせようとします。

眼鏡を掛けたり外したりする動作で目は疲れてしまい、こりに繋がる。そして、視力は低下していく。という流れになるのでしょう。

だからと言って、眼鏡をずっとかけているというのも場面によって難しくなるときだってありますよね!

そんな時は一度目の疲れを取ってから、裸眼で物を見るようにしてはどうでしょうか?

今の現代は眼鏡はファッションアイテムの一つ!?

眼鏡は自分の視力に合わせる必要があります。

自分の視力に合わない眼鏡をかけていると余計に視力は低下してしまうので、定期的に眼鏡屋さんに行って視力を合わせてきましょう。

しかし、眼鏡屋さんも商売なので、新しい眼鏡の購入を求められることがあるのですが、必要ないのであれば、しっかり断り、必要なら購入するということをしましょう。

今の眼鏡はお値段もピンキリで用意されているし、種類も豊富だし、色々な眼鏡をかけているとイメージが変わるので、またそれも面白い!と楽しくなってきますよね!

眼鏡ってイメージを変えてくれるアイテムなんですよね!

今はファッションアイテムに近いものにもなってきています。

伊達眼鏡が流行っているのもそれが理由なのではないでしょうか?

洋服に合わせて今日はこの眼鏡で。

仕事だからこの眼鏡で。

など用途に合わせて眼鏡を変えてくる人もいるのです。それは自分自身のモチベーションを上げてくれることでもあり、やはり今この時代では、眼鏡はファッションの領域になってきているのではないでしょうか。

眼鏡をかけても視力は落ちない!

今回は、眼鏡をかけると視力が悪くなる?の真相に迫ってみました。

結論から言うと眼鏡をかけても視力は落ちない!

という事がわかりましたね!

そしたら視力が落ちる原因は、筋肉の使い方で視力は低下する!

というのが真相でした。

眼鏡をかけているだけでは視力は落ちません。

安心して眼鏡愛好家で居られるんです。

ここで知っていてほしいことは

【視力が落ちる原因は筋肉の使い方だけではない】

ということを知っていてください。

 

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ