生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

ジョギングで毎日10km走るのはキツイ。こんな方法も!

2017.9.5

健康やダイエットのためにジョギングを始めるという方も多いでしょう。

走るのは苦手な人は、毎日10km走るのはかなりキツイですよね。

ジョギングは毎日じゃなくてもいい?こんな方法から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

体重は減ったのに見た目が変わらないのは?スッキリ見せる方法

体重は減っているのに見た目に変化がないのはどうして? 体重だけを気にしてダイエットをしていると、見...

顔に出来た黒い点や穴は何?その原因と対処法をご紹介します

顔に黒い点があり穴も空いている場合、原因が気になりますよね。 単なるニキビ?それとも何かの病気...

バーベルとダンベルベンチプレスの違い、メリット・デメリット

バーベルとダンベルベンチプレス、同じくベンチプレスと付きますが、その違いが素人には全く分かりません。...

身長163cmで体重が45キロ。標準体重とは?

女性なら誰でもスタイルが良くなりたいと思っていますよね。身長163cmで体重が45キロの場合の平均体...

身長168cmなら体重は何キロが理想?理想体重になるためには

身長168cmの女性の場合、体重は何キロになれば理想的なのでしょうか? よく身長に対しての標準...

女性の魅力は年齢では決まらない!本当の魅力について考えよう

女性は若い方が魅力的・・・そんなふうに年齢ばかり気にする女性が多いようですが、本当にそうなのでしょう...

顔のシミは20代から始まることも…原因と対策をご紹介

女性の肌の悩みの一つにシミがあります。 早い方では、20代でもシミがうっすらと顔に現れる方がい...

男性フェロモンに匂いはあるの?女性が惹かれる匂いとは

よく聞く「フェロモン」、聞いたことはあるけど、実際どんなものなのか説明できる人は少ないのではないでし...

トイレを我慢しすぎて限界!するとある病気が引き起こされるんです

尿意があるにも関わらず、トイレに行くのがめんどくさい、行く時間がなかなか取れない、長時間渋滞にはまっ...

45歳、中年女性に襲いかかる急激な体重増加を食い止めたい!

45歳、中年期真っ只中の女性に訪れる「中年太り」。 体重の増加もそうですが、お腹周りや背中にたっぷ...

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!その正体とは!

鼻の毛穴から白いにゅるにゅるが!これっていったい何? 実はこれは「角栓」です。長い時間詰まって...

生理がこない!検査薬は陰性!3週間生理がこない時の原因とは

3週間生理がこないのに妊娠検査薬は陰性反応・・・。こんな状態だととても不安になってしまいますよね。 ...

さらしの巻き方がわからない!女性のさらしの巻き方をご紹介

お着物を着る際やお祭りの際などに、女性がさらしを身に着けることがあります。 普段あまり身に着け...

100均マニキュアで大人可愛いセルフネイルに挑戦♪

最近はセルフネイルを楽しむ女性が増えています。 雑誌やネットでも可愛いネイルが紹介され、さまざ...

脂肪を燃焼して排出する方法は?効果的な方法はコレです!

きちんと脂肪を燃焼して排出することが出来れば、効果的にダイエットをすることが出来ます。 脂肪を...

スポンサーリンク

毎日時速10kmでジョギングするとこんないい事が!

ジョギングを始めてこんなメリットがあったといいます。

①腰痛と肩こりが軽くなった!

仕事はデスクワークが多く、いつも腰痛と肩こりが付きものでしたが、ジョギングを始めてから、ウソのように症状が軽くなりました。ジョギングを始める前は、夜寝る前などに家族にマッサージをしてもらっていたのですが、最近ではストレッチで軽く体をほぐすくらいですんでいます。

②気持ちがポジティブになった!

ジョギングを続けられたことで自信が付いたのと、体を動かすことで体内のホルモンが活性されたのだと思います。また午前中にジョギングをしたことが良かったのか、太陽の光をたっぷりと浴びセロトニンが発生したことも関係していると思います。このセロトニンは幸福ホルモンともいわれ、幸せを感じたり、前向きな気持ちになると言われています。

ジョギングは長い距離走らなくてはいけないというイメージがありますが、短い時間でもゆっくりペースでも十分効果はあるそうです。

アメリカの大学で行われた研究によると、毎日5~10分、速さは10キロ程度でジョギングを行った結果、死亡リスクや心臓病や脳卒中などの発症リスクが大幅に下がったそうです。

ジョギングを毎日10km走るのと一日置きに走るのとでは違いはあるの?

ジョギングを毎日続けるのは難しいですよね。ジョギングは一日置きでもいいのでしょうか?

■METSってなに?

消費カロリーの算出法なのですが、計算方法は以下の通りです。

運動強度×時間×体重×1.05

これによると、運動を毎日やる場合と一日置きにやる場合とではなんら変わりはないそうです。合計の走った距離や時間が同じならば、消費されるカロリーは一緒でダイエット目的ではどちらも同じということのようです。

ある大学の研究例を紹介します。

運動経験のない学生さんを二つのグループに分けました。週に4回走ったグループと、週に3~4回走ったグループでは、フルマラソンの完走率はどちらが高かったと思いますか?答えは週に3~4回走ったグループのほうが高く、80%を超えていたとのことです。

ジョギングを毎日10km続けるには?

ダイエットや健康のためにジョギングを始めたいけれど、仕事や用事があって毎日はムリ・・・という人も多いですよね?ムリに続けてその内面倒くさくなってしまったなんてことも・・・。

そんな時は、お休みの日や時間に余裕のある時など、週1回または2回のペースから初めてみませんか?最初はそのくらいが丁度いいのです。

ある方のランニングのペースをみてみましょう。

1週間目・・・ウォーキング30分&ランニング30分
2週間目・・・ウォーキング20分&ランニング40分
3週間目・・・ウォーキング10分&ランニング50分
4週間目・・・ランニング60分

という感じで、時間や距離を伸ばしていきます。その時の注意点は、出来るだけ長い時間を走ること、目安は一時間程度です。少しづつ増やすことで、体も慣れてラクになっていきますよ。

これなら始められそうですよね!

ジョギングで10km走るときは

■10kmレースが60分前後の場合

このクラスは、走り慣れていない方が多いということが言えます。

  • 練習量は少ないが、地力があって頑張ると走れる
  • 年齢による走力低下
  • 経験が浅いけれど、少しづつ力がついてきて60分切りを目標にしているなどいろんなランニングのタイプがあります。

レース参加の回数が少ない人には、以下のようの人もいます。

  • 入りから速いスピードで、すぐに苦しくなりスピードがガタっと落ちてしまう。
  • 速く走ることで汗をたくさんかき、体内の水分が不足状態になる。
  • ランニング中の体温や体の変化に気が付かない。

自分に合ったペースを探すのが大事です。まずは、5~10kmを試走するのがオススメです。1kmあたりの速さを計算し、そこから10kmのペースを割り出してください。また、色んな大会に出て経験を積むことも大事です。

10kmのジョギングは、人によってはキツイでしょう

こんな意見がありました。

ジョギングは健康やダイエットにいいとはわかっていても走ることが苦手という方もいることでしょう。走ることが苦手という方が、いざやる気になりランニングを始めたとします。10kmを走りぬく、10kmを60分で走る、それどころか5kmも走れるでしょうか?5kmを30分で走ることが精一杯という人は、毎日ジョギングするなんてことはムリだと思います。

常日頃から練習を積み重ねているトップランナーですと、10kmを60分で走ってもダメージや疲れはほぼないといえます。疲れるどころか、キツイ練習の翌日などではランニングすることで溜まった疲労を取り除けるくらいだといいます。

練習の頻度も内容も計画的に実行することをオススメします。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 健康・美容のコツ