生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

2017.9.21

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。

どうすれば部屋の湿度は下がるのでしょうか?換気する際のポイントは?

湿度が上がる夏、部屋で快適に過ごす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

居酒屋に女性が1人で行くのはどうして?その心理と周りの意見とは

近頃流行っている「おひとり様」ですが、居酒屋で女性が1人で飲んでいるのはどうしてなのでしょうか? ...

じゃがいもレシピをご紹介!簡単にお家で出来ちゃいます!

じゃがいもって家にあることが多い食材のひとつですよね。 このじゃがいもとシンプルな食材を合わせ...

子供のための貯金・・・おすすめの銀行と注意点を説明します!

赤ちゃんが生まれると、子供のために貯金してあげたいですよね。 でも、赤ちゃんでも銀行口座って開...

運転が怖い!教習が嫌な時は苦手ポイントを克服してチャレンジを

車の免許を取るためには教習所に通う必要があります。でも、運転が怖い・教官が怖いなどの理由で、教習所に...

一人暮らしで実家の近く住むとこんないい事もあります

一人暮らしをしたいけれど不安!という方は、まずは実家の近くから始めてみるのはどうでしょうか?こんなメ...

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせないもの...

オートマのマニュアルモードの使い方!こんな時に役に立つ!

オートマでもマニュアルモードが付いている車が増えてきていますが、その使い方についてはよく知らないとい...

食欲と睡眠欲が止まらないときの対処方法とは

食欲や睡眠欲が止まらないのはどんなことが原因なのでしょうか? ついつい食べてしまう、どうしても...

一人暮らしをしていて実家に帰りたいと思う理由

一人暮らしをしていて実家に帰りたいと思っている人は実際どのくらいいるのでしょうか? 実家に帰り...

暖房による部屋の乾燥、喉が痛む前に今すぐできること!

寒くなるとエアコンやストーブを付けますが、暖房に気をとられて乾燥対策を怠っていませんか? 乾燥...

夏にジーパンは暑い?暑苦しく見えないコーデをご紹介!

夏にジーパンって暑い感じがしますよね~。 でもコーデ次第では周りからは涼しげに見られる事も! ...

大学の退学理由や書き方など退学届の手続きの仕方はコレ

大学を退学するときに退学届というものを出した方が、社会人になったときののためにも良いそうです。 ...

気持ちをリラックスさせる効果的な方法を紹介!

緊張やストレスから今すぐ脱出したい!そんな時ありますよね? 何をすれば、その時の緊張が和らぐの...

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。 エアコンや除湿機を使わないで、除...

スポンサーリンク

夏は蒸し暑い部屋・・・簡単に湿度を下げる方法とは?

夏場なんかは特に、気が付けば部屋の湿度が70%以上になっている・・・なんてこともありますよね。今の家というのは昔に比べて気密性が高くなっているため、湿度も高くなってしまうのです。

クーラーや除湿器などの便利な電化製品も沢山ありますが、電化製品を使わずに湿度を下げる方法は無いのでしょうか?

そもそも湿度が上がる原因は、部屋の空気が回らないからです。そのため、湿度を下げたければ窓を開けて下さい。ポイントは、対角線上の窓を空けて空気の入口と出口を作ってあげる事です。

もし対角線上に窓が無いということであれば、ドアを窓だと思って開けて下さい。どのような構造であれ、ほとんどの場合空気が通る道を作れるはずです。

また、押入れは湿気の溜まりやすい場所でもあります。その為、丸めた新聞紙を押入れに入れておけば新聞紙が水を吸ってくれます。

その他にも、バーベキューで使う炭を箱を開けた状態で置いておいても効果があります。この炭は、日光に当てて乾燥させると何度でも使うことが出来るのです。

夏には湿度が上昇する部屋で、快適に過ごす為に知っておきたいこと

●健康的で快適な湿度とは?

快適な湿度は、室内の場合は40~60%と言われています。40%以下になると乾燥を感じると同時に、インフルエンザウィルスも活発に動くようになってしまうのです。逆に60%以上になると、カビやダニが発生しやすくなります。

●除湿し過ぎに要注意!

湿度というのは適温の際には感じにくいですが、温度が高くなるほど感じやすくなります。夏場に蒸し暑さを感じるのはそのせいです。

だからと言って夏場に除湿し過ぎると、かなりの電気代がかかります。また、乾燥により風邪を引いてしまう可能性もあるのです。

蒸し暑い夏は湿度を下げたくなる気持ちもわかりますが、40~60%の間を維持するよう心がけましょう。

●便利な除湿器

加湿器と同じように、除湿器にも様々な種類があります。部屋を冷やしながら除湿するものや、逆に温めて除湿するもの、両方を兼ね備えたものなど・・・。是非ご自身の用途に合わせて選んでください。

また、梅雨の時期に洗濯物がなかなか乾かなくて困っている家庭も多いでしょう。そんな家庭で除湿器を買う場合は、適用床面積よりも少し大きめのものを買うことをおすすめします。部屋のみならず、洗濯物から出る大量の湿気を心地よく取り除いてくれます。

夏の蒸し暑い部屋・・・湿度を下げると体感温度も下がるってホント!?

人が「暑い」と感じる時、そこには湿度も大きく影響しています。同じ室温でも、夏は湿度70%以上になると人は蒸し暑さを感じ、不快指数が上がります。そして湿度が15%下がると、室温は変わらなくとも体感温度は1℃ほど下がるのです。除湿をすることでエアコンの使用量が減り、節約にも繋がります。

ではそもそも、湿度はどこからやってくるのかご存知でしょうか?

  • 炊事、洗濯、お風呂などの生活から出る水
  • 汗や呼吸などの人間から出る水
  • 植物や水槽などから出る水
  • 雨による湿気

などがあげられます。

これらの水たちを不快な湿気にしないためには、いくつか気をつけなくてはいけないことがあります。

まず、炊事や洗濯をする際に出てしまう水蒸気に関しては、換気扇を回すことで対処しましょう。小窓がある場合は開けて、無い場合は近くの窓を開けて下さい。水蒸気が部屋の中で広がらないようにするのです。

換気扇の消費電力は、蛍光灯1本分と同じくらいであることが多いので、そこまで電気代も気にする必要は無いでしょう。

また、お風呂は入浴後に湿気を残さないというのがポイントになります。通常お風呂の湿気が無くなるまでは、3時間ほど時間を要します。そのため、入浴後はモップなどで水滴を拭いてあげることで、乾くまでの時間を1時間ほどに短縮することが出来るのです。そして水滴の除去は、カビの予防にも繋がるのでおすすめです。

夏には欠かせない!部屋の湿度を下げる「炭」の効果とは

湿度を下げる効果のある。なぜ湿気を吸収してくれるのかご存知ですか?実は炭には無数の小さな穴が開いており、その穴が部屋の余分な水分を吸収してくれるのです。

さらに嬉しいことに、炭には湿気だけでなくニオイも吸収してくれる作用があります。そのため、洗濯物がなかなか乾かない・・・部屋干し臭やカビっぽい臭いが気になる・・・そんな梅雨の時期なんかには大助かりの便利アイテムなのです。

ちなみにこの炭は、何度でも使うことが出来ます。しかしその為には、定期的なお手入れをする必要があります。やり方は簡単。大きな鍋を用意し、水を入れて沸騰させます。

そして使用済みの炭を入れて、10分ほどグツグツすれば終了です。その後は風通しの良い場所で乾燥させてください。こうすれば何度でも使うことが出来ます。

炭を茹でる際は、必ず換気を行ってください。何故なら、茹でた際に炭が吸い込んでいたイヤな臭いが出てきてしまい、部屋に充満するからです。

部屋の湿度を下げる際には、換気扇も有効活用しよう!

部屋の湿度を下げたい場合は、換気をするのが基本です。それが一番簡単かつ、重要な方法なのです。

窓を開けるだけでも簡単に換気をすることが出来ます。時間が無くともたったの10分窓を開けるだけで、だいぶ湿度は変わります。

効率的に換気するポイントは、対角線上の窓やドアを開けることです。部屋に風が入りやすくさせてあげてください。

雨の日は、窓を開けると更に湿度が上がってしまいそうな気がしますよね。しかし、もし部屋の湿度が外より高いのであれば、窓を開けてしまって大丈夫です。そうすることで部屋の湿度は下がります。

また、換気扇をつけるのも効果的です。特に浴室はお湯で濡れて湿度も高くなるため、湿度を下げるまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

だからと言って、ずっと換気扇をつけておくと電気代が心配になりますよね。でも大丈夫。実は換気扇って、意外に電気代がかからないんですよ!その為、24時間つけっぱなしでもそんなに心配する必要はありません。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ